ec5f5ca4-fb4e-4c6c-a79d-831014ff7519

小倉の城下町を観光するなココ!おすすめ名所を一気にご紹介♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今回は、小倉の歴史的な場所やグルメをご紹介しちゃいます。 福岡県の小倉は、北九州市の中の一つの都市です。 様々な文化やグルメ、観光スポットが存在している他にも、有名な文豪を数々輩出している土地でもあります。 小倉の観光名所やおすすめスポットをこの機会にぜひチェックしてみてくださいね!

小倉といえばココ!「小倉城」

http://www.kokura-castle.jp/about/index/hp.jpg

最初にご紹介するのは、「小倉城」です。

小倉城は、細川忠興によって創建されたお城で、江戸時代に入ってからは小笠原家の居城となりました。
そんな小倉城ですが、実は1959年に復元されたものです。
元々のお城は、江戸時代末期の長州討伐のおりに、長州藩からの反撃を受けた小笠原氏が自らの手で火をつけて焼失したといわれています。
敵の手にかかるなら自らの手で…という侍の魂の気高さを物語るエピソードですね。

現在の小倉城は四季折々の自然を楽しめる市民の憩いの場となっていますよ。

小倉城の詳細情報

■場所:福岡県北九州市 小倉北区城内2−1
■TEL:093-561-1210
■見学時間:4月〜10月9:00〜18:00/11月〜3月9:00〜17:00(入館は30分前まで)
■休業日:年中無休
■料金:一般350円/中学生・高校生200円/小学生100円

http://www.kokura-castle.jp/

ファンが多く訪れる「松本清張記念館」

http://www.geocities.jp/joysunny/kitakyusyuphoto/matumotoseityo/PICT3759.jpg

次にご紹介するのは、「松本清張記念館」です。

『点と線』や『黒革の手帳』、『砂の器』など、数々の作品を残し、現在も映像化される作品を生んだ作家・松本清張の死後、郷里である小倉に松本清張の業績と生涯を追うことができる文学館です。

遺族から寄贈を受けて、松本清張亡くなるまで使用していた東京都杉並区高井戸にある自宅の外観や書斎、書庫、応接間などを再現した展示は一番の目玉です。
ぜひ、松本清張がどんな場所で作品を生み出していたのか一度ご覧になってはいかがでしょうか?

北九州市立松本清張記念館の詳細情報

■場所:福岡県北九州市小倉北区城内2番3号
■TEL:093-582-2761
■開館時間:9:30~18:00(最終入館は17:30)
■休館日:年末(12/29~12/31)
■料金:一般500円/中・高生300円/小学生200円

http://www.kid.ne.jp/seicho/html/index.html

漫画好きにはたまらない「北九州市漫画ミュージアム」

http://www.gururich-kitaq.com/kitaq_apps/app/webroot/files/uploads/150827tech0033.jpg

次にご紹介するのは、「北九州市漫画ミュージアム」です。

数々の漫画家を輩出している北九州市に誕生したサブカルミュージアムです。
地元にゆかりのある漫画家たちの作品展示はもちろん、漫画の歴史を解説している「漫画タイムトンネル」もありますよ。

しかも、館内の閲覧コーナーでは約5万冊の漫画を読むことができマス。
漫画に詳しくなくても、「漫画ソムリエ」がおすすめの作品を紹介してくれますよ☆

北九州市漫画ミュージアムの詳細情報

■場所:北九州市小倉北区浅野2-14-5あるあるCity5階・6階
■TEL:093-512-5077
■開館時間:11:00~19:00(夏休みは20:00まで)※入館は閉館の30分前まで
■閉館日:火曜日(休日の場合はその翌日)、年末年始、館内整理日(夏休み等は無休)
■料金:一般400円/中高生200円/小学生100円/小学生未満無料

アーケード発祥の商店街「魚町銀天街」

http://www.gururich-kitaq.com/kitaq_apps/app/webroot/files/uploads/up_263_name__large.jpg

次にご紹介するのは、「魚町銀天街」です。

現在は、全国の商店街にアーケードがついていますが、その発症が小倉にある魚町銀天街です。
「雨が降らない町をつくりたい」という思いから生まれたアーケード商店街です。
グルメや雑貨、老舗のスイーツ屋さんや北九州名物焼きうどんのお店などのお店が立ち並びます。

どこか懐かしいアーケード街をぶらりと散策してみませんか?

