7db5001b8c4ed75cd87de507b5db76a7

熊本県を観光するなら外したくないスポット30選!大自然に癒される旅はいかがですか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

熊本県といえば、阿蘇山や黒川温泉、天草などたくさんの観光スポットがあります。 今回は、見どころ満点の熊本県の観光スポットやグルメ、お土産などのチェックしておきたいポイントをピックアップしてみました。ぜひ、熊本観光にご活用ください。

熊本・阿蘇山といえばココ!「草千里ヶ浜」

http://marukijapan.co.jp/photolog/wp-content/uploads/2012/07/7db5001b8c4ed75cd87de507b5db76a7.jpg

熊本の自然を象徴するスポットといえば阿蘇山ですが、その阿蘇山に訪れた方が必ず一緒に訪れると言っても過言でない場所が「草千里ヶ浜」です。
阿蘇五岳の1つである烏帽子岳の北の麓にある大草原と雨水がたまってできたとされる池が自然の緑と青のコントラストが美しいスポットです。
大草原には、放牧された牛や馬などがいて、ピクニックを楽しむ観光客など、ゆっったりとした時間の流れを楽しむことができます。

阿蘇エリア「草千里ヶ浜」の詳細情報

■場所:阿蘇市草千里ヶ浜
■TEL:0967-32-1960(阿蘇インフォメーションセンター)
■駐車場:有り(有料)

http://kumanago.jp/event/?mode=detail&id=430000000210

大人も楽しめる阿蘇の自然の中の複合レジャー施設「阿蘇ファームランド」


http://capybara.eek.jp/n-navi/aso-00.jpg

楽しく遊べて、動物とも触れ合うことができる「阿蘇ファームランド」は、家族連れやカップルにもお勧めです。
健康の専門家がプロデュースした頭も心も癒すことができる世界に1つのレジャー施設です。
カピパラなどの可愛い動物や、イグアナ、ミミズクなどの普段は触れ合うことのできない動物たちと間近で見ることができます。
大きいアスレチックや、クラフト体験のできる「手づくり体験館」などがあります。
冬場は美しいイルミネーションなどもありますので、ゆっくりと一日中楽しむことができます。

阿蘇ファームランドの詳細情報

■場所:熊本県阿蘇郡南阿蘇村河陽5579-3
■TEL:0967-67-2100
■営業時間:施設によって異なりますので、公式HPにてご確認ください。
■定休日:年中無休
■入園料:無料※有料の健康施設有り
■駐車場:有り

http://www.asofarmland.co.jp/

川下りやラフティングを楽しめる「人吉市球磨川」


http://img01.ecgo.jp/usr/kumagawa/img/110601161317.jpg

熊本県は水が綺麗な県としても有名ですが、そんな熊本県人吉市の球磨川ではラフティングや川下りなどの川のアクティビティが充実しています。
「川下り」は、スタンダードなコースから、ロングコース、時間が無い人のためのショートコースや、スリリングな激流コースがあります。
川下りよりスリリングさを求める方は「ラフティング」がおすすめ!
激流を舟で下るスリリングさはたまりません。
ゆったりと川の上から自然を楽しみたい方は、昔ながらの渡し舟を再現した「梅花の渡し」がおすすめです。
自分に合ったものを選んで、球磨川を制覇しちゃいましょう!

人吉市球磨川下りの詳細情報

■場所: 熊本県人吉市下新町333-1
■TEL:0966-22-5555
■営業時間:8:00~18:00
■定休日:無休
■料金:コースによって異なりますので、お問い合わせください。
■駐車場:あり

日本名水百選の1つ「菊池渓谷」


http://kikuchikanko.ne.jp/uploads/group/29.jpg

菊池渓谷は、日本の名水百選に選ばれています。
阿蘇外輪山の中腹にあり、島原湾に注ぎ込む菊池川の上流に当たります。
天然生広葉樹に覆われた渓谷は、春の新緑、秋の紅葉と私たちの目を楽しませてくれます。
また、夏場は天然のクーラーと称されており、菊池渓谷の水の温度は平均13度で、訪れる人たちに夏の暑さを忘れさせてくれます。
そのため、避暑のために訪れる人も多いですよ。

