2013-11-3771-02

愛媛のおすすめ観光スポット11選|小説「坊ちゃん」やジブリの舞台も!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

愛媛のおすすめ観光スポット11選を、ご紹介していきます。 温泉や美術館、豊かな自然や大観覧車など、愛媛県には、魅力的な観光スポットが盛りだくさんですよ。

1.パブリックアート 蜜柑

愛媛県出身の美術家、田窪恭治さんの原画、描画、監修によるステンドグラス作品です。
青い空、美しい海、そしてみかんが表現されています。

愛媛県の、松山空港ターミナルビル1階中央にあるので、飛行機で旅行されるのなら、ぜひ見に行ってみてはいかがでしょうか。


http://crearejp.com/app/wp-content/uploads/2013-11-3771-02.jpg

http://crearejp.com/stained-glass/2013/11/3771/

パブリックアート 蜜柑の基本情報

■住所:愛媛県松山市南吉田町2731松山空港

2.坊っちゃんカラクリ時計

夏目漱石の小説、「坊っちゃん」の舞台となったのは愛媛県松山市なので、両者の関係が深く、こういった「坊ちゃん」に関係するものがあります。

作中に松山弁も登場しているんですよ。


https://www.city.matsuyama.ehime.jp/kanko/kankoguide/shitestukoen/karakuri.images/MT09002.jpg

https://www.city.matsuyama.ehime.jp/kanko/kankoguide/shitestukoen/karakuri.html

この「坊ちゃんカラクリ時計」は、道後温泉駅の正面(放生園)にあります。

道後温泉本館の、振鷺閣をモチーフにしてつくられた時計であり、軽快なメロディとともに時計台がせり上がって、「坊っちゃん」の登場人物が現れます。

横には足湯があり、観光客に人気です。

夜は、美しくライトアップされます。

坊ちゃんカラクリ時計の基本情報

■上演時間:8:00~22:00(1時間ごと)、特別期間は30分ごと
■特別期間:3月20日~5月30日、 7月20日~9月30日、11月20日~1月30日

51l0yqYTTFL

https://www.amazon.co.jp/%E5%9D%8A%E3%81%A3%E3%81%A1%E3%82%83%E3%82%93-%E5%B0%8F%E5%AD%A6%E9%A4%A8%E6%96%87%E5%BA%AB-%E5%A4%8F%E7%9B%AE-%E6%BC%B1%E7%9F%B3/dp/4094087877?ie=UTF8&tag=iremono05-22

夏目 漱石
小学館

3.道後温泉

日本三古湯の一つといわれており、昔から知られる温泉です。

「日本書紀」「源氏物語」などの様々な文献にも登場しており、日本最古、というのにふさわしいような言い伝えも多く残っています。

三階建ての建物で、いくつかの浴室や、休憩室などがあります。


http://trvimg.r10s.jp/share/image_up/16128/LARGE/LgVzYi.jpeg

http://travel.rakuten.co.jp/HOTEL/16128/16128.html

朝6時に、一番風呂をの開始を告げる、迫力のある太鼓の音がこだまします。
朝湯を楽しむ方も多いんですよ。

この太鼓は「刻太鼓」と呼ばれ、朝、正午、夕方に鳴り響きます。

道後温泉は「坊ちゃん」にも登場しており、1階、男湯の浴室内には、「坊ちゃん」の主人公が湯船で泳いで注意の張り紙をされたエピソードににちなんで、「坊っちゃん泳ぐべからず」という木札があります。

