61752bf8-cfda-4498-913e-180e250e6a90

登別温泉を訪れた際にぜひ行くべき!おすすめの観光スポット15選

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

北海道にはたくさんの温泉地がありますが、その中でも登別温泉は人気の温泉地として1年を通してたくさんの観光客が訪れています。 そのことから、登別温泉周辺にはたくさんの観光スポットがあります。 今回は、数ある観光スポットの中から特に人気のある観光地を厳選してご紹介致します。

1.登別温泉の源泉「地獄谷」


http://www.jalan.net/jalan/img/7/spot/0007/KL/01230ab2070007626_2.jpg

地獄谷は、登別温泉最大の源泉で直径450mの爆裂火山跡があります。
地獄谷に入ると、強い硫黄の匂いが漂っています。
奥の方まで行くと煙がたちこめ周りが全く見えないほどになっています。

遊歩道もありますので、散策をしてみてもいいかもしれませんね。
地獄谷の展望台から見た景色は、まさに地獄!!といった雰囲気ですよ。


https://jafnavi.jp/images/5301/ph00112445.jpg

秋にはこんなきれいな紅葉を拝むことができますよ。
冬には一面を雪で覆われた幻想的な地獄谷を見ることもできます。

地獄谷の情報

住所:北海道登別市登別温泉町無番地
電話番号: 0143-84-3311
定休日:なし
入場料:無料

http://www.noboribetsu-spa.jp/

2.天然の足湯が楽しめる「大湯川の天然足湯」


http://blogs.c.yimg.jp/res/blog-63-cc/information_plaza2010/folder/281983/61/12029961/img_9?1323231908

登別の温泉街から少し離れたところには、温泉の湯が沸きだしている沼地があり、その沼から流れるお湯からできた川があります。
四季折々の自然を感じながら入る天然の足湯はまさに贅沢以外何者でもありませんね。


http://kandonotoki.jp/img/photo/M/210.jpg

川の側面には、座ることができるように丸太で造られたデッキが用意されていますので、座りにくいなどということもなく
心行くまで足湯を楽しむことができますよ。


http://www.miyabitei.jp/data/news/images/20151010J79UgQ5X.jpg

紅葉の季節は色鮮やかな木の葉がとっても美しいですよ。

大湯川の天然足湯の情報

住所:北海道登別市登別温泉町大湯沼川
電話番号: 0143-84-3311
営業時間:なし(但し17:00~9:00の間は立入できません)
定休日:なし
料金:無料(駐車場別途)

http://www.noboribetsu-spa.jp/?see=%E5%A4%A7%E6%B9%AF%E6%B2%BC%E5%B7%9D%E5%A4%A9%E7%84%B6%E8%B6%B3%E6%B9%AF

3.ヒグマの放し飼い「のぼりべつ クマ牧場」


http://tabiiro.jp/lpimg/leisure/200357/main/img3.jpg

「のぼりべつ クマ牧場」は、登別温泉街からロープウェーで約7分上った四方嶺の山頂にある、約140頭のヒグマの放し飼いされているヒグマを観覧することができる牧場です。

牧場内には、人間が檻に入って観覧するような形でヒグマの観覧を楽しめる第1牧場や、ヒグマ博物館、その他にも様々なヒグマのショーなどが楽しめます。

エサを欲しがっているとってもかわいいヒグマの姿などを見ることもできますよ。


YouTube

エサを欲しがるヒグマの姿をご覧ください。
かわいいですね~!!
お腹が空いているんでしょうね。

のぼりべつクマ牧場の情報

住所:北海道登別市登別温泉町
電話番号:0143-84-2225
営業時間:8:30~16:30(但し季節により変動あり)
定休日:冬期間中に20日ほどの休業あり
料金:入場料2592円

http://www.bearpark.jp/

4.江戸時代を再現「登別伊達時代村」


http://iwiz-loco.c.yimg.jp/im_siggsZlgg.gWk0LikT6FAml05w—x600-y400-bd0-n0-ifmpng/p/loco/aJ7REy1xwzA7PFm6x_yUEpCP4vJJ2ubqWm7syrtliOWeFwTF8slPsvPshAq36sx99yhgxuXZ6pyVhCM1ClzIBWNBasm3mNzWn3nf

