【奈良】こんな桜の名所があったんだ!いつもとちょっと違うお花見にでかけよう♪

古都奈良には歴史を感じる多くの寺院があり、桜の名所も数多くあります。 そんな古都の桜はもちろん、他にも奈良にはいろいろな桜を楽しめるお花見スポットがあるんですよ。 今回は、そんな「奈良だから楽しめるお花見の名所」をバリエーション豊かにご紹介します!

1.奈良の絶景桜の名所です!春の野山で花見のフルコースを 「吉野山」


http://www.yoshinoyama-sakura.jp/img/sakura02.jpg

「朝ぼらけ 有明の月と見るまでに 吉野の里にふれる白雪」
百人一首で歌われている吉野山の冬景色を詠ったものですが、山々が桜におおわれる春もまた、雪景色に薄紅色の絵の具をさしたような美しさを堪能できるんです。
山をおおう無数の桜は谷を流れ、町まで広がっています。
吉野山にはさまざまな桜の名所があり、見る場所によって全く違った美しさのバリエーションを見せてくれるんですよ。
上千本では、まるで大きな雲のような桜が空に枝を広げる「雲居の桜」が見られます。
また、急勾配の斜面を視界の隅々まで桜がおおう「滝桜」も名所のひとつ。
その桜が、布を引くように谷へと続く様は「布引の桜」と言われています。
花矢倉(はなやぐら)獅子尾坂を登れば展望台があり、見渡すかぎりの吉野桜を堪能できると人気です。
奈良でお花見に行くなら絶対に外せない桜の名所の宝庫ですよ。
桜の樹齢は長く、どの桜にも歴史を感じることができます。
シロヤマ桜を中心に枝垂れ桜なども多く点在し、濃淡さまざまな桜のピンクが重なりあう美しい山並みは、浮世のような幻想的な世界をつくりだしています。
夜間にライトアップをしているところも多く、昼から夜まで十分に楽しめる花見の名所です。
夜桜巡りをしながら、春の夜風を感じるのも素敵ですよ。
奈良で花見をするなら、吉野山は絶対に行って欲しい桜の名所です。


Uhttp://www.town.yoshino.nara.jp/kanko-event/assets_c/2013/08/24_hanayagura-thumb-640×504-1534.jpg

「吉野山」の情報

アクセス
●電車の場合
・京都より
近鉄特急にて約1時間40分(橿原神宮前乗り換え)

・大阪より
近鉄特急にて約1時間15分(大阪阿部野橋より直通)

・名古屋より
近鉄特急にて約2時間55分(大和八木・橿原神宮前乗り換え)

●車の場合
・大阪方面よりお越しの場合
※葛城ICを出てから吉野山まで
【1】インター出口からすぐに下りずに、大和高田バイパスの終点までお越し下さい。
( 終点で自然に降りられます)
【2】大和高田バイパス終点にて「小房」交差点を右折。
【3】約13kmほどで「土田」交差点(T字路)に突き当たりますので左折。
(吉野川沿いに走ってください)
【4】その後「吉野大橋北詰」を右折。
(緑色の吉野大橋を渡っていただくと吉野町へお越し頂けます)

・名古屋方面よりお越しの場合
※針ICを出てから吉野山まで
【1】369号線を吉野方面へ左折。
【2】榛原で370号線になります。
【3】途中、「津風呂湖」方面へ入る道を右折。
【4】津風呂湖を過ぎ、「津風呂湖入口」交差点を右折して169号線へ入る。
【5】吉野川沿いに走り、「吉野大橋北詰」を左折。
(緑色の吉野大橋を渡っていただくと吉野町へお越し頂けます)

住所:奈良県吉野郡吉野町 吉野山
電話番号:0746-32-1007

http://www.yoshinoyama-sakura.jp/sakura.php

2.お花見しながら上がる長い登廊に古都の風情を感じて 「総本山長谷寺」


http://www.tabi.photo/album/album_body/album_201_250/album_222/img_19.jpg

奈良の花見スポットは数知れずありますが、総本山長谷寺は、古都奈良の文化の香りを感じられる桜の名所です。
長く続く上りの長谷寺の登廊(のぼりろう)の瓦屋根。
墨絵のような味わいのあるその景色に、光を受ける桜が彩りを添え、古来から日本人が愛してきた美しさを見ることができます。
この登廊の中から見える桜はまた趣きがあって美しいですよ。

1 2 3 4 5 6 7