「霊の湯」三階個室を利用すると、お茶請けに、道後温泉街名物の「坊っちゃん団子」がつきます。

夏目漱石が通ったという「坊っちゃんの間」という部屋もあります。

「蜷川実花×道後温泉 道後アート2015」

また、2015年から「蜷川実花×道後温泉 道後アート2015」という、道後を中心としたエリアで展開されるアートフェスティバルが行われており、2016年の2月29日(月)までとなります。

a0d4f24b-c255-405c-ab43-f3f4340381d3

https://www.fashion-press.net/img/news/18546/onsenmika20150818_19.jpg

2014年に開催されたアートフェスティバルのテーマ、「最古にして、最先端。」を引き継ぐ形となっています。

鮮やかな色彩で、とても洗練されたイメージですね。

7f011815-fdf2-4351-a62a-7b9b4a1e7d50

会期中は、道後温泉本館内の男湯、女湯の暖簾も、蜷川実花さんのデザインになっており、床の間では、道後をイメージした作品展示が行われています。

また、道後温泉は、「千と千尋の神隠し」に登場する「油屋」のモデルになったと言われているんです。

道後温泉の基本情報

■所在地: 愛媛県松山市道後湯之町5−6
■電話: 089-921-5141
■営業時間:
霊の湯 2階席、霊の湯 3階個室 6:00~22:00
霊の湯 2階席 6:00~22:00
神の湯 1階 6:00~23:00、神の湯 2階 6:00~22:00
又新殿観覧 6:00~21:30
■定休日:無休

http://www.dogo.or.jp/pc/

■アクセス:伊予鉄道道後温泉駅より徒歩5分
■利用料金
・神の湯に入る「神の湯階下」大人410円・子供160円
・神の湯+2階大広間での休憩(お菓子付)「神の湯2階」大人840円・子供420円
・霊の湯+神の湯に入浴・新殿見学+2階広間での休憩(お菓子付)「霊の湯2階」大人1,250円・子供620円
・霊の湯+神の湯に入浴・新殿見学+3階個室での休憩(坊っちゃん団子付)「霊の湯3階個室」大人1,550円・子供770円

4.道後の温泉街

温泉に入った後は、浴衣のままでブラブラと買い物や食べ歩きをすることができるんです。


http://www.kowakuen.com/gallery/img/img_gly02_6.jpg

http://www.kowakuen.com/gallery/

道後商店街は、お土産屋さんがたくさんあって、ジェラートなどの食べ歩きができる、こじんまりとした商店街です。

食事をする店は少ない、ジブリの店などの、他にはないようなお店があってとても好き、という声もあります。

5.坊っちゃん列車


https://www.city.matsuyama.ehime.jp/kanko/kankoguide/shitestukoen/botchan-train1.images/image2.jpg

https://www.city.matsuyama.ehime.jp/kanko/kankoguide/shitestukoen/botchan-train1.html

「坊ちゃん列車」は、小説「坊ちゃん」の中で「マッチ箱のような汽車」と書かれた伊予鉄道のSLを復元した、レトロで可愛らしい列車です。

とても雰囲気がありますよね。

主人公の坊っちゃんが乗ったことから、「坊ちゃん列車」の名前がつけられました。

ディーゼルエンジンで動いており、道後温泉、大街道、松山市駅JR松山駅前、古町に停車します。

乗車券は、乗車券販売窓口か、乗車した時に車掌さんより購入するのですが、道後温泉では、「SHOP坊っちゃん」列車で朝8:30から配布している当日の整理券をもらってからの乗車となります

繁忙期には、松山市駅でも整理券を配布しています。

坊ちゃん列車の基本情報

■電話:伊予鉄道株式会社 運輸課 089-948-3323

6.松山城

松山城は、日本で12ヶ所しか残っていない「現存12天守」の内の一つで、「日本100名城」や、「美しい日本の歴史的風土100選」などに選定されています。

とても美しく、見応えのあるお城です。


http://pcpulab.dip.jp/main/images/matuyamajyo_l_1.jpg

http://pcpulab.dip.jp/main/matuyamajyo.htm

ロープウェイとリフトがあり、好きな方を選んで頂上へ上がることができます。
これらは有料なので、体力に自信がある方は歩いて行くこともできますよ。

天守閣からは松山市内を一望することができて、すがすがしい眺めだ、お城の中の階段は結構きつい、との声もあります。

お城と言えば、子供は退屈してしまいそうではありますが、松山城はその入り組んだ作りから、ジャングルジムのような感覚で子供も楽しめるので、お子さんを連れての観光もおすすめです。