菊池渓谷の詳細情報

■場所:熊本県菊池市原
■TEL:0968-27-0210
■営業時間: 8時30分~17時(4月~11月)
■定休日:12/1~3/31(入場は出来ますが無人)
■入場料:なし、ただし高校生以上1人100円が環境の維持管理協力として徴収されます。
■駐車場:あり(第1駐車場~第3駐車場まであります)

http://kikuchikeikoku.jimdo.com/

まるで天空へ続く道!「ラピュタの道」


http://blogs.c.yimg.jp/res/blog-34-fb/kooldaidai/folder/1517400/56/66155756/img_0?1359367367

最近有名になってきた観光スポットの1つが「ラピュタの道」です。
阿蘇外輪山にある絶景を眺めることができるスポットです。
雲海の時期に行けば、麓の景色を隠してまるで空の上にいるかのような幻想的な景色が広がります。
その雲海ができた景色がジブリ作品の「ラピュタの城」のワンシーンを彷彿とさせるため、「ラピュタの道」や、突き出した独特の地形と道路から「天空の道」とも呼ばれています。

車かバイクでしか行くことができません。
また、道が細いので車の方は途中で降りることになりますので、注意が必要です。
近年では観光客が増えてきましたので、接触などの事故には気をつけるようにしましょう。

ラピュタの道の詳細情報

■場所:熊本県阿蘇市狩尾原野

http://www7b.biglobe.ne.jp/~fukuokadeasobitai/laputa.html

迫力のある噴火口「阿蘇山火口」


http://www.aso.ne.jp/~volcano/photolibrary/sfs6_diary/45_2.jpg

熊本県の阿蘇山といえば、現在も噴火を続けている活火山ですが、観光スポットとしても人気の場所です。
しかも、火口の近くまでは車を利用することができますし、阿蘇の自然を感じたいという方は世界で始めて活火山にかけられたロープウェイを利用して、阿蘇山の景色を眺めながら山頂まで行くことができます。
もちろん、登山コースもあるので、自分の足で阿蘇山を制覇したいという方にもおすすめです。
はっきりとした火口をまじまじと観察できますので、荒々しい自然をその肌で感じることができますよ。

ただし、火山活動によっては見れない場合もありますのでご注意ください。

阿蘇山の詳細情報

■場所:熊本県阿蘇郡阿蘇町黒川808-20
■TEL:0967-34-0411(阿蘇山ロープウェイ)
■営業時間:阿蘇山道路:8時30~17時30分/11月~17時12~3月19日9~16時30
■定休日:無し。ただし、天候や火山活動の状況により規制あり。
■入場料:無料。ただし、阿蘇山公園道路往復普通車560円軽320円バイク100円が必要。
■駐車場:有り(410円)
■ロープウェイ料金:大人(中学生以上)→往復:1,200円・片道:750円/小人(小学生以下)→往復:600円・片道→370円

http://www.kyusanko.co.jp/aso/

滝はもちろん、滝裏からの眺望も必見!「鍋ヶ滝」


http://masat5.c.blog.so-net.ne.jp/_images/blog/_e49/masat5/m_2008_07280024.jpg?c=a0

水のカーテンとも称される熊本県小国町にある滝「鍋ヶ滝」。
その美しさから、CMの舞台ともなり、脚光を浴びた観光スポットです。
鍋ヶ滝の高さは9mと小さめの滝ではありますが、滝浦に行くことができ、滝の裏側からの眺めはとても幻想的です。
また、金運があがるパワースポットとしても有名なんですよ。

おすすめは、ゴールデンウィークのライトアップ期間。
暗闇に浮かび上がる滝の姿は一見の価値があります。
ぜひ、昼と夜の姿を両方楽しんでください。

鍋ヶ滝の詳細情報

■場所:熊本県阿蘇郡小国町黒渕
■TEL:0967-46-2111(小国町役場)
■営業時間:9:00~17:00(最終入園16:30)
※ライトアップ期間中は異なりますので、ご確認ください。
■定休日:年末年始(12/28~1/3)
■入場料:高校生以上→200円/小・中学生→100円/小学生未満→無料
■駐車場:あり

http://www.aso-oguni.com/kankou/kankosizen.html

かわいい野生のイルカたちを間近でウォッチング♪「イルカマリンワールド」

49b124bf-ea67-4eba-831c-61377b9fe837
https://scontent.xx.fbcdn.net/hphotos-xlp1/v/t1.0-9/12642444_1332036700147055_4712481165250134496_n.jpg?oh=02e9389e53ac6a492aa9f33f7ce18440&oe=575850BD

