c12-125-3

北海道の真ん中!秘境への玄関口、旭川でおススメ観光スポット20選

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

旭川といえば雄大な大雪山連峰に抱かれた街! そして日本で一番入場者数が多かったこともある旭山動物園で知られるところ。 この地域には北海道らしい雄大な自然が残され、春夏秋冬どのシーズンに訪れてもその良さが発見できます。 ここでは旭川及び周辺のぜひ訪れてみたい観光スポットを20カ所選んでご紹介いたします。 広大な地域ですのでスケジュールに余裕をもって訪れ、素晴らしさを思いっきり堪能してくださいね!

1.旭岳

北海道の最高峰


http://welcome-higashikawa.jp/img/upload/c12-125-3.jpg

旭岳の標高は2,291m、北海道で最も高い山!
北海道旅行をしたらぜひ訪れてその素晴らしさを経験してほしいと思います。


http://welcome-higashikawa.jp/img/upload/c12-125-7.jpg

真っ白な残雪と新緑の対比が鮮やかな初夏、高山植物のお花畑は雲上の楽園!


http://welcome-higashikawa.jp/img/upload/c12-125-9.jpg

真っ赤なナナカマドと黄色のダテカンバの美しい紅葉シーズン!
日本一早い紅葉が訪れる人の目を奪います。


http://www.welcome-higashikawa.jp/img/upload/rszd-c18-5709-1.jpg

ロープウェイを利用して旭岳温泉から標高1,600mの姿見の池まではわずか10分!
「あっ」という間に雲上の楽園に到着します。

http://wakasaresort.com/asahidakeropeway/

旭岳の基本情報

・名称:旭岳
・住所:上川郡東川町勇駒別
・電話番号:0166-68-9111
・ロープウエイ料金:大人(中学生以上)
     6/1~10/20 往復券2,900円、片道券1,650円
     10/21~5/31 往復券1,800円、片道券1,200円

2.旭山動物園

生き生きとした動物が見られます


http://userdisk.webry.biglobe.ne.jp/016/410/10/N000/000/000/123910987390716114784_P1000435.jpg

旭川でまずご紹介しなければならないのはやはり旭山動物園でしょう!
東京と比べると圧倒的に人口の少ない旭川ですが、上野動物園と匹敵する入園者数があったことでも知られています


https://4yuuu.s3.amazonaws.com/files/article/349074/large_349074_1.jpg

雪の上をよちよちと歩くペンギンの姿は大好評。


http://yumepyon.com/wp/wp-content/uploads/asahikawa-zoo-animalfeeding5.jpg

人気の秘密は、動物たちの自然な生き方を観察できること。
とくに「もぐもぐタイム」は大人気!

旭山動物園の基本情報

・名称:旭山動物園
・住所:北海道旭川市東旭川町倉沼
・電話番号:0166-36-1104
・営業時間:10:30~15:30(最終入園は15:00まで)
・休業日:11/4~11/10、年末年始12/30~1/1
・料金:大人  一般820円 
    小人  無料
・アクセス:旭川駅東口前の6番のりばから、旭川電気軌道のバス

http://www.city.asahikawa.hokkaido.jp/asahiyamazoo/

3.平和通買物公園

歩行者天国


http://blogimg.goo.ne.jp/user_image/0e/22/1383bbc64fe8e2f92329050e36f9c682.jpg

JR旭川駅をおりると北に長く続いているのが平和通買物公園。
買物公園では野外彫刻が多数置かれ、恒久的な歩行者天国として多くの人で賑わっています


https://lh3.googleusercontent.com/-lReuXZjhXNQ/TcaA8woNLXI/AAAAAAAAAAA/SMskAGi6yCI/s720/_IGP8300.JPG

6月の買物公園の誕生祭や8月の旭川夏まつり、2月の氷彫刻世界大会など多くのイベントが開催されます。

平和通買物公園の基本情報

・名称:平和通買物公園
・住所:北海道旭川市宮下通7丁目~8条通7丁目
・電話番号:0166-26-0815
・営業時間:各店舗によって異なる
・アクセス:JR旭川駅をおりてすぐ

http://kaimonokouen.com/

4.三浦綾子記念文学館


http://blogs.c.yimg.jp/res/blog-3c-56/asaaso2004/folder/242900/08/16021308/img_1?1132027774