登別駅から徒歩約42分の場所にある「登別伊達時代村」は、江戸時代の日本を再現したテーマパークです。

時代村内は江戸時代の日本の街並みを再現されており、当時の文化を感じることができるほか、毎日忍者ショーや時代劇ショーなどが開催されていますので、お子様でも十分に楽しむことができるようになっています。

からくりたくさんの忍者怪々迷路や吹き矢などの体験ができるコーナーもありますので1日中遊べます。


http://farm7.static.flickr.com/6118/6311878130_0e1bbc5923_b.jpg

食べ物やさんもたくさんありますので
思う存分遊んだあとは、団子などの和菓子を頂くもよし
そばやうどんのお店やラーメンのお店もありますので
がっつり食事を楽しむのもアリです。

登別伊達時代村の情報

住所:北海道登別市中登別町53-1
電話番号: 0143-83-3311
営業時間:9:00~17:00(ただし11月~3月は16:00まで)
定休日:年中無休
料金:大人2900円・小学生1500円・4歳~未就学児600円

http://www.edo-trip.jp/

5.登別の水族館「登別マリンパークニクス」


http://livedoor.blogimg.jp/pokomenchi0929/imgs/5/3/5343f950-s.jpg

JR登別駅から徒歩5分のところにある「登別マリンパークニクス」は、北欧ロマンと 海洋ファンタジーをテーマにしており、遊園地などのアトラクションがある敷地内に、水族館があります。

水族館内には水中トンネルや8mの高さのクリスタルタワーという縦に長い水槽があり、様々な角度から魚たちを眺めることができますよ。


http://livedoor.blogimg.jp/pokomenchi0929/imgs/a/3/a37ef541-s.jpg

水族館内の人気の水槽、アーチ型になっている水槽は
冷たい海の水槽と温かい海の水槽の2種類があります。
なかなか珍しいですね。


http://livedoor.blogimg.jp/pokomenchi0929/imgs/6/5/6597d4a7.jpg

そして、こちらは登別マリンパークニクスの大人気イベントとなっている“ペンギンのパレード”。

かわいいペンギンさんたちが園内を歩いてくれます。

登別マリンパークニクスの情報

住所: 北海道登別市登別東町1-22
電話番号:0143-83-3800
営業時間:9:00~17:00
定休日:12月に5日間程度あり
料金:大人 2450円 4歳~小学生 1250円

http://www.nixe.co.jp/

6.触ると運気が上がる?!「湯鬼神の九金棒」


http://www.noboribetsu-spa.jp/wp-content/uploads/2013/07/a6eea17bedf6727bf2dd4cde6721bbd3.jpg

登別温泉泉源公園には色が異なる9本の鬼の金棒があります。
これは、登別温泉を守る神“湯鬼神”と、9つの利益をもつのパワーを持つという意味があるそうです。
それぞれの金棒には商売繁盛や、学業成就など様々な後利益がと言われており、自分の願い事の色の金棒を手で触ると運気が上がるという言い伝えがあります。


http://www.noboribetsu-spa.jp/wp-content/uploads/2013/07/bcfea44c3fb45dd9f66090b732dc0585.jpg

また、温泉街で販売されている絵馬に願いことを書いて
金棒に結び付けることも可能です。

湯鬼神の九金棒の情報

住所:北海道登別市登別温泉町
電話番号:0143-84-3311
営業時間:何時でも可能
定休日:年中無休
料金:無料

http://www.noboribetsu-spa.jp/?page_id=11753

7.雪景色が美しい「湯澤神社」


http://livedoor.blogimg.jp/ezorider/imgs/3/f/3f5f549f-s.jpg

毎年多くの人が初詣に訪れる神社「湯澤神社」は、滝本金蔵が建てた神社として有名です。
登別温泉地域の氏神様としてこの温泉地を守って下さっている大切な神社なんですよ。

この神社では、冬になると境内に降り積もった雪がとても美しいとされており、その幻想的な姿を一目見ようと神社を訪れる人も多いんだそうですよ。


http://image.space.rakuten.co.jp/d/strg/ctrl/9/2c31919fac5e55a108a7d313b4fbbedb81e6921a.71.2.9.2.jpeg