魚町銀天街の詳細情報

■場所:北九州市小倉北区魚町2〜3
■TEL:093-521-6801
■営業時間:店舗によって異なる
■休業日:店舗によって異なる

http://www.uomachi.or.jp/

「舞姫」や「山椒大夫」を生んだ文豪が生活した場所「森鴎外旧居」

http://www.kitakyushu-city.com/kitaku/ougaikyukyo.jpg

次にご紹介するのは、森鴎外旧居です。

森鴎外が小倉に陸軍第十二師団軍医部長として赴任した際に明治36年の6月から約1年半の間過ごした場所です。
当時の居間や台所、書斎などの生活風景を再現されています。
森鴎外は、この旧居にてアンデルセンの『即興詩人』の翻訳を完成させ、『我をして九州の富人たらしめば』『鴎外漁史とは誰ぞ』などを執筆しました。
その後、帰郷してからはこの旧居を舞台とした小説『鶏』を執筆しています。

森鴎外旧居跡の詳細情報

■場所:福岡県北九州市小倉北区鍛冶町1-7-2
■TEL:093-531-1604
■開館時間:10:00~16:30
■休館日:月曜日・祝日
■料金:無料

http://www.city.kitakyushu.lg.jp/kokurakita/file_0096.html

ノスタルジックでどこか懐かしい「旦過市場」

http://www.gururich-kitaq.com/kitaq_apps/app/webroot/files/uploads/_MG_7251__large.jpg

次にご紹介するのは、「旦過市場」です。

昭和30年代を彷彿させるどこか懐かしい雰囲気の旦過市場。
地元産の海産物や野菜、手作り惣菜が所狭しとならんでおり、目移りしてしまいます。
なかでも、北九州市の名物であるイワシやサバの「ぬかみそ炊き」はチェックしておきたい1品です。
ぜひ、市場のアットホームな雰囲気の中で買い物してみませんか?

旦過市場の詳細情報

■場所:北九州市小倉北区魚町4-2-18
■TEL:093-521-4140(旦過市場事務所)

「舞姫」や「山椒大夫」を生んだ文豪が生活した場所「森鴎外旧居」

出典:www.kitakyushu-city.com

次にご紹介するのは、森鴎外旧居です。

森鴎外が小倉に陸軍第十二師団軍医部長として赴任した際に明治36年の6月から約1年半の間過ごした場所です。
当時の居間や台所、書斎などの生活風景を再現されています。
森鴎外は、この旧居にてアンデルセンの『即興詩人』の翻訳を完成させ、『我をして九州の富人たらしめば』『鴎外漁史とは誰ぞ』などを執筆しました。
その後、帰郷してからはこの旧居を舞台とした小説『鶏』を執筆しています。
森鴎外旧居跡の詳細情報

■場所:福岡県北九州市小倉北区鍛冶町1-7-2
■TEL:093-531-1604
■開館時間:10:00~16:30
■休館日:月曜日・祝日
■料金:無料

ノスタルジックでどこか懐かしい「旦過市場」

http://www.gururich-kitaq.com/kitaq_apps/app/webroot/files/uploads/_MG_7251__large.jpg

次にご紹介するのは、「旦過市場」です。

昭和30年代を彷彿させるどこか懐かしい雰囲気の旦過市場。
地元産の海産物や野菜、手作り惣菜が所狭しとならんでおり、目移りしてしまいます。
なかでも、北九州市の名物であるイワシやサバの「ぬかみそ炊き」はチェックしておきたい1品です。
ぜひ、市場のアットホームな雰囲気の中で買い物してみませんか?

旦過市場の詳細情報

■場所:北九州市小倉北区魚町4-2-18
■TEL:093-521-4140(旦過市場事務所)

http://www.tangaichiba.jp/

ごはん片手に市場散策「大學堂」の大學丼

https://scontent.cdninstagram.com/t51.2885-15/s320x320/e15/11377483_427836977402747_152366072_n.jpg?ig_cache_key=MTAxOTU2OTc1NDY1NjgzNjAyMw%3D%3D.2

