ランニングシューズの選び方!春からマラソンを始める方必見

ランニングシューズの選び方ってご存知ですか? 様々なメーカーに種類の多いランニングシューズ。 初心者の方はもちろん、ベテランの方から初心者の方までランニングシューズを選ぶポイントをまとめてみました!

ランニングシューズを選ぶポイント

足にしっかり合ったシューズを選ぶために、必ず試着しましょうね。
試着の時にはランニング用のソックスをはいて試着するといいと思います。
試着時に注意する点はおおまかに次の6つです。

.目的を明確に自分のレベルに合ったランニングシューズを選ぶ

レース用か練習用か、初心者か上級者かで選ぶ靴は変わってきます。
どのくらいの頻度でどれだけの距離ををどんなペースで走るのか。
まずはそこを明確にしてからランニングシューズ選びをはじめましょう。

2.足の形を知ろう


足の形はおおまかに分けて次の3種類
・スクエア型  日本人の約1割がこの形。
        シューズの幅に注意しましょう。
・エジプト型  日本人のほとんどがこの形。
        つま先のあき具合に注意しましょう。
・ギリシャ型  日本人の約2割がこの形。
        比較的どんなシューズもなじみやすいです。

3.つま先には少しの余裕が大事

いくら足にピッタリのシューズを選ぶといってもつま先には1㎝程度の余裕を持たせましょう。
あまりにキツイとこすれて爪を怪我してしまいます。
先ほどのエジプト型の足の方も自分の足にあったつま先の捨て寸を持つと怪我をしにくくなりますよ。

4.横幅の圧迫感は適度に


意外と知られていませんが靴の横幅は「4E」「3E」と表記されています。
自分にあった横幅サイズを覚えておくと買い替えの時、参考にしやすいですね。
シューズの横幅でのトラブルはよくありますから、試着の時にしっかり確認しましょう。
横幅が広すぎると靴擦れが、横幅が狭すぎるとシューズ自体に穴が空くなどの損傷につながります。
先ほどのスクエア型に当てはまる方も自分の足に合ったシューズ幅を確保しましょうね。


5.歩いた時のかかともチェック

ランニングシューズを試着したら2,3歩あるいてみましょう。
かかとがヒールカップからずれていませんか?もしずれていたら靴連れの原因になります。
サイズを見直しましょう。

6.靴ひもの通し穴からも観察


ランニングシューズが決まったら最後の確認です。
シューズを持ち上げてひもの通し穴からのぞいて左右の穴が平行か確認しましょう。
細かいところですが足を守るため大切なことなんですよ。

シューズの底(ソール)にもそれぞれの特性がある!

クッション系ランニングシューズ~厚みのあるソール


・初心者におすすめのランニングシューズ
・重いけれどクッション性や安全性に優れている。
・ランナー全体のジョギング用として活用されている。
・重いのでスピードレースには不向き
・ジョギングシューズとして定番なタイプ

トレーニング系ランニングシューズ~普通の厚さのソール

・初心者のステップアップ・タイムアップをしたい方・レース初出場な方におすすめ
・反発性、クッション性を程度よく兼ね備える。
・トップランナーのジョギング用。
・普通の人がレース用に履く。
・ランニングをするにあたり購入を考えたときスタンダードなタイプ

1 2 3 4