熊本県の天草では、イルカウォッチングをすることができます。
1年を通して、ミナミハンドウイルカが生息しており、その可愛い姿を見ることができますよ。
中でもおすすめの季節は夏で、きらきらと輝く青い海を群れを成してダイナミックに泳ぐイルカの姿は迫力満点です。

1点だけ注意しておきたいのが、イルカは野生の動物のため、必ず遭遇するという保障がありません。
しかし、「イルカマリンワールド」なら、イルカと万が一出会え無かった場合は、無料で再チャレンジすることができるので、安心です。

イルカたちが優雅に泳ぎ回る姿を見て、ぜひ癒されてください。

イルカマリンワールドの詳細情報

■場所:熊本県天草市五和町二江2977
■TEL:0969-33-1633
■営業時間:9:00~17:00
■定休日:お問い合わせください
■料金:中学生以上→2500円/小学生→1500円/2歳以上小学生未満→500円/2歳未満→無料
■駐車場:あり

http://im-world.jp/index.html

異国情緒漂う「崎津天主堂」


http://washimo-web.jp/Trip/AmakusaTrip/amakusa4.jpg

天草は、江戸時代の天草四郎の「天草の乱」に見られることでわかるように、キリスト教が伝来してから根付いた土地でもあります。
そんな天草の地には数々の教会がありますが、中でも崎津にある「崎津天主堂」は、教会建築の第一人者である故・鉄川与助氏によって設計されました。
教会建築によく見られるゴシック建築で、昭和9年に建造されました。
津崎天主堂の佇まいは堂々としており、まるで日本にいることを忘れさせてくれる荘厳な教会です。

教会内部の写真撮影は禁止されていますので、ご注意ください。

津崎天主堂の詳細情報

■場所:天草市河浦町﨑津539
■TEL:0969-22-2243(天草宝島観光協会)
■開館時間:9:00~17:00
※毎週日曜日はミサが行われるため、開館時間が午前9:30~。
※葬儀結婚式等教会行事が行われる時は、入館をお控えください。
■休館日:不定休
■入場料:なし
■駐車場:近隣の無料観光駐車場

http://www.t-island.jp/p/spot/detail/86

熊本県を代表する観光スポット「熊本城」


http://www.manyou-kumamoto.jp/users/files/120413160815_S3740265.jpg

熊本県の観光地で外せない場所といえば、「熊本城」です。
熊本県熊本市の中央区にある日本の城で、別名「銀杏城」とも呼ばれており、日本三大名城の1つに数えられています。
熊本県の戦国武将である加藤清正が慶長5年の関ヶ原の戦いの後に7年の歳月を掛けて作られたお城です。
特徴的な見事な石垣は、加藤清正の実践体験から生み出されたものといわれており、複雑け強固な構造になっています。
ぜひ、戦国時代に思いを馳せながら天守閣からの眺め加藤清正の視点から見てみてはいかがでしょうか?

熊本城の詳細情報

■場所:熊本県熊本市中央区本丸1-1
■TEL:096-352-5900
■営業時間:4月~10月 8:30~18:00 (入園は17:30まで)/11月~3月 8:30~17:00 (入園は16:30まで)
■定休日:12月29日~12月31日
■入場料:大人→500円/中学生以下→200円/幼児無料

http://www.manyou-kumamoto.jp/castle/

熊本ラーメンといったらココ!「黒亭」


https://scontent.xx.fbcdn.net/hphotos-xfp1/v/t1.0-9/10154029_1071423999568383_6120941705578525994_n.jpg?oh=88e576c3252e11e3d1ccdefbaa3344ca&oe=576974CA

熊本ラーメンといえば、とんこつスープに焦がしニンニク油が特徴のラーメンです。
そんな熊本ラーメンの老舗が「黒亭」です。
昭和32年創業の老舗のラーメン屋さんで、地元の方もファンが多く、厳選された素材で作られたスープやチャーシュー、そして自家製麺が程よくスープと絡んで、口の中に幸せが広がります。
正統派の熊本ラーメンを食べたい方におすすめのお店です。

黒亭の詳細情報

■場所:熊本県熊本市西区二本木2-1-23
■TEL:096-352-1648
■営業時間:10:30~20:30
■定休日:第1・3木曜(祝日の場合は営業)

http://kokutei.co.jp/

熊本ラーメンのルーツ玉名ラーメンといったらココ!「番屋」


http://ramenblog.info/wp-content/uploads/2014/03/a04c0bca439ee017af6821eb7b1356f7.jpg

