アメリカドラマの人気作品を観よう!第67回エミー賞受賞ノミネート作品を紹介!

アメリカドラマの人気がわかる「第67回プライムタイム・エミー賞」ノミネート作品をご紹介します! 映画の最高峰は「アカデミー賞」ですが、 ”アメリカのテレビドラマを始めとする番組のほか、テレビに関連する様々な業績に与えられる賞” その中でもゴールデンタイムに放送される番組を対象にしているのが、 ドラマの最高峰とも呼ばれる「プライムタイム・エミー賞」。 人気のドラマで素敵な休日を過ごしてみませんか?

第67回プライムタイム・エミー賞ノミネート作品

「ベター・コール・ソウル」


『ベター・コール・ソウル』(Better Call Saul)は、ヴィンス・ギリガンの制作によるアメリカのテレビドラマシリーズである。同じくヴィンス・ギリガンによるドラマシリーズである『ブレイキング・バッド』に登場する弁護士ソウル・グッドマンを主役としたスピンオフシリーズ。物語はソウルが『ブレイキングバッド』に登場する6年前の2002年から始まる。

第65回、第66回プライムタイム・エミー賞を2年連続で受賞した、大人気ドラマ『ブレイキング・バッド』のスピンオフ作品が放送開始直後、シーズン1を受けてのノミネート。

あの『ブレイキング・バッド』を作ったヴィンス・ギリガンがこちらも手掛けていますので、これは、期待できる内容のドラマですね。

日本では現在、シーズン2が2016年2月16日からNetflixで配信開始されたばかりです!

『ブレイキング・バッド』では、悪徳弁護士だったソウル・グッドマンですが、初めから悪徳弁護士ではなかったようですね。
そんなソウル・グッドマンがなぜ『ブレイキング・バッド』に登場した時には、法外なことをしたりギャングを弁護したりという人間になったのでしょう。

そこが紐解けるドラマになっているようですね。

ブレイキングバッドという人類が生み出した奇跡から派生したスピンオフであるベターコールソウルは、当初ソウル・グッドマンというキャラにのみ期待していてドラマとしては正直そこまで面白くなくても良いのかなと思ってたけど、まさかここまで素晴らしい作品になるとは予想出来なかった自分を恥ずべき

ブレイキング・バッド全話見終えた……脱力。最終シーズンの緊張感尋常じゃなかった…。さよならハイゼンベルグ!!!でもまだあの世界には会えるのが嬉しい!っつーことでベターコールソウル絶対見るよ!!!

「ダウントン・アビー」


20世紀初頭の英国貴族の邸宅“ダウントン・アビー”を舞台に巻き起こる、伯爵一家と使用人たちの生々しい愛憎劇や複雑な人間ドラマを時代設定に忠実に描き、細部までに本格的に再現された衣裳や調度品が創り出す世界観が人々を魅了し世界中で大きな支持を得ている本シリーズ。

こちらは2010年に放送を開始。
放送直後から本国イギリスだけでなく、日本やアメリカなど世界各国で放送され、話題を呼んだイギリス貴族のお話『ダウントン・アビー』

1 2 3 4 5