北海道で綺麗な桜が見たい!目的別雪国のお花見名所7選♪

今回は北海道でお花見が出来る桜の名所を7カ所ご紹介します。本州に比べると気温が低い北海道では蝦夷山桜(エゾヤマザクラ)と呼ばれる北海道でしか見られない桜を楽しむことができます。

また、北海道は名物ジンギスカンや新鮮な道内の魚介類、旭川ラーメンなどグルメには事欠きません。

美味しい食事を味わいながら北の大地に咲き誇る美しい桜をご覧になってみてはいかがでしょうか。

北海道の桜の見頃は?

北海道の桜の見頃は、例年5月上旬~5月中旬です。 開花自体は例年4月下旬頃からですが、花が咲きそろい美しくなるのは5月に入ってからです。

その為、ゴールデンウィークを利用してお花見をするのもおすすめです。見頃は予想なので 各所に行く場合は直前に公式サイトなどで情報を再度チェックして下さい。

夜間も楽しめるお花見スポット

北海道には夜間も楽しめるお花見スポットがあります。昼間の桜も美しいですが、夜桜はまた違った良さがあります。

こちらではライトアップや花火が見られる桜の名所をご紹介します。

旭山動物園のついでに立ち寄れる旭山公園

こちらは観光名所で有名な「旭山動物園」に隣接するお花見スポットです。丘陵地に広がっている眺望がとても美しい公園としても人気があります。

観光で訪れる場合には日中は隣接する動物園で楽しんで、夕方から夜間はライトアップされた桜を楽しむのがオススメです。

旭山公園の情報

■住所:北海道旭川市東旭川町倉沼

■アクセス:JR函館本線旭川駅から旭川電気軌道バス旭山動物園行きで40分、終点下車すぐ

■桜の本数:約2300本(蝦夷山桜)

■ライトアップの有無:有、19:00~22:00(予定)

■営業時間:24時間開放

■休業:花見期間は無休

■入場料:無料

最新情報は旭川公園緑地協会へ

桜のトンネルが美しい優駿さくらロード

こちらは2004年4月に町民から新しい名称を募集して名前がつけられた地元民の憩いの場所です。

優駿の里公園の入口から約3kmの長い距離を道路の両サイドに咲き誇る見事な蝦夷山桜が満開の時期はその美しさに圧倒されます。

さらに道幅が狭いため、桜がまるでトンネルのようです。こちらは夕方からライトアップされるので、幻想的な夜桜をのんびりと楽しんでみてはいかがでしょうか。

優駿さくらロードの情報

■住所:北海道浦河郡浦河町西舎141-10

■アクセス:JR日高幌別駅から車で10分 、日高自動車道日高門別ICから90分

■桜の本数:約3000本(蝦夷山桜)

■ライトアップの有無:有、18:30~21:30

■営業時間:24時間開放

■休業:花見期間は無休

■入場料:無料

最新情報は日高振興局へ

イベント期間中は花火が上がる美唄市東明公園(びばいしとうめいこうえん)

こちらは桜だけでなく、ツツジも美しいことで有名な公園です。桜の見頃には、「びばい桜」というイベントが例年5月に開かれています。

イベントでは日中は名産の販売(美唄焼き鳥や米粉商品など)があり、夜には花火が楽しめるので1日いても退屈しません。

美唄市東明公園の情報

■住所:北海道美唄市東明町2

■アクセス:JR函館本線美唄駅から市民バス東線で15分、東明1条3丁目下車徒歩3分

■桜の本数:約2000本(染井吉野、蝦夷山桜)

■ライトアップの有無:有、日没~22:00( ぼんぼり) ※イベント期間のみ

■営業時間:24時間開放

■休業:花見期間は無休

■入場料:無料

最新情報は美唄市観光情報へ

北海道のグルメを楽しめるお花見スポット

北海道と言えば美味しい食べ物が多く揃っています。そこでこちらでは北海道のグルメも楽しむことができるおすすめお花見スポットをご紹介します。

苫小牧名物ホッキカレーが食べられる緑ヶ丘公園

夜景が美しいと評判の緑ヶ丘公園は、道民のデートスポットとしても人気があります。

噴水のライトアップや展望台から見える苫小牧市の夜景はまさに絶景!毎年花見の季節には「緑ヶ丘公園まつり」が開催されます。

ステージ上では音楽演奏やダンスが披露され、子供向けにお楽しみ抽選会などのゲームが用意されています。

また、出店コーナーでは苫小牧名物の「ホッキカレー」も楽しめます。ぜひこの機会に味わってください。

緑ヶ丘公園の情報

■住所:北海道苫小牧市清水町3

■アクセス:JR苫小牧駅からバス約10分「総合運動公園」下車徒歩約15分

■桜の本数:約2000本(蝦夷山桜、八重桜など)