この記念文学館は三浦綾子のファンの募金によって建てられたもの。


http://asahikawa-photo.info/wp-content/uploads/2015/03/1234.jpg

三浦綾子は旭川出身の作家で4冊にも及ぶ大作「氷点」の名作でその名を知られています。
直筆の原稿や写真などが展示されています。


http://blogs.c.yimg.jp/res/blog-3c-56/asaaso2004/folder/242900/08/16021308/img_2?1132027774

氷点の舞台にもなった緑深い見本林という素晴らしいロケーションに作られました。
清々しい見本林を歩けば名作のシーンを思い起こすことでしょう。

三浦綾子記念文学館の基本情報

・名称:三浦綾子記念文学館
・住所:北海道旭川市神楽7条8丁目2-15
・電話番号:0166-69-2626
・開館時間:午前9時~午後5時
・入館料金:大人500円、大学・高校生300円、小・中学生100円
・駐車場:乗用車30台
・休館日: 6月1日~9月30日…無休
     10月1日~翌5月31日…月曜休館
     12月30日~1月4日…年末年始休館

http://www.hyouten.com/

5.層雲峡

柱状節理で知られます


http://www.youthhostel.or.jp/sounkyo/photo/shinsaku2.jpg

層雲峡のは夏は緑が美しく、24kmも断崖が続く大渓谷。


http://www.youthhostel.or.jp/sounkyo/photo/sobaku2.jpg

銀河の滝、流星の滝など壮大な景観が続きます。
その中心は層雲峡温泉で大雪山近郊の観光拠点ともなってます。
ゆったりと湯に浸かれば旅の疲れを癒すことができるでしょう。


https://image-kinarino.ssl.k-img.com/system/press_images/000/125/254/08986cddc841528b501dc62a1dde2de7688dea79.jpg?1411891100

層雲峡からはロープウエィで標高1984mの黒岳5合目の雲上の世界に一挙に登れます。

層雲峡の基本情報

・名称:.層雲峡
・住所:北海道上川郡上川町字層雲峡
・電話番号:01658-5-3031(大雪山層雲峡・黒岳ロープウェイ)
・料金: 大雪山層雲峡・黒岳ロープウェイ(往復券)大人1,950円、小人1,000円

http://www.rinyu.co.jp/modules/pico01/

6.天人峡

羽衣の滝


http://blogimg.goo.ne.jp/user_image/65/c5/edda9e0bd565eb6b05e37230177c5978.jpg

270mの高低差を落下する羽衣の滝は7段になっていて壮麗な景観!
あたかも天人がまとう羽衣のような美しい滝は道指定の文化財に指定されています。


http://static.panoramio.com/photos/large/38373802.jpg

天人峡温泉は大雪山国立公園内にある渓谷。
周囲は奥深い渓谷となっていて秘境の雰囲気!
うまくすればシマリスが木々に遊ぶ姿を見ることもできるでしょう。

天人峡の基本情報

・名称:天人峡
・住所:北海道上川郡東川町天人峡温泉
・電話番号:0166-82-3761
・アクセス: JR旭川駅から旭川電気軌道バスいでで1時間20分

http://www.welcome-higashikawa.jp/info/?c=11

7.あさひかわラーメン村

旭川が誇るラーメン文化


http://hokkaidoburabura.up.n.seesaa.net/hokkaidoburabura/image/r01.JPG?d=a0

旭川ラーメン村はJR石北本線の南永山駅のすぐそば、8店舗のラーメン店が店を構えています。


http://netjunkiez.org/wp/wp-content/uploads/2012/09/NCM_0118-640×480.jpg

札幌ラーメンは味噌味が特徴ですが、旭川ラーメンの特徴はしょうゆ味。
あっさりとした味の中に奥行きがあり、飽くことはありません。
ラーメン好きの人はぜひ訪れ、札幌ラーメンと食べ比べることもよいでしょう。

あさひかわラーメン村の基本情報

・名称:あさひかわラーメン村
・住所:北海道旭川市永山11条4丁目119-48
・電話:0166-48-2153
・アクセス:南永山駅より徒歩約7分

http://www.ramenmura.com/

8.男山酒造り資料館

日本酒の博物館


http://blogs.c.yimg.jp/res/blog-60-a9/rk520102/folder/626122/43/20482243/img_0?1310369973