雪景色の鳥居はまた雪がない時と全く違う印象を受けます。
雪の時には長い階段、滑らないように気をつけなければいけませんね。

湯澤神社の情報

住所:北海道登別市登別温泉町106
電話番号: 0143-84-2439
営業時間:何時でも参拝可能
定休日:年中無休
料金:無料

http://jinjajin.jp/modules/newdb/detail.php?id=%207746

8.自然の中を駆け抜ける!「登別オフロードパーク」


http://img.activityjapan.com/02/268/02000000026805_TsDNX7Gg_3.jpg

登別市札内町にある「登別オフロードパーク」は、雪の降る季節にはスノーモービル、その他の時期には四輪バギーで北海道の豊かな自然を颯爽と駆け抜けることができる体験型のスポットです。

もちろん今まで四輪バギーやスノーモービルの経験がない人でも可能。
プロのスタッフがきちんと指導をしてくださいますので安心です。
小さなお子様も3歳から体験可能なんだそう。


https://d18gmz9e98r8v5.cloudfront.net/ptr/20150421004651_154141333_11259_9.jpg

大自然の中を風を切って駆け抜ける。
とっても気持ちがよさそうですね。
1度体験したら、やみつきになってしまいそうです。

登別オフロードパークの情報

住所:北海道登別市札内町230-1
電話番号: 0143-88-3066
営業時間:4~11月 9:00~18:00 12~3月 10:00~16:00
定休日:年中無休
料金:四輪バギー2000円から など

http://www.net-noboribetsu.com/

9.展望台からの眺めが最高「オロフレ峠」


http://www.jalan.net/jalan/img/5/kuchikomi/0375/KXL/30ccb_0000375075.JPG

登別市カルルス町にある「オロフレ峠」は、
展望台からの眺めがすばらしいことで有名です。
冬には一面が雪になり、その雪が風で波打つ幻想的な景色を拝むことができます。


http://www.jalan.net/jalan/img/0/kuchikomi/1330/KXL/7b875_0001330774_1.jpg

一面雪が積もった美しい銀世界です。
雪景色を見に訪れる際には、チェーンを巻いて出かけるなど
雪山のドライブに気をつけましょう。

オロフレ峠の情報

住所:北海道登別市カルルス町
電話番号: 050-3160-5805
営業時間:8:30~16:30
定休日:年中無休
料金:入場料無料

http://www.recruit-hokkaido-jalan.jp/guide/k00455#tabs

10.小動物と遊ぶことができる「サンチャイルド」


http://pucchi.net/img/image_iburimori/201409sunchild02.jpg

登別市札内町にある「サンチャイルド」は、登別温泉街から車で約10分程の場所にあります。
園内では、犬や猫など親しみのある動物の他、ヤギやポニーなど小さなお子様でも慣れやすい動物さんたちがたくさん居ます。
エサを購入して、手で食べさせてあげることもできますよ。


http://pucchi.net/img/image_iburimori/201409sunchild06.jpg

このサンチャイルドは、なんと入場無料!!
無料で動物さんたちと触れ合うことができると言うわけなんです。
間近で動物と触れ合う機会ってそうそうあるものではないので
ぜひこの機会に思う存分動物と仲良くなりましょう!


http://pucchi.net/img/image_iburimori/201409sunchild03.jpg

そしてこのサンチャイルドで忘れてはいけないのが、珍しいラ・フランスのソフトクリーム。
いい香りと、ラフランスの風味が口の中に広がりとっても美味しいですよ。

サンチャイルドの情報

住所:北海道登別市札内町229-1
電話番号:0143-83-0777
営業時間:9:00~18:00(11~3月10:00~17:00)
定休日:年中無休
料金:無料

http://www.recruit-hokkaido-jalan.jp/guide/k00442

11.格安で楽しめる温泉施設「さぎり湯」


http://www.hobidas.com/blog/daytona/yoshi/assets_c/2013/01/20121226-013-thumb-510×382-152562.jpg

登別温泉町にある銭湯「さぎり湯」は、大人1人420円で入浴ができるということで気軽に立ち寄れる温泉として親しまれている銭湯です。

青緑色がかった硫黄泉と、皮膚にとても効果の高い明礬泉の2種類のお湯を楽しめますよ。


http://tomachopu.jp/image/spot/sagiriyu-noboribetsu/11.jpg

明礬泉は、結膜炎に効果があるとされており、目の湯とも呼ばれています。

さぎり湯の情報

住所:北海道登別市登別温泉町60
電話番号: 0143-84-2050
営業時間: 7:00~22:00
定休日:年中無休
料金:大人420円 子供180円

http://sagiriyu-noboribetsu.com/galarry_huro.html

12.四季折々の花を楽しめる公園「亀田記念公園」


http://www.city.noboribetsu.lg.jp/docs/2013060500074/file_contents/001.JPG

登別市富岸町にある「亀田記念公園」は、初夏にかけて様々な花を楽しむことができる公園です。
桜の季節には、様々な品種の桜を見ることができますので
お花見にも最適なスポットです。
その他にも、初夏にかけてあやめやアズマシャクナゲなど美しい花を楽しめます。
ゆったりと季節を感じるのにもってこいの公園です。