熊本県のルーツとも言われている「玉名ラーメン」。
昭和27年に小さな中華そば屋さんが作ったのが始まりだといわれています。
玉名ラーメンの特徴は、濃厚とんこつスープとサクッと香ばしい焦がしニンニクチップ、そして中細ストレート麺です。
そして、玉名ラーメンの店「番屋」は、濃厚なのにあっさりとしているのに、とんこつの甘みが口の中に広がる深い味わいのとんこつスープとたっぷりのネギが特徴です。
ぜひ一度、御賞味ください。

番屋の詳細情報

■場所:熊本県玉名市築地216
■TEL:0968-72-0540
■営業時間:11:00~21:00
※材料がなくなり次第終了
■定休日:水曜日

http://tabelog.com/kumamoto/A4303/A430302/43002283/

熊本といったら馬刺し!おすすめの馬刺し店「熊本馬肉ダイニング 馬桜(うまざくら)」


http://www.umasakura.com/img/food/dinner/c2/dinner_img03.jpg

熊本中心にあって、アクセスがよく馬刺しメニューが充実したダイニングレストランが「熊本馬肉ダイニング 馬桜(うまざくら)」です。
馬刺しは、もちろんのこと、焼肉やしゃぶしゃぶ、ステーキなどの馬肉(「桜肉」)を使用した料理を食べることができます。
また、パスタやピッツァなどの桜肉を使用した創作イタリアンも食べることができますよ。
ランチもやっているので、食べたいメニューや予算に応じて好きなコースや時間帯を選べるのでお勧めですよ。

熊本馬肉ダイニング 馬桜(うまざくら)の詳細情報

■場所:熊本県熊本市中央区下通1-12-1 光園ビル 2F
■TEL:096-355-8388
■営業時間:17:00~24:00/土・日・祝限定ランチ11:30~14:30
■定休日:年中無休

http://www.umasakura.com/

お肉好きなら1度は食べたい!阿蘇のあか牛丼「よかよか亭」


https://scontent.cdninstagram.com/t51.2885-15/e15/11201585_733234456785635_903832972_n.jpg?ig_cache_key=OTc4MDQ4NjY4NjM4OTM2MDIw.2

阿蘇にはあか牛といわれる和牛があります。
あか牛は、阿蘇に代表される熊本の自然の恵を受けて育った赤牛たちは、その品種から脂身が少なく赤身の牛肉です。
そんなあか牛をふんだんに使ったあか牛丼を食べることができるのが「よかよか亭」です。
どんぶりのふたを開ければ、一口サイズにカットされたツヤツヤのお肉が顔を見せます。
どんぶり一面に花びらのように贅沢に乗せられたあか牛を思う存分堪能することができます。

よかよか亭の詳細情報

■場所:熊本県阿蘇市一の宮町宮地2395-1
■TEL:0967-22-3330
■営業時間:11:00~21:00(LO20:30)
■定休日:元旦

http://tabelog.com/kumamoto/A4302/A430201/43011272/

熊本のソウルフード太平燕の老舗「紅蘭亭」


http://stat.ameba.jp/user_images/20130821/11/e-hanas2/33/d6/j/o0800053112655920016.jpg

太平燕といえば、熊本県の郷土料理の一つです。
熊本県の太平燕は、華僑の人たちが伝えたといわれており、「扁肉燕」といわれるワンタンの皮の変わりに「春雨」、「アヒルの卵」の代わりに「ニワトリの揚げ卵」が使用されています。
そんな太平燕の老舗「紅蘭亭」では、昔ながらの太平燕を食べることができます。
程よくスープが絡んだモチモチとした春雨とキャベツのシャキシャキ感が口の中でさわやかに広がります。
ぜひ、一度熊本の太平燕を味わってみてください。

紅蘭亭の詳細情報

■場所:熊本県熊本市中央区安政町5-26 2~5F
■TEL:096-352-7177
■営業時間:11:30~21:30 (L.O21:00)
■定休日:年中無休

http://www.kourantei.com/content/blogcategory/14/27/

筆者:辻がお勧めするお土産「武者返し」


http://ekimachi1-kumamoto.com/engine/wp-content/uploads/2014/10/koubaishinkansen-musyagaeshi-745×503.jpg

