旧海軍の面影残る呉!平和の素晴らしさ実感できる観光スポット15選

瀬戸内海のほぼ中心にある呉(広島県)は、旧海軍と共に歩んできた独特の文化と歴史を持つ街!昔この地を平清盛が開き、天然の良港として瀬戸内海の交通の要衝でした。明治には鎮守府に指定され、戦前は戦艦大和を建造し旧海軍の街として栄えたところ。大和ミュージアムなどの歴史や世界有数のタンカーを製造するなど科学技術に触れあえる観光スポットも多くあります。 今回は旧海軍の面影と呉の街をご紹介したいと思います。

1.海上自衛隊呉史料館(てつのくじら館)


http://www.geocities.jp/kuresubmarinenow/img482.jpg

海上自衛隊呉資料館(てつのくじら館)は海上自衛隊の歴史について紹介する博物館!
資料館は3階建てで、隣に実物大の潜水艦が展示されています。
入館料が無料というのは大変うれしいことですね♪
1階は海上自衛隊の歴史、2階は掃海艇の活躍、3階は潜水艦の発展について紹介しています。
潜水艦内部には3階から入ることができます。
自衛隊の制服を試着るコーナーがあり、ポーズを決めれば良い思い出になるでしょう。


http://blogimg.goo.ne.jp/user_image/60/91/7b828a381c4a0d3bc8320ce0d3b30c05.jpg

屋外には全長が76m幅が9.9mの巨大な実物の潜水艦「あきしお」が展示されています。
「あきしお」は1985年に浸水、2004年に水揚げされこの地に搬入されたもの。


http://blogimg.goo.ne.jp/user_image/6f/11/6382551419a19d64b919047a01724ea6.jpg

「あきしおない」艦内では艦長室や士官室が再現され、見たり触ることができます。
潜水艦の望遠鏡からは外を見やれば、満々たる海を見ることができます。

海上自衛隊呉史料館の基本情報

・名称:海上自衛隊呉史料館
・住所:広島県呉市宝町5-32
・電話番号:0823-21-6111
・営業時間:9時00分~17時00分(入館16時30分まで)
・休業日:火曜日(祝日の場合は翌日休館)、12月29日から1月3日
・料金:無料
・アクセス: JR呉駅から徒歩5分

https://www.jmsdf-kure-museum.go.jp/

2.歴史の見える丘


http://www.kankou.pref.hiroshima.jp/kure/spot/images/202-img-main.jpg

御手洗地区の重要伝統的建造物群保存地区を見下ろす高台にある公園。
みかん畑の遊歩道を登り標高86.3mの丘の上からは、遠く四国の山々を眺望する一大パノラマが広がります。
軍港であった呉の歴史が見える公園として1982年に完成!
旧呉鎮守府庁舎や戦艦大和を作ったドッグが見られます。


http://www.apio.jp/jimnylife/jt-35-11.JPG

公園には大和の艦橋を摸した「噫戦艦大和塔」の碑をはじめ、造船船渠記念碑や子規の句碑、旧呉海軍工廠礎石記念塔が建っています。
大和塔は大和進水日を記念して建てられたもの、碑の前には主砲徹甲弾も展示されています。


http://www.apio.jp/jimnylife/jt-35-10.JPG

この公園からは造船所を見ることができ、建設中の船や修復している船が見られます。
戦艦大和もこの造船所で作られ、南の海に向かって航海に出たわけですね。

歴史の見える丘の基本情報

1 2 3 4 5 6 7