リラックス効果抜群♡ラベンダーのドライフラワーの作り方

ポプリとしても有名なラベンダー。細かい花のラベンダーはドライフラワーにするには少々難しそうなイメージがありますよね。しかし、ラベンダーのドライフラワーが作れれば、お家全体を良い香りで包み込むことができます。コツをつかめば作り方も簡単♪細かい花を落とさずキレイに作り上げることができますよ♪今回はラベンダーのドライフラワーの作り方をご紹介しましょう!

ポイントを抑えれば簡単!ラベンダーのドライフラワーの作り方

一番簡単な方法はコレ!ハンギング法


ハンギング法とは「吊るしておくだけ」の一番簡単なドライフラワーの作り方です。
強い香りを放つラベンダーは、ドライフラワーができあがるまでの過程でも部屋中を良い香りで包み込んでくれるため、待っている間も十分楽しむことのできるお花です。
ドライフラワーにすれば、その香りをより長く保つことができます。


ただし、バンギング法をする時の注意点もありますよ。
それはラベンダーを刈り取る時期。
茎から吊るす楽しみ方をしたいなら、花が点々と咲き始めた頃には刈り取りましょう。
花が咲いてしまってから刈り取ると、吊るしている間に花穂がポロポロと落ちてしまいます。
花が咲き切る前に刈り取るのが上手にバンギングするためのポイントですよ♪

吊るす時は直射日光をさけ、風通しの良い場所で乾燥させてください。
花が重ならないよういらない葉は取り除き、小分けにして飾っておくのもおすすめです。


もしポロポロと花穂が落ちて終った時は、ポプリとして利用する方法もアリです。
ラベンダーはいろいろな楽しみ方ができるのがいいですね♡

バンギング法の詳しい作り方はコチラのブログを参考にしてくださいね♪

http://lavenderrecipe.net/?p=203

鮮やかな色を残したいなら♡冷蔵庫でバンギング


同じバンギング法でも冷蔵庫を使ってドライフラワーを作る方法もあります。
冷蔵庫で作るときも、ラベンダーを刈り取るタイミングは先ほどと同じ。
ポツポツと花が咲き始めた頃に刈り取ってくださいね。
あとは花を束ね、冷蔵庫内に吊るすだけ。
冷蔵庫内は限られたスペースしかないため、大量に作ることはできませんが、少量なら冷蔵庫でもいいですね♪
冷蔵庫は乾燥を早める効果があり、普通に吊るすよりもキレイな仕上がりにすることができるんだとか。
冷蔵庫のニオイが気になるという人にもおすすめです。

http://guu.o-oi.net/%E2%96%A0%20%E3%83%8F%E3%83%BC%E3%83%96/%E3%83%A9%E3%83%99%E3%83%B3%E3%83%80%E3%83%BC%E3%81%AE%E3%83%89%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%95%E3%83%A9%E3%83%AF%E3%83%BC

カラフルで素敵♡ラベンダーバンドルズ


いくら咲く前のラベンダーを摘んだとしても、やっぱりバンギング法では花穂が落ちてくることもあります。
「どうしても花穂が落ちるのがイヤ」という人には、ラベンダーバンドルズがおすすめ♪
花穂を茎の中に閉じ込めながら乾燥させていく、新しいタイプのドライフラワーの作り方です。
リボンも巻きつけるので見た目もとっても可愛いですよね♪
10数本のドライフラワーがあれば簡単に作れますので、ぜひチャレンジしてみてください。
作り方はコチラをどうぞ♪

1 2