熊本旅行で悩むのがお土産だと思います。
そんな中でも、筆者の辻がおすすめする銘菓が「お菓子の香梅」さんから出ている「武者返し」です。
数ある熊本銘菓の中でもコレが一番大好きです。
バターの芳醇な香りのするパイ生地の中に皮剥きあずき餡のしっとりとした味わいがあって、和洋折衷の優しい味のお菓子で、一度食べたら癖になります。
熊本に行ったら必ずかって帰るお菓子です。

お菓子の香梅の詳細情報

熊本城香梅庵
■場所:熊本市中央区二の丸1-1-2 城彩苑桜の小路
■TEL:096-288-0039
■営業時間:3月~11月 9:00-19:00/12月~ 2月 9:00-18:00
■定休日:お問い合わせください。
駅や空港内など店舗が他にもあります。
営業時間は、店舗によって異なります。

http://www.kobai.jp/

ふわふわの食感が癖になる「米粉ロール」


http://ekimachi1-kumamoto.com/engine/wp-content/uploads/2014/09/patisseriebijoux-main-01-745×503.jpg

熊本県産のお米といえば、特A評価をもらうほどの美味しいお米です。
そんな熊本県産のお米を使用した米粉100%で作った「洋菓子専門店 パティスリー ビジュー」の「米粉のロールケーキ」はお勧めです。
米粉でモチモチでふわふわの食感のスポンジの中に生クリームと自家製カスタードの贅沢なダブルクリームが特徴です。
優しい食感で、飽きのこない丁度いい甘さのロールケーキをお土産にいかがでしょうか?

洋菓子専門店 パティスリー ビジューの詳細情報

洋菓子専門店 パティスリー ビジュー本店
■場所:熊本県熊本市中央区琴平本町3番57号
■TEL:096-364-1722
■営業時間:10:00~20:00
■定休日:無休※臨時休業あり

http://bijoux.ecgo.jp/

熊本県の伝統のお菓子「いきなり団子」


http://www.choujuan.co.jp/upload/save_image/09231515_4ab9bce88c53c.jpg

熊本県には、短時間で「いきなり」作れる、昔から食べられてきた「いきなり団子」というお菓子があります。
いきなり団子は、大福みたいな見た目ですが、小麦粉を練った生地の中に輪切りにしたサツマイモとあずき餡、練り餅を入れて蒸した団子です。
一般家庭でも伝統的に作られ続けているお菓子です。
そんないきなり団子を販売しているお店はたくさんありますが、なかでもおすすめがいきなり団子専門店の「長寿庵」です。
スタンダードのいきなり団子「白」や沖縄県産の黒糖を生地に使用したいきなり団子「黒」、小豆の代わりに手亡豆を使用し、生地に紫芋粉を使用した「紫」というバリエーション豊かないきなり団子を取り扱っています。

ぜひ、昔から熊本の人に親しまれてきたいきなり団子お土産にいかがでしょうか?

長寿庵の詳細情報

■店舗名:長寿庵 熊本駅フレスタ店
■場所:熊本市西区春日3丁目15番1号
■TEL:096-359-4647
■営業時間:8:30〜20:00
■定休日:年中無休

http://www.choujuan.co.jp/

辛党の方におすすめのお土産「辛子れんこん」


http://nasse.com/newimages//7218/c20150528_6.jpg

熊本県の郷土料理の一つ「辛子れんこん」。
元々は、殿様の健康食であったという言われており、実際に体にいい成分が多く含まれています。
そんな辛子れんこんを一子相伝で代々受け継がれてきた製法で作り続けているのが「元祖森からし蓮根」です。
一つ一つ手造りで丁寧に作られており、殿様気分で枯らし蓮根を味わうことができますよ。
御飯のおかずにはもちろん、お酒のおつまみとしてもおすすめです。

元祖森からし蓮根の詳細情報

■店舗名:元祖 森からし蓮根 本店
■場所:熊本市中央区新町2丁目12-32
■TEL:096-351-0001
■営業時間:8:00~17:00
■定休日:月一回日曜日
※お問い合わせください。

http://www.karashirenkon.co.jp/top.shtml

一度食べたら忘れられない味「御飯の友」


http://pds.exblog.jp/pds/1/200511/02/45/c0071545_18341169.jpg

熊本…、いえ、九州に住む人のソウルフードといってもいいのが株式会社フタバから販売されているふりかけ「御飯の友」です。
炊き立ての白い御飯と「御飯の友」があれば、美味しくごはんが何杯も食べれてしまうというふりかけです。
元々は、大正初期、子供たちは食料不足によって栄養不足で、特にカルシウムが不足していました。
その現状を心配した薬剤師の吉丸末吉氏によって「魚を骨ごと細かくして、美味しく御飯と食べられる」ふりかけが誕生したのです。
創業当時から変わらないおいしさの御飯の友。
値段もリーズナブルなので、お土産としても優秀ですよ。
地元のお土産店はもちろん、スーパーなどでも販売されています。
ちなみに、私もこの御飯の友が大好きです。