日本酒党ならぜひ訪れたい日本酒の代表的酒造メーカーの博物館。


http://www.t-marche.com/tripper/img/uploads/93335ef3074bb4cb.png

日本酒についての価値ある資料や昔の酒造り道具、酒器などを公開しています。
またここでは日本酒造りの様子を見学できます。


http://tkss.jp/pjn/WindowsLiveWriter/bbbe8bff4ee5_C2AE/r1149919_std_2.jpg

大雪山から地下に流れる水を使った銘酒は美味、試飲もできますのでお酒好きにはたまりませんね。

男山酒造り資料館の基本情報

・名称:男山酒造り資料館
・住所:北海道旭川市永山2条7-1
・電話番号:0166-47-7080
・駐車場:50台
・営業時間:9時~17時
・入場料:無料
・休館日: 12/31~1/3

http://www.otokoyama.com/

9.神居古潭

吊り橋


http://blog-imgs-45-origin.fc2.com/a/s/a/asahikawahakkai/c-405.jpg

神居古潭は石狩川に沿って10kmほど続く奇岩怪石の渓谷。
川の流れは激しく最深部は70mもあるといわれ、かってアイヌが石狩川を利用していた頃には一番の難所といわれていました。
安全な行き来を神に祈るというところからその名前がつけられたといわれています。


http://bunarinn.lolipop.jp/bunarinn.lolipop/tok2-index/8Gkitanosisou/kitanokodaisi/kitanojiyomon/kamuisaakuru/clip_image020.jpg

ここには「神居古潭竪穴住居遺跡」があって縄文時代から村があったことが証明されています。

神居古潭の基本情報

・名称:神居古潭
・住所:旭川市神居町神居古潭
・電話番号:0166-25-7168(旭川市経済観光部観光課)
・入場料:なし
・定休日:なし
・電話番号:0166-25-7168(旭川市経済観光部観光課)
・営業時間:常時開放
・駐車場:40台
・アクセス:1条通7丁目からバス

http://www.town.taiki.hokkaido.jp/soshiki/shoko_kanko/shoko_kanko/camp.html

10.常盤公園

市民のオアシス


http://blogimg.goo.ne.jp/user_image/35/65/35c537bea878073467f495cfeaafa182.jpg

市内の中心にある公園で、緑が豊かで花壇には花が植えられ、池の周りを散策でき、ボートもあり市民のオアシスとなっています。
観光に疲れたらほっと一息つくのもよいでしょう。
1989年には「日本の都市公園100選」に選ばれています。


http://ouendaichi2009.web.fc2.com/asahikawakinkou03/tenmon01.JPG

園内の小高い丘の上には道内最初の天文台や旭川市美術館、上川神社頓宮、図書館などもあります。

常盤公園の基本情報

名称:常盤公園
住所:北海道旭川市常盤通3丁目
電話番号:0166-52-1934
料金:入場無料
・アクセス:JR旭川駅より徒歩15分

http://www.asahikawa-park.or.jp/park/synthesis/tokiwa.html

11.雪の美術館

中世のお城を思わせます


http://leipzig-2humburg.c.blog.so-net.ne.jp/_images/blog/_597/leipzig-2humburg/DSCF0070.JPG?c=a1

雪の美術館は中世ヨーロッパの城のようなイメージの外観で内部は幻想的な美術館。

473b5684-61b1-493b-9f59-ab8d261ae873
http://leipzig-2humburg.c.blog.so-net.ne.jp/_images/blog/_597/leipzig-2humburg/DSCF0059-976e2.JPG?c=a0

氷の回廊はマイナス20度!
ひんやりとして美しい雪の魅力を堪能することができます。
大雪山に降る雪をテーマとして作られた内部には雪の結晶などの写真が展示されています。


http://leipzig-2humburg.c.blog.so-net.ne.jp/_images/blog/_597/leipzig-2humburg/DSCF0045.JPG?c=a0

施設内には音楽堂があって演奏会や結婚式も執り行われます。

雪の美術館の基本情報

・名称:雪の美術館
・住所:北海道旭川市南が丘3丁目1-1
・電話番号:0166-73-7017
・駐車場: 200台
・営業時間:9:00~17:00
・入場料:大人700円、大学生・高校生500円、小中学生400円、
・休館日:12/30~1/4

