大分でおすすめの花見スポット7選!桜の名所紹介♪

大分県では、例年の桜の見ごろは3月下旬から4月中旬となっていて、桜の名所では連日多くの花見客で賑わいます。大分では緑豊かな公園や山々の緑色と桜のピンク色のコントラストが楽しめる桜の花見スポットがたくさんあります。今回は、数多くの花見スポットの中から厳選して7か所の桜の名所をご紹介したいと思います。ぜひ、参考に桜の花見を楽しんで下さい。

大分県護国神社


大分市内でも有名な神社である大分護国神社は、桜の名所としても知られていて、拝観料無料の境内のソメイヨシノを自由に散策をしながらゆっくりと楽しむことができます。3月下旬からはソメイヨシノ、4月上旬からは八重桜も見ることができます。

神門の中は飲食禁止だそうなので、お気をつけください。
大分県護国神社は歴史的にも非常に価値のある神社です。
他のお花見スポットでも同じことですが、浮かれすぎてマナーや禁止事項を破らないよにすることが大切ですね。

大分県護国神社の情報

■所在地:大分県大分市大字牧1371
■問い合わせ先:097-558-3096
■料金:無料
■駐車場:あり(無料)

岡城阯公園


滝廉太郎が作曲したことで知られる「荒城の月」で有名な岡城跡には、ソメイヨシノを中心に約1500本の桜が植栽されています。史跡である石垣を彩る桜は3月中旬~3月下旬に見ごろをむかえます。満開の桜の下を大名行列が練り歩く「岡城さくらまつり」は、実史に基づき再現されていて、まるで戦国時代にタイムスリップしたかのような体験ができます。

岡城阯公園の情報

■所在地:大分県竹田市大字竹田2761(料金徴収所)
■問い合わせ先:0974-63-1541
■料金:入場料高校生以上300円/小・中学生150円
■駐車場:あり(無料)
■開園時間〜閉園時間:9時~17時

臼杵城跡


大友宗麟が戦国時代に築城した臼杵城の城跡は、1000本の桜が咲き誇る桜の名所として有名なスポットです。3月下旬~4月上旬の桜の開花に合わせて行われる「臼杵城址桜まつり」の期間中は、18:00~22:00の間ライトアップされ、夜桜を楽しむことができます。

臼杵城跡の情報

■所在地:大分県臼杵市大字臼杵字丹生島91
■問い合わせ先:0972-64-7130(臼杵市観光情報協会)
■料金:無料
■駐車場:なし

大貞公園


大貞八幡薦神社を中心とした大貞公園は緑豊かな公園で、桜の名所としても名高く、ソメイヨシノが約1300本植栽されています。桜並木もあり3月下旬~4月上旬の桜が咲く頃は散歩にも最適な場所です。「大貞公園桜祀り」の期間中には、ライトアップされた夜桜を楽しむことができます。

夜桜を眺めながら、食事を広げて親しい人たちと過ごす時間はとっても素敵なものになると思いますよ♪

大貞公園の情報

■所在地:大分県中津市大字大貞
■問い合わせ先:0979-22-1111(中津市観光課)
■料金:無料
■駐車場:あり(無料)

安岐ダムいこいの広場公園


大分県でも有数の桜の名所として有名な安岐ダムいこいの広場公園は、ダムを囲うように約3000本の桜が植栽されていて、多くの花見客で賑わいます。「安岐ダムいこいの広場さくら祭り」も行われます。4月上旬~4月中旬の桜の開花中はライトアップもあり水面に映る幻想的な桜も綺麗です。

1 2