株式会社フタバの詳細情報

■場所:熊本県熊本市西区島崎2丁目9番8号
■TEL:0120-356-753

http://www.gohannotomo.co.jp/index.html

ペットと一緒に宿泊できる「Wa!王国狗の郷(くのさと)」


http://www.kunosato.jp/images/room_hd_img.jpg

ペットと一緒に旅行を楽しみたいという方も増えてらっしゃいますよね。
しかし、一緒に旅行をしても、家族の一員であるはずのワンちゃんだけ車の中で一晩…なんていうことは寂しいですよね。
今回お勧めする「Wa!狗の郷」は、ペットと一緒に宿泊できる宿です。
全室源泉掛け流しお風呂付の和モダンのゆったりしたお部屋はもちろん、ドッグラン・ドッグ用品店・ドッグバスを完備しており、愛犬家には嬉しい設備が付いています。
我が家のようにゆったりと寛ぐことができるお宿ですよ。

Wa!王国狗の宿の詳細情報

■場所:熊本県菊池市出田2121-185
■TEL:0968-25-7123
■チェックイン/チェックアウト: 15:00~18:00/11:00
■泉質:単純温泉(低張性弱アルカリ性温泉)

http://www.kunosato.jp/

渓谷の中にある隠れ家的宿「菊池渓谷温泉 岩蔵」


http://www.iwakura0026.com/upfiles/100_1416531791_0.jpg

熊本県にある菊池渓谷の美しい自然の中にある温泉旅館です。
清流のせせらぎを間近に感じながら食事を楽しむことができる3組限定の川床席は魅力的です。
お部屋は、メゾネットタイプ、和洋室+ロフトタイプ、洋室+ロフトタイプのお部屋の中から好きなものを選ぶことができ増す。
また、全室源泉掛け流しの温泉つきのお部屋なので、プライベートな温泉タイムを過ごすことができます。
食事は、熊本の厳選された食材をしようした季節ごとの創作会席料理を楽しむことができます。
熊本名物の馬刺しもありますので、ぜひ食べてみてください。

菊池渓谷温泉 岩蔵の詳細情報

■場所:熊本県菊池市重味2224-8
■TEL:0968-27-0026
■チェックイン/チェックアウト:15:00~/11:00
■泉質:アルカリ性単純温泉(低張性アルカリ温泉)飲用可

http://www.iwakura0026.com/index.php

肥後細川藩の御用宿だった歴史ある温泉宿「御客屋」


http://www.okyakuya.jp/room/images/floor01_main_img.jpg

江戸末期創業の300年続く老舗の温泉宿「御客屋」では、歴史に裏づけされた上質なおもてなしと寛ぎの空間でゆったりと過ごすことができます。
お部屋は全室純和風の和室なので、畳の上でゆっくりと足を伸ばしてリラックスできます。
お風呂は、昔から懇々と湧き出る効能豊かな温泉で、内湯・露天・家族風呂がありますが、御客屋で一番特徴的なお風呂が「里の湯」です。
浴槽がとても深く、湯船に2本渡してある丸太に掴まって入る「立ち湯」と、寝そべって入る浅いお風呂「寝湯」があります。
ぜひ、「立ち湯」と「寝湯」の両方を味わってみてください。
食事は、熊本・阿蘇の食材をふんだんに取り入れた7種類の会席料理から選ぶことができますので、予算やプランに応じて選ぶことができます。