http://www.yukaraori.com/yukibi/

12.旭川市科学館「サイパル」


http://community.c.yimg.jp/res/travel-4625718a-316e/2008/1009/f2951280.jpg

北国、宇宙などをテーマにした展示やプラネタリウムがある科学館。
宇宙ゴマや低温体験など様々な経験ができ、子供から大人まで楽しく学べます。


http://livedoor.blogimg.jp/asahikawa003/imgs/d/1/d168fbbe.JPG

プラネタリウムでは最新式の投影機を利用して満天の星空を再現します。

旭川市科学館「サイパル」の基本情報

・名称:旭川市科学館「サイパル」
・住所:旭川市宮前1条3丁目3番22号
・電話番号:0166-31-3186
・営業時間:午前9時30分~午後5時(
・休業日:毎週月曜日、年末年始
・料金:常設展示室(1日) 大人400円、高校生250円
    プラネタリウム(1回) 大人300円、高校生200円
・アクセス:JR旭川駅からバスで科学館前下車すぐ

http://www.city.asahikawa.hokkaido.jp/science/

13.旭川市博物館


https://upload.wikimedia.org/wikipedia/ja/a/a3/%E3%82%AF%E3%83%AA%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%83%AB%E3%83%9B%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%82%B3%E3%83%94%E3%83%BC.JPG

旭川博物館は音楽堂と国際会議場と共に旭川大雪クリスタルホール内にあります。


https://cdn.kaumo.jp/element/3fbd8c86-f9be-4b32-823a-b1d3a0b90e1e.jpg

常設展示室の上層には古代の先住民やアイヌ、明治の屯田兵住宅を復元、人々の生活を伝えています。
下層部には旭川周辺の自然を展示し、楽しみながら学べます。

旭川博物館の基本情報

名称:旭川市博物館
住所:旭川市神楽3条7丁目旭川市大雪クリスタルホール内
電話番号:0166-69-2004
定休日:12/30~1/4、10月~5月の毎月第2・4月曜
営業時間:9:00~17:00
駐車場:400台
料金:入場料/大人300円、高校生200円、中学生以下無料
アクセス:JR旭川駅より徒歩15分

http://www.city.asahikawa.hokkaido.jp/hakubutukan/

14.旭橋

撮影のベストスポットです


http://blogimg.goo.ne.jp/user_image/51/33/2801cfa0c2b209894f056871cf78a20b.jpg

旭川は多数の川が集まる川の街!
石狩川にかかる旭橋は札幌市の豊平橋及び釧路市の幣舞橋とともに北海道を代表する名橋に選ばれています。
アーチが夕日に映え、冬の寒い日には川霧に煙り幻想的ですよ!


http://printconcier.com/wp/wp-content/uploads/2012/06/MG_8018.jpg

旭橋から大雪山連峰を望む景色は北海道遺産に選ばれています。

旭橋の基本情報

名称:旭橋
住所:旭川市常盤通3丁目
電話番号:0166-25-7168(旭川市経済観光部観光課)

http://www.hokkaidoisan.org/heritage/006.html

15.川村カ子トアイヌ記念館

d36f4356-b2e0-4758-a68a-637383884739
http://hokkaidoburabura.seesaa.net/pages/conv_default/image/a02-15de5.JPG

アイヌの旧家である川村家の最古の私立アイヌ資料館!


http://f.st-hatena.com/images/fotolife/h/hantubojinusi/20130806/20130806103529.jpg

アイヌの生活を伝える資料が展示されています。

川村カ子トアイヌ記念舘の基本情報

・名称:川村カ子トアイヌ記念舘
・住所:北海道旭川市北門町11丁目
・電話: 0166-51-2461
・営業時間: 9:00~17:00
・休館日:無休
・最寄り駅:近文から徒歩約25分
・予算:大人 500円/高校生 400円/中学/400円/小学生200円
・川村カ子トアイヌ記念館

http://k-aynu-mh.jp/

16.優佳良織工芸館

美しい色合いの優佳良織


http://ouendaichi2009.web.fc2.com/asahikawakinkou04/yu-kara01.JPG

優佳良織工芸館は北欧風の雰囲気のする建物で、遠く大雪山連峰を望む丘に建っています。


http://www.murata-brg.co.jp/weblogimg/%E5%84%AA%E4%BD%B3%E8%89%AF%E7%B9%94%E5%90%8D%E5%88%BA%E5%85%A5%E3%82%8C.jpg

優佳良織工芸館は旭川市の染織作家の木内綾が始めた染織工芸品!
一作品に200から300色もの色を使い高い技術で北海道の美しい自然を独創的な方法で表現。
世界的にも高い評価を得ています