トイレがいくつもあるので、便利ですね。

松山城の基本情報

■住所: 〒790-0008 愛媛県松山市丸之内1
■電話:089-921-4873
■営業期間 :9:00~17:00(季節により異なる)
■休業:12月29日(大掃除)
■アクセス:JR松山駅から「道後温泉行き」市内電車で約10分、「大街道」下車徒歩5分
■松山城天守観覧券:大人510円、小人(小学生)150円

http://www.matsuyamajo.jp/

7.坂の上の雲ミュージアム

司馬遼太郎さんの小説「坂の上の雲」をテーマにしている、ユニークな外観をしたミュージアムです。

主人公たちの生き方が感じられるような展示や、「坂の上の雲」の時代がわかるような展示がされています。


http://update.chaharu.com/wp-content/uploads/2013/04/369b4aab06dcae356ac0f05f4d6e956b.jpg

http://update.chaharu.com/?p=895

とてもスタイリッシュな建物ですね。

合計1296回にも及んだ、産経新聞に連載されていた小説の展示があり、圧巻だった、との声もあります。

ファン必見の観光スポットですね。

カフェもあるので、休憩がてら、ミュージアムの余韻を楽しむことができますよ。

坂の上の雲ミュージアムの基本情報

■所在地: 愛媛県松山市一番町3丁目20
■電話: 089-915-2600
■開館時間:午前9時から午後6時30分まで(入館午後6時まで)
■休館日:毎週月曜日(休日の場合は開館)
■アクセス
JR松山駅から:市内電車道後温泉行き 大街道下車 徒歩2分
道後温泉から:市内電車全線 大街道下車 徒歩2分
一般来館者用の駐車場:なし
■観覧料:一般 400円、高齢者 200円、高校生 200円、中学生以下 無料

http://www.sakanouenokumomuseum.jp/

8.萬翠荘(ばんすいそう)

萬翠荘は、大正11年に、旧松山藩主の子孫である久松 定謨(ひさまつ さだこと)伯爵が別邸として建設した、フランス風の洋館です。

重要文化財に指定されています。


http://www.bansuisou.org/about/images/main2.jpg

http://www.bansuisou.org/about/

とても雰囲気がありますよね。

当時は最高の社交の場として、各界の名士が集まり、皇族方がご来県したときには必ず立ち寄られるものでした。

坂の上の雲ミュージアムから近いところにあり、坂の上の雲ミュージアムのカフェから、萬翠荘を眺めることができます。

小さめな建物であり、展示はすぐ見終わる、別世界に来たようだった、などの声もあります。

企画展やコンサートなどの、さまざまなイベントも行われています。

夜はライトアップされ、本当に美しいです。

萬翠荘の基本情報

■住所:愛媛県松山市一番町3-3-7
■電話番号:089-921-3711

■開館時間:9:00~18:00(イベントにより変更となる場合があります)
■休館日:月曜日(祝日は開館)
一部変更あり、詳しくは開館カレンダーをご覧ください

■アクセス:JR松山駅より伊予鉄道道後温泉行き 大街道下車 徒歩5分
駐車場:約40台
■観覧料(1階は無料)
2階:大人 300円、小人 小中学生・高校生、未就学児 無料

9.四国カルスト

四国カルストとは、愛媛県と高知県の県境にある、カルスト台地です。

カルストとは、特徴的な地形が見られる石灰岩大地、地形のことを言います。


http://grand-touring-japan.travel.coocan.jp/roadofjapan/chushikoku/godankogen/DSC_3734tengu-s1.jpg

http://grand-touring-japan.travel.coocan.jp/roadofjapan/chushikoku/godankogen/godanshikokukarusuto.htm