歴史の宿 御客屋の詳細情報

■場所:熊本県阿蘇郡南小国町満願寺6546
■TEL:0967-44-0454
■チェックイン/チェックアウト:
■泉質:「代官の湯・姫肌の湯・古の湯・家族風呂壱・弐」酸性・鉄(Ⅱ)-単純温泉(硫酸塩型)/「御前の湯・里の湯」ナトリウム-塩化物・硫酸塩泉

http://www.okyakuya.jp/index.html

時間が止まってしまったかのようなノスタルジックな宿「いこい旅館」


http://www.ikoi-ryokan.com/spa/images/takinoyu/image1.jpg

全国的にも有名な黒川温泉の中で唯一の「日本名湯秘湯百選宿」に選ばれてた温泉宿が「いこい旅館」です。
まるで、時間という概念をどこかにおいてきてしまったかの酔うな、どこか懐かしい雰囲気の旅館です。
お部屋は、昔の日本家屋に見られる素朴な佇まいの和室から、モダンテイストを取り入れた和洋室のお部屋と種類がありますので、自分のお好みのお部屋を選ぶことができます。
温泉は、名湯として名高い情緒溢れる混浴露天風呂の「滝の湯」や、美肌の湯としても有名な「美人の湯」など、足湯を入れて全部で13種類の温泉を楽しむことができます。
ぜひ、全部の温泉を制覇してください。
料理は熊本県・小国の地元の食材で工夫を凝らした季節替わり和食会席料理と料理に合うお酒で上質な一時を味わうことができますよ。

いこい旅館の詳細情報

■場所:熊本県阿蘇郡南小国町黒川温泉川端通り
■TEL:0967-44-0552
■チェックイン/チェックアウト:15:00~/10:00
■泉質:含食塩・硫黄・硫化水素泉 単純温泉

http://www.ikoi-ryokan.com/

大人の隠れ家宿「おたの湯 彩の庄」


http://erizota.sakura.ne.jp/aya/wp-content/uploads/2014/02/onsen07-800_533-460×306.jpg

たまには、現実を忘れてゆっくりと過ごしたい…という方におすすめの宿が「おたの湯 彩の庄」です。
お部屋は全室源泉掛け流し露天風呂付の離れ形式なので、プライベートな時間を大切にしたい方にお勧めです。
佇まいは純和風の建物からは想像できないラグジュアリーな空間が広がります。
お部屋は、メゾネット、和室、和洋室と3種類の中から選ぶことができます。
食事もプライベートを徹底しており、お部屋ごとに個室が容易されていますので、阿蘇の名水と温泉水を利用して地元の農家さんたちが丹精こめて作った美味しい季節の食材を味わうことができます。
季節に合わせた創作懐石料理を料理長たちが手間隙かけて、目や舌、嗅覚などの五感で味わう料理を堪能できます。

おた里の湯 彩の庄の詳細情報

■場所:熊本県阿蘇郡南小国町満願寺5853-1
■TEL:0967-44-0234
■チェックイン/チェックアウト:15:00~/12:00
■泉質:弱アルカリ性低張性高温泉

http://www.ayanosho.com/

天草の海を堪能できる癒しのホテル「海のやすらぎ ホテル竜宮」


http://www.tenshinohashigo.jp/images/sub_img01.jpg

天草の海に沈む夕陽は、「日本夕陽百選」に数えられる絶景です。
そんな夕陽をホテル竜宮では、お部屋や展望露天風呂から楽しむ頃ができます。
オーシャンビューのお部屋は、特別室・和室・和洋室・洋室・南蛮文化漂うデザイナーズなお部屋とたくさんの種類の中から自分の好みなどで選ぶことができます。
また、料理はホテルの目の前に広がる天草の海で採れた新鮮な魚介類を堪能することができます。
温泉は、美人の湯ともよばれており、大浴場の展望風呂をはじめ、プライベートな家族湯でゆっくりと海を眺めることもできます。
温泉効果でリラックス効果と美肌効果の2つが手に入るなんて素敵ですよね。
また、バリエステや足湯Barなどもありますので、ホテルのでの時間を十分たのしむことができますよ。

海のやすらぎ ホテル竜宮の詳細情報

■場所:上天草市松島町合津6136-20
■TEL:0969-56-3333
■チェックイン/チェックアウト:15:00~20:00/11:00
■泉質:塩化ナトリウム物泉

http://www.ryugu.net/index.html

ラグジュアリーで上質な時間を過ごしたい方におすすめの宿「天草 天空の船」


http://www.tenku-f.jp/facilities/images/facilities_pict1_3.jpg

天草の海に浮かぶ5000坪の島に作られた宿です。
天空に浮かぶ船をコンセプトに、絶景を部屋やレストランなどのいたるところで眺めることができます。
全室テラスに源泉掛け流し露天風呂がついており、開放的でプライベートな空間で過ごすことができます。
全室洋室で、特に離れであるテラス付きのヴィラでは日常の喧騒を忘れて、ゆっくりと羽を伸ばすことができます。
食事は、天草の食材をふんだんに使用した「天草イタリアン」で、食事のアップグレードなどできますので、宿泊シーンに合わせることができるのも嬉しいポイントです。