優佳良織工芸館の基本情報

名称 :優佳良織工芸館
所在地::北海道旭川市南が丘3丁目1-1
営業時間:9:00~17:00
休館日:年末年始
料金:大人450円、大学生250円、高校生250円、中学生200円、小学生200円

http://www.yukaraori.com/

17.北海道立旭川美術館


http://img-cdn.jg.jugem.jp/928/1485496/20091116_1157609.jpg

北海道立旭川美術館は旭川の中心、常磐公園の中にあります。


http://livedoor.blogimg.jp/oomati238/imgs/0/7/072a999e.jpg

旭川地域の芸術品から国内外の芸術品まで優秀な作品を展示する道北地区の芸術の拠点。
特に森林資源の豊かな地域にあることで、木の造形作品を入れ替わりで展示しています。

北海道立旭川美術館の基本情報

名称:北海道立旭川美術館
住所:旭川市常磐公園内
電話番号:0166-25-2577
定休日:月曜
営業時間:9:30~17:00:
駐車場:公園駐車場有
料金:第1展示室観覧料企画によって異なる
第2展示室観覧料:一般170円、高大生100円、小中生無料

http://www.dokyoi.pref.hokkaido.lg.jp/hk/abj/top.htm

18.上野ファーム

北海道にあった植物を栽培


http://blog-imgs-70.fc2.com/a/k/k/akkamui212/20140627113100ec8s.jpg

上野ファームは北海度の気候や風土に合った植物を栽培!
四季折々の花を中心とした庭園作りをしています。
美しい花が咲き涼やかな風が頬をなぜる癒される空間があります。


http://blogimg.goo.ne.jp/user_image/23/b9/e4e6f9df3a68fa601ac94b3fe243168d.jpg

ガーデンには地元の海の幸山の幸を生かした食事やデザート楽しみ!
苗やギフトを購入できるショップもあります。

上野ファームの基本情報

・名称:上野ファーム
・住所:北海道旭川市永山16丁目186番
・電話番号:0166-47-8741
・営業時間:4月27日~10月8日 10:00~17:00
・休業日: 月曜日
・アクセス:桜岡駅出口から徒歩約14分

http://www.uenofarm.net/index.php

19.嵐山からの眺望


http://blogimg.goo.ne.jp/user_image/08/74/9dafd6fd48b367af190837e52495407c.jpg

嵐山展望台は標高253m!
ここからは大雪山の山々を望み、旭川市内を見下ろす一大パノラマが展開します。


http://blog-imgs-78.fc2.com/a/s/a/asahikawa1988/DSC_9108.jpg

夜は旭川市内のネオンが輝き幻想的!
初めて見た人はその美しさにしばし呆然として立ち尽くすことでしょう。
デートスポットとしてはおススメのところです。

嵐山展望台の基本情報

・名称:嵐山展望台
・住所:北海道旭川市江丹別町嵐山
・電話番号:0166-25-7168
・営業時間:入場自由
・休業日:なし
・料金:無料
・駐車場:10台(無料)
・アクセス:JR旭川駅からタクシーで約25分

http://www.asahikawa-park.or.jp/park/special/arashiyama.html

20.パッチワークの路

雄大な癒される風景


https://farm6.staticflickr.com/5803/21797686812_898904eff9_b.jpg

美瑛は北海道らしいゆったりとした風景が魅力的!


http://15.pro.tok2.com/~satoubin/002-IMG_9234.jpg

大雪山連峰を背景に区分けされた色とりどりの畑が広がります。


http://image.photohito.k-img.com/uploads/photo2/user1088/76df575faf716228914c475f29fe2a9a/76df575faf716228914c475f29fe2a9a_m.jpg

ここにはCMでもよくつかわれるところ、ケンとメリーの木やマイルドセブンの丘が有名です。

パッチワークの路の基本情報

パッチワークの路の基本情報
・名称: パッチワークの路
・住所: 北海道美瑛町北瑛
・アクセス:道央自動車道鷹栖ICから約30km。
・定休日:なし
・電話番号: 0166-92-4445

http://www.biei-hokkaido.jp/

まとめ

旭川は北海道のほぼ真ん中!
交通の要衝にあって、北・東・南どの方面に行くにしても北海道らしい雄大な自然が広がります。
春になると一斉に花が開き、夏はハイキング、秋は紅葉、冬はパウダースノーを満喫できます。
旭川を観光するなら、ゆったりと時間を取って楽しみたいものですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Findyの最新情報をお届けします