次にご紹介するのは、「大學堂」です。

大學堂は、「旦過市場」の丁度真ん中にある食堂です。
日替わりで地元の大学生がオーナーとして経営しており、オーナーによって様々なイベントが行われています。

そんな大學堂おすすめのメニューが「大學丼」です。
まず、大學堂でどんぶりに入ったご飯を購入し、あとはどんぶり片手に市場を歩いて自分好みのどんぶりを作って、大學堂に戻って、オリジナル大學丼に舌鼓を打ちましょう。

どんぶりの大きさは選ぶことができますよ。
ぜひ、豪快な大學丼を一度ご賞味あれ!
大學堂の詳細情報

■場所:福岡県北九州市小倉北区魚町4-4-20 旦過市場
■TEL:080-6458-1184
■営業時間:10:00~17:00
■定休日:水曜、日曜、祝日

http://www.daigakudo.net/index.html

小倉にあるノンアルコールの屋台街

http://www.jalan.net/jalan/img/4/spot/0154/KL/guide000000154134_2.jpg

次にご紹介するのは、小倉の屋台街です。

旦過市場の北西にある屋台街です。
ここの屋台街の一番の特徴はノンアルコールだということ。
下戸の方にはうれしい屋台ですよね。
ラーメンやおでんなどの屋台の定番が並んでいます。

ちなみに、ここではアルコールの代わりに「おはぎ」がでるんだとか。
ぜひ、小倉の屋台にも足をのばしてみませんか?

旦過市場近くの屋台の詳細情報

■場所:福岡県北九州市小倉北区たいこ広場
■営業時間:20時~翌4時頃
■定休日:月日 ※悪天候の場合は店舗により異なる

http://www.jalan.net/gourmet/grm_guide000000154134/?screenId=OUW3701

本場のモツ鍋が食べたいならココ!「こらぁ源」

http://s3-media2.fl.yelpcdn.com/bphoto/3QiD_yVUiS6N8mUbiqlz-Q/o.jpg

次にご紹介するのは、「こらぁ源」です。

福岡で鍋といえば、水炊きとならんで人気なのがモツ鍋です。
こらぁ源のモツなべは、4種類のスープからモツ鍋を食べることができます。
塩、しょうゆ、味噌、トマトの種類がありますので、ちょっといつもと変わったモツ鍋が食べたい方にもお勧めです。

こらぁ源の詳細情報

■場所:福岡県北九州市小倉北区京町3-11-17 大黒寿司ビル1F
■TEL:093-531-7755
■営業時間:17:00~24:00
■定休日:無休

http://tabelog.com/fukuoka/A4004/A400401/40002742/

九州といえば鶏!焼き鳥のおすすめ「好起」

http://livedoor.blogimg.jp/ookamisyouten/imgs/b/d/bd07a2fc.jpg

次にご紹介するのは、「好起(よしき)」です。

九州といえば、鶏が全般的に美味しいのですが、そんな鶏が食べれるお店が好起です。
人気店というのは納得のお店です。
焼きとりはとってもジューシーで、一串の具がとっても大きく、食べごたえがあります。
ほかにも鶏のたたきやずり刺し、季節限定の料理もありますよ。

好起の詳細情報

■場所:福岡県北九州市小倉北区京町3-6-11 1F
■TEL:093-521-3228
■営業時間:16:00~23:30
■定休日:日曜※3連休の時は営業

http://tabelog.com/fukuoka/A4004/A400401/40000900/

50年以上続く天ぷら定食屋さん「ふじしま」

http://f.st-hatena.com/images/fotolife/r/rikueri/20121021/20121021122313.jpg

次にご紹介するのは、「ふじしま」です。

50年以上続く老舗の天ぷら定食屋さんす。
なんて言っても、コスパがものすごいいです。
天ぷら5品がついた定食で550円は嬉しいお値段ですよね。

ちなみに、揚げたての天ぷらはもちろん美味しいんですが、定食についてくる味噌汁のとりこになる方もいるんだとか。
ぜひ、小倉をおとずれたら安くて美味しい天ぷらはいかがでしょうか?