天草 天空の船詳細情報

■場所:熊本県上天草市松島町合津5984-2
■TEL:0969-25-2000
■チェックイン/チェックアウト:15:00~20:00/11:00
■泉質:ナトリウム塩化物泉

http://www.tenku-f.jp/

熊本市の中心地にあるホテル「ホテル日航熊本」


http://www.nikko-kumamoto.co.jp/stays/images/hotel/img_mian.jpg

熊本市内の観光で、アクセス抜群のホテルが「ホテル日航熊本」です。
ショッピング街などにも隣接しているので、お土産購入などをする方にもおすすめです。
お部屋は、木を基調とした落ち着いた雰囲気のお部屋なので、リラックスして過ごすことができます。
また、食事はホテル内のレストランのほかにも中心部にあるので、あえて外に出かけて熊本名物を地元のお店で味わうことも選択肢の1つに入れられますよ。
市内観光の拠点としておすすめのホテルです。

ホテル日航熊本の詳細情報

■場所:熊本県熊本市中央区上通町2-1
■TEL:096-211-1111
■チェックイン/チェックアウト:14:00~/11:00

http://www.nikko-kumamoto.co.jp/

南阿蘇の高台に佇む癒しの宿「白水温泉 竹の倉山荘」


http://www.takenokura.co.jp/images/bath_hd_img.jpg

日頃の生活でのストレスで磨り減った心に、豊かな自然と温泉で栄養を補給させたい方にぴったりの宿です。
全室源泉掛け流しの露天風呂付で、プライベートな空間で贅沢に温泉を独り占めすることができます。
また、お部屋は全室純和室なので、和室の優しい雰囲を感じながら寛ぎの時間を過ごすことができます。
食事は、熊本県産のこだわりの食材を使った3コースの夕食内容から選ぶことができます。
予算や、宿泊シーンによって選ぶことができます。
いずれのコースも美味しい熊本の食材を舌で味わうことができますよ。

白水温泉 竹の倉山荘の詳細情報

■場所:熊本県阿蘇郡南阿蘇村中松2065
■TEL:0967-67-2980
■チェックイン/チェックアウト:16:00~/10:00
■泉質:ナトリウム – 炭酸水素塩泉

http://www.takenokura.co.jp/

楽しく遊んで宿泊もできる「阿蘇ファームランド」


http://blogimg.goo.ne.jp/user_image/27/da/3bf91d9c19074e6510e4d5761d80fccb.jpg

先ほど複合レジャー施設としてご紹介した阿蘇ファームランドには、宿泊施設もあります。
「ヴィレッジゾーン」「ロイヤルゾーン」「ドリームゾーン」と3種類のエリアから宿泊場所を選ぶことができます。
阿蘇の地形を活かしたドーム型のホテルで、全て発泡スチロールでできているという不思議な客室です。
客室全てが独立しており、一つ一つが異なるテイストを持っていますので、自分の好みのゾーンの中から宿泊場所を選ぶことができます。
また、阿蘇山の恵の温泉もファームランド内ではいることができ、温泉だけでなく、蒸気風呂や、薬石蒸気サウナ、ゲルマニウム岩盤浴などたくさんの種類の温泉を楽しむことができます。
身体と心と頭を癒せる「阿蘇ファームランド」で楽しい思い出をたくさん作ることができますよ。

阿蘇ファームランドの宿泊に関する詳細情報

■場所:熊本県阿蘇郡南阿蘇村河陽5579-3
■TEL:0967-67-2323(宿泊専用)
■チェックイン/チェックアウト:16:00/10:00
※ドリームヴィレッジのみチェックイン14:00
■泉質:マグネシウム・カルシウム・ナトリウム-硫酸塩温泉

http://www.asofarmland.co.jp/stay/index.php

阿蘇観光のまとめ

阿蘇山の火の恵による温泉や、名水などの自然豊かな熊本県。
きっと、日常生活で知らない間に溜まりきったストレス多い心をを熊本の地は優しく受け入れてくれますよ。
また、アクティビティも充実しているので、たくさん動きたい!という方にもお勧めです。
たくさん笑って、たくさん楽しんで、熊本旅行で心に潤いを与えてみませんか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Findyの最新情報をお届けします