感動の恋愛映画をご紹介!涙腺崩壊&恋心が燃え上がる事間違いなし♡

今回はおすすめの恋愛映画を紹介させていただきます! 感動すること間違いなしの名作ばかりですので是非チェックしてくださいね。 「恋する事にちょっと疲れてた」 「恋する事がちょっと怖くなった」 こんなネガティブ思考な時ほど、感動する恋愛映画でエナジーチャージ! これから紹介する5作をそんなあなたに贈ります

ブロークバックマウンテン』普遍的な愛に感動

ブロークバック・マウンテン (字幕版)

ヒース・レジャー, ジェイク・ギレンホール, ミシェル・ウィリアムズ, アン・ハサウェイ, リンダ・カーデリーニ

https://www.amazon.co.jp/gp/video/detail/B018V484NQ?ie=UTF8&tag=iremono05-22

もうお前と別れてしまえたら、そう思うよ

1963年夏ブロークバックマウンテンで羊の放牧を行う季節労働者:
無口なイニスと陽気なジャック。
過酷な労働の中2人はだんだん友情を深めていく。
しかし、ある夜を境に2人は禁断の一線を越えてしまう。

季節労働終了と同時に2人は別の人生を歩み始める。
ジャックは翌年淡い期待を胸に再びブロークバックマウンテンへ。
でもそこにイニスの姿は無かった。

4年後、ジャックからの手紙ですれ違い続ける2人の気持ちが再び絡みだす。
2人の気持ちは隠し通せないほど互いへの愛情を孕んでいる。
「俺たちはこれからどうなる・・?」静かに訪ねるジャック。
「耐えるんだ、耐えきれるまで耐えるんだ。それが唯一の方法なんだ。」爆発する感情を抑えながら静かに答えるイニス。

性別を超えた≪普遍的な愛≫を観た時、静かに涙だけがこぼれる最高の1作!

お前に誓う・・・」2枚のブラウスに秘められた深い愛

この映画は低予算映画で「ゲイ・カウボーイ・フィルム」と揶揄されました。しかしアン・リー監督がこの作品は≪普遍的な愛≫の物語であると語ったように、多くの人の心に訴えかける作品の為予想を裏切る大反響の末、多くの賞に輝きました。

セクシャリティについてまだまだ保守的な1960年代。
男性は強い男であるべきと世の風潮があり、同性を愛する事が不道徳される中、2人の愛は行き場を無くしお互いを追い詰める。

2枚のブラウスが語る愛情の深さとイニスの最後の一言「I swear…」
ヒース・レジャーの物静かな演技に涙が自然とこぼれ落ちる名作です!

『ボディーガード』どこに居ても貴女を愛している

ボディガード (字幕版)

ケビン・コスナー, ホイットニー・ヒューストン, ミシェル・ラマ・リチャーズ, ゲイリー・ケンプ

https://www.amazon.co.jp/gp/video/detail/B00FIWNFIE?ie=UTF8&tag=iremono05-22

貴女を守る、それがボディーガードである私の使命

世界屈指の凄腕ボディーガード・フランク。
彼の次なる対象者はスーパースター・レイチェル。
不穏な動きが彼女の周りで起こり、殺害予告の脅迫状まで届いていた。

1 2 3 4