新生活を迎えるあなたへ!冷蔵庫を選びの6つのポイントを紹介します♪

”冷蔵庫の選び方”と聞いてもあんまりパッと「こうだ!」って分かる人は少ないと思います。 毎日使うであろう冷蔵庫。でも、いざ「買おう!」となってお店へいってもネットで検索しても大きさやメーカーだけでもすごい種類。そんなあなたに冷蔵庫の選び方をまとめてみました!新しく購入する方、買い替えを検討している方のお役にたてたらうれしいです!

まずは大きさ!必要な容量を確認しよう

70L×人数+100L+70~100L

2bbd2342-ba5b-418e-bfe7-4f621d1d22a6
http://www.article-shop.com/000htaccess/index.html

冷蔵庫を買うためにまずは容量をチェック!冷蔵庫の一人分の容量は70Lが一般的なようです。人数分の容量に常備用として100L、予備用として70Lから100Lをたすと必要な冷蔵庫の容量が分かります。つまり70L×人数+100L(常備用)+70~100L(予備用)となるのです。予備用については一般的に70Lですが飲み物を沢山ひやすご家庭が近年増えているため70~100Lと考えるのがよいかと思います。

冷蔵庫の大きさは大まかに4種類

2be8c36e-2b97-4027-b35e-ac9b983a1dbb
http://www.biccamera.com/bc/c/kaden/refrigerate/index.jsp

冷蔵庫の大きさは次の4種類に分類されます。
 ・超大型  600L超え
 ・大型   400~500L
 ・中型   200~300L
 ・小型   200L以下 
さきほどの必要な容量を参考にして考えてみるとわかりやすいですね。

サイズはしっかりと確認


http://tcsimg.com/graphics/artno/64/256×256/gif/16-590.gif

冷蔵庫を購入するとき必ずサイズを確認し、設置場所・搬入経路を確保しましょう。
とくに買いかえる方は要注意です。
元々の冷蔵庫より大きい冷蔵庫にかえるときは搬入経路を改めて見直しましょう。
いざ運び入れる時に搬入できないとなったら大変ですからね。冷蔵庫の最大寸法より10cm広ければ搬入できます。
設置場所を確保しづらいときには1㎝程度の隙間で設置可能な冷蔵庫もあるのでカタログで確認してみましょう。

扉の形状はどんなものがあるの?

1 2 3 4 5 6 7 8