日本ではあまり見られないような絶景の大自然で、リフレッシュにぴったりです。

牛が放牧されています。

「姫鶴荘」という建物があり、レストランも入っています。
宿泊施設や、大人数で泊まれるコテージ、キャンプ場もあるので、大自然を満喫できます。

夜には、一度見たら忘れられないような、星空を見ることができますよ。

四国カルストの基本情報

■所在地:愛媛県上浮穴郡久万高原町西谷
■アクセス:松山ICから車で

10.タオル美術館ICHIHIRO

世界初の、タオルに関する美術館です。

「タオル美術館」というと、タオルが展示してあるだけなのかな、と面白みに欠けるようなイメージを抱くかもしれませんが、そんなことはありませんよ。


http://image.space.rakuten.co.jp/lg01/44/0000590844/30/img6869131azik9zj.jpeg

http://plaza.rakuten.co.jp/ayasekkei/3019/

食事、ショッピング、写真撮影など、さまざまな楽しみ方をすることがでます。

タオル地で作られた巨大な食べ物や、「タオル動物園」や「タオル水族館」、アーティストがデザインした「タオルアート」などもあり、幅広い年齢が楽しめるような展示です。

タオルを作る工程も見ることができるほか、購入したタオルに自分の名前を入れることができる人気のコーナーもあります。

ショップも充実しており、タオル以外のショップもあります。

とても素敵なヨーロッパ風の庭園がありますので、散策することもおすすめですよ。

この「タオル美術館」は、ムーミン美術館?という声もあるほどにムーミンをプッシュした展示があり、ところどころにムーミンのモニュメントがあったり、ムーミンの家やムーミン谷のミニチュアが展示してあったりします。

もちろん、タオルでもムーミンの世界が表現されています。
まるでフィンランドにいるみたい、期待以上だった、との声もあるので、ムーミン好きの方にもとてもおすすめの美術館です。

かなり楽しめる観光スポットです。

美術館を鑑賞したあとには、レストランや、おしゃれなカフェでお食事や休憩をすることもできます。

タオル美術館ICHIHIROの基本情報

■住所: 愛媛県今治市朝倉上甲2930
■電話: 0898-56-1515
■開館時間
9:30~18:00(ギャラリー見学は閉館30分前まで)
毎週土曜日、連休(最終日は除く)は開館時間を20:00まで延長(1月2月のみ、延長営業は19:00まで)
■休館日:年中無休(1月第3・第4火曜日のみ、館内メンテナンスのため休館日)
■アクセス:今治ICから車で
■利用料金:大人 800円、中高生 600円、小学生 400円

http://www.towelmuseum.com/

11.大観覧車くるりん

愛媛県松山市の、いよてつ高島屋にある、「くるりん」の名で親しまれている大観覧車です。

高さは最大地上85メートルまで上昇し、昼間の見晴らしは抜群です。


http://img.travel.rakuten.co.jp/kanko/thumb/38010275_1.jpg

http://kanko.travel.rakuten.co.jp/ehime/region/chuuyo020000.html

夜はライトアップされ、イルミネーションが色鮮やかに変わります。
夜景を見おろすことができ、ロマンチックでカップルや家族連れにも人気です。

乗っている時間は、15分ほどです。
大観覧車が街中にあるというのは、とても珍しくてユニークですよね。

大観覧車くるりんの基本情報

■住所: 愛媛県松山市湊町5丁目1−1
■電話:089-948-2111
■営業時間:10時~19時(一部飲食店~22時)
■定休日:不定(いよてつ高島屋の休業日に準ずる)
■アクセス:伊予鉄道高浜線、横河原線、郡中線松山市駅より徒歩すぐ
■利用料金:大人 乗車料1人券500円、ゴンドラ券1かご1000円

まとめ

愛媛県のおすすめ観光スポット11選をご紹介してきましたが、いかがでしたか?

ぜひ、参考にしてみてくださいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Findyの最新情報をお届けします