ふじしまの詳細情報

■場所:福岡県北九州市小倉北区京町2丁目1-15 三徳ビル地下
■TEL:093-531-5695
■営業時間:10:00~19:30(L.O.19:20)
■定休日:木曜

http://tabelog.com/fukuoka/A4004/A400401/40002696/

レトロな街並みの中にある昔ながらの豚骨ラーメン「一平ラーメン」

http://blog-imgs-36.fc2.com/y/o/n/yonocafe/P1100740.jpg

次にご紹介するのは、「一平ラーメン」です。

福岡といえば、やっぱり豚骨ラーメンですよね。
一平のラーメンは、豚骨ラーメンでありながらも、さっぱりとした味わいのスープで、コクを感じることができます。
店内には塩分控えめで作っているとの注意書きがあるので注意しておきましょう。

面は中細のストレートでやや柔らかめで、スープと絡んで美味しくいただけます。

一平の詳細情報

■場所:福岡県北九州市小倉北区京町2-6-2
■TEL:093-521-4543
■営業時間:10:00~23:30
■定休日:火曜日

http://tabelog.com/fukuoka/A4004/A400401/40001703/

小倉っこからあいされているサンドイッチ「Sandwich Factory OCM」

http://i0.wp.com/katsulog.net/wp/wp-content/uploads/2015/06/OCM%E3%80%80%E3%83%81%E3%82%AD%E3%83%B3%E3%80%81%E3%83%8F%E3%83%B3%E3%83%90%E3%83%BC%E3%82%B0.jpg

次にご紹介するのは、「Sandwich Factory OCM」です。

30年以上続くサンドイッチの専門店。
自分で好きなサンドイッチの具材を選ぶことができて、ボリューム満点です。
おかず系からデザート系まで自分のオーダーで作ってもらえるのもうれしいポイントです。

そして、サンドイッチとともに人気なのが、フロートです。
ぜひ、一緒にオーダーしてみては?

Sandwich Factory OCMの詳細情報

■場所: 福岡県北九州市小倉北区船場町3-6 近藤別館 2F
■TEL:093-522-5973
■営業時間:10:00~20:30(L.O.20:00)
■定休日:なし

http://tabelog.com/fukuoka/A4004/A400401/40000769/

小倉駅からアクセスのよいホテル「リガーロイヤルホテル小倉」

http://cdn.jalan.jp/jalan/images/pict3L/Y4/Y333234/Y333234496.jpg

次にご紹介するのは、「リガーロイヤルホテル小倉」です。

小倉駅から徒歩3分の場所にあり、小倉の観光スポットにもアクセス抜群です。
客室は全室30平米以上あり、ゆったりとした部屋の作りになっています。
また、インテリアに小倉で江戸時代から愛されている伝統ある織物「小倉織」を使用しており、落ち着いた雰囲気のお部屋となっています。

食事は、ホテル内に7つのレストランが併設しているので、自分の好みの料理を食べることができるのも嬉しいポイントです。

リガーロイヤルホテル小倉の詳細情報

■場所:北九州市小倉北区浅野2-14-2
■TEL:093-531-1121
■チェックイン/チェックアウト:15:00~/~11:00

http://www.rihga.co.jp/kokura/index.html

ホスピタリティー抜群のホテル「ホテルアルモニーサンク」

http://cdn.jalan.jp/jalan/images/pict3L/Y2/Y359992/Y359992120.jpg

最後にご紹介するのは、「ホテルアルモニーサンク」です。

観光地にアクセスしやすい場所にあるホテルです。
地域で長年親しまれてきた旧九州厚生年金の一部を改装してオープンしたホテルです。
地域に根差したホテルで、抜群のホスピタリティーのホテルです。

客室は、4タイプの洋室と和室の5種類のお部屋からシーンや人数、予算に応じて部屋を決めることができます。
食事は、館内にフレンチを楽しむことができるレストランとニューヨークスタイルのオープンカフェがあるので、チェックインしてからのティータイムの時間や、充実したディナータイムを過ごすことができますよ。

ホテルアルモニーサンクの詳細情報

■場所:福岡県北九州市小倉北区大手町12-3
■TEL:093-592-5401
■チェックイン/チェックアウト:15:00~/~11:00

http://harmonie-hotel.jp/fukuoka/

観光もグルメも盛りだくさんの小倉

http://www.kokura-castle.jp/location/culture/14.jpg

小倉は、もともと小倉市出会った場所が合併して北九州市となりました。
そのため、小倉エリアだけでもボリュームのある観光地です。
小倉は現在、サブカル面に力をいれた観光スポットも増えていますので、気になる方は一度訪れてみてはいかがでしょうか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Findyの最新情報をお届けします