■ライトアップの有無:噴水のライトアップは有

■営業時間: 4月20日~10月 31日午前9時00分~午後9時まで

■休業:毎月第1月曜日(4月20日~10月31日)

■入場料:無料

最新情報は苫小牧市公式サイトへ

GW中は出店が立ち並ぶ静内二十間道路桜並

7キロにも渡る桜並木が素晴らしい桜の名所です。

左右の並木の幅がちょうど二十間(約36m)あるという事からその名がつけられました。

こちらは「さくら名所100選」、「日本の道100選」、「北海道遺産」に選ばれおり、その美しい眺めは北海道一との声も多いです。

半数以上の桜が樹齢80年以上と大きく、とても見応えがあります。 さらに毎年ゴールデンウィーク期間中に「しずない桜まつり」が開催され、期間中はイベント広場に出店が立ち並びます。

静内二十間道路桜並木(しずないにじゅっけんどうろさくらなみき)の情報

■住所:北海道日高郡新ひだか町静内田原~静内御園

■アクセス:JR静内駅から道南バス農屋行きで20分、バス停:桜丘小学校前下車、徒歩15分 車の場合は、日高自動車道日高門別ICから国道235号を経由し、道道71号を新ひだか町方面へ車で40km ※駐車場有、しずない桜まつり期間中は臨時駐車場300台設置予定

■桜の本数:約3000本(蝦夷山桜、霞桜、深山桜など)

■ライトアップの有無:基本的に無し(部分的なライトアップはされる可能性有)

■営業時間:24時間開放 ※「しずない桜まつり」のイベント広場は9:00~18:00

■休業:無し

■入場料:無料

最新情報は桜並木どっとこむへ

珍しい桜を見ることができるお花見スポット

自然豊かな北海道ではここでしか見られない蝦夷山桜(エゾヤマザクラ)を始めとする珍しい品種を見ることができます。

さらに、世界で唯一の固有種などその場所でしか見られない貴重な品種を有する桜の名所をご紹介します。

三大銘木が揃う松前公園

桜の種類が多く、約1万本もの桜が楽しめる上に樹齢300年以上と言われている光善寺の血脈桜(ケチミャクザクラ)、龍雲院の蝦夷霞桜(エゾカスミザクラ)、 天神坂門の夫婦桜(メオトザクラ)の三大銘木が揃います。

こちらは「さくら名所100選」にも選ばれています。また、たくさんの桜を一気に見たい場合は、公園の北にある「桜見本園」に行くのがオススメ。

こちらはなんと全250種類のうち140種類もの桜があり、早咲き物から遅咲きの物まであるので、時期によって楽しめる桜が変わります。

毎年お花見の季節は「松前さくらまつり」が開催され、多くの人々で賑わいます。

松前公園の情報

■住所:北海道松前郡松前町松城

■アクセス:JR木古内駅前から函館バス松前行きで1時間30分、「松城バス停」下車、徒歩7分

■桜の本数:約1万本(約250種)

■ライトアップの有無:有、日没~20:30

■営業時間:24時間開放

■休業:花見期間は無休

■入場料:無料 ※駐車場有料

最新情報は北海道松前町へ

世界に1本だけの固有種が見られる青葉ヶ丘公園

こちらには森小町(モリコマチ)、青葉枝垂(アオバシダレ)といった世界に1本だけの固有種があることでも有名です。

また、樹齢100年以上の古木もあり見所が多い桜の名所です。 毎年行われている「もりまち桜まつり」は、特設ステージが設置され吹奏楽部の演奏が行われます。

また、無料で振る舞われる「カボチャだんご」、「茅部汁」コーナーは大好評で毎年行列が出来るほどの人気ぶりです。

青葉ヶ丘公園の情報

■住所:北海道茅部郡森町清澄町12

■アクセス:JR函館本線森駅から徒歩10分

■桜の本数:約1000本(染井吉野、森小町、青葉しだれなど16種)

■ライトアップの有無:有、日没~22:00(もりまち桜まつり期間中)

■営業時間:24時間開放

■休業:花見期間は無休

■入場料:無料

最新情報は森町へ

様々な楽しみ方ができる北海道の桜を見に行こう♪

今回は北海道の桜の名所を7カ所ご紹介しました。 北海道の桜は本州の桜が終わってからなので、本州の桜を堪能してからでも十分に間に合います。

また、見頃もゴールデンウィークから5月下旬くらいまでなので、連休を利用して見に行くのがオススメです。

美味しい物や珍しい桜がいっぱいある北海道。ちょっと足を伸ばして北海道の美しい桜を見に行きましょう。