http://www.jalan.net/jalan/img/6/kuchikomi/0556/KXL/e4e77_0000556336_2.jpg

園内ではジンギスカンを食べることもできますよ。
自然の中で食べるジンギスカンは最高です!

亀田記念公園の情報

住所:北海道登別市富岸町3-8
電話番号:0143-86-2511
営業時間:9:00~17:30
定休日:土曜・日曜・祝日
料金:無料

http://www.city.noboribetsu.lg.jp/docs/2013060500074/

13.鮮やかな赤色の橋「新登別大橋」


http://www.jalan.net/jalan/img/5/spot/0025/KL/01230aj2200025298_1.jpg

赤いアーチが特徴的な「新登別大橋」は、登別川にかけられている全長240mの大きな橋です。
展望台があるので、年中観光客でにぎわっていますが
特に紅葉の季節になると、橋から色付いた色鮮やかな木々を見下ろすことができますので、美しい紅葉を一目見ようと言う観光客がたくさん訪れています。


http://www.noboribetsu-spa.jp/wp-content/uploads/2014/10/DSCN7667-580×435.jpg

紅葉を間近で拝むことができる絶景のスポットです。
但し、高い所が苦手な人にとっては辛いかもしれませんね。

新登別大橋の情報

住所:北海道登別市上登別町
電話番号:0143-84-3311
料金:無料

http://www.noboribetsu-spa.jp/?see=%E6%96%B0%E7%99%BB%E5%88%A5%E5%A4%A7%E6%A9%8B

14.神秘的な湖「倶多楽湖」


http://www.jalan.net/jalan/img/4/spot/0004/KL/01578ab2030004295_1.jpg

カルデラ湖として有名な「倶多楽湖」。
透明度抜群の美しい水とその周辺の景色がとても美しいです。
周りに何があるわけでもなく、人も割と少ないので
日ごろの嫌な事をいったん忘れ、何も考えずのんびり過ごすのにはもってこいの場所です。


http://blogs.c.yimg.jp/res/blog-71-73/ussyan314/folder/810107/65/12313465/img_1?1134781348

この水の色と透明感はほんとに美しいですね。
奥深い所まで見えそうなくらい澄んでいます。

倶多楽湖の情報

住所: 北海道白老郡白老町

http://www.noboribetsu-spa.jp/?see=%E5%80%B6%E5%A4%9A%E6%A5%BD%E6%B9%96-%E3%81%8F%E3%81%A3%E3%81%9F%E3%82%89%E3%81%93

15.北海道と言えばスキー!「サンライバスキー場」


http://www.jalan.net/jalan/img/4/spot/2034/KL/01230ca3372034753_1.jpg

北海道旅行と言えばやはりスキーですよね。
登別市カルルス町にある「サンライバスキー場」は、初級から上級まで7コースが用意されており、そりを楽しむエリアも完備されていますので、小さなお子様でも楽しむことができるスキー場です。


http://snow-reports.net/map-sunliva.jpg

それほど広いスキー場ではありませんが、気軽にスキーを楽しむなら十分です。
ウェアのレンタルなども行っていますので、気軽に訪れても大丈夫ですよ。

サンライバスキー場の情報

住所:北海道登別市カルルス町27
電話番号: 0143-84-2872
営業時間:9:00~16:00
定休日:12月下旬~3月中旬のみ営業
料金: 無料 リフトやレンタルの料金は別途

http://www.sanlaiva.com/

さいごに

登別温泉付近のおすすめの観光地をご紹介してきましたがいかがでしたか?
温泉に浸かってゆったりし、そして観光を思いっきり楽しんで
素敵な旅の思い出ができるといいですね。
登別温泉への旅行を計画されている方は、ぜひ今回ご紹介した観光スポットへ足を運んでみてくださいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Findyの最新情報をお届けします