高倉健の主演映画・厳選12作!任侠映画のヤクザ役から世界で活躍する国際派へ!

2014年11月10日に83歳で亡くなった日本を代表する映画俳優・高倉健。1955年に東映ニューフェイスで映画界入りしてから60年近くも日本映画界で活躍した映画スターでした。その演技に対する真摯な姿と信念から、たくさんの俳優から尊敬を受けてきた高倉健の代表作を年代別に厳選して12作まとめました。任侠映画のヤクザ役で大ブレークし、ハリウッドや中国映画界でも活躍するようになった軌跡を追ってみましょう!

①日本侠客伝(1964)


日本侠客伝 [DVD]
高倉健, 三田佳子, 藤純子, 松方弘樹, 中村錦之助
TOEI COMPANY,LTD.(TOE)(D)

コンプレックスの三白眼がつかんだ思わぬヒット作!東映任侠路線を支えた伝説のシリーズ!

東映ニューフェイス第2期生として東映に入社し、1956年に「電光空手打ち」で主演俳優デビューした高倉健。
実は別のプロダクションのマネージャーとして面接を受けていた喫茶店で、東映のマキノ雅弘に見初められ、不本意ながら俳優という職業についたことは有名な話です。
そのマキノ雅弘が監督し、中村錦之助、松方弘樹、津川雅彦、長門裕之、藤純子といった当時の東映のスターたちと共演し主演を務めた「日本侠客伝」シリーズは、デビュー後なかなか目が出ずヒット作に恵まれなかった高倉健の初の大ヒットシリーズとなりました。
それまで不利に働いていた彼の“三白眼”が、耐え忍び最後に一人殴り込みをかけるヤクザ役にぴったりで、コンプレックスを克服し「本物の男の中の男」と崇められるほどの人気を獲得することになりました!
昭和40年代に入り、高度成長期の日本を支えてきた庶民の不満が爆発した時代に、突如現れた「ヒーロー」に、誰もが夢中になったのもうなずけます。

②網走番外地(1965)


網走番外地 [DVD]
高倉健, 丹波哲郎, 南原宏治, 嵐寛寿郎
東映ビデオ

18作にも及んだ大ヒットシリーズ!“網走刑務所”を有名にした脱獄ものの元祖!

二年半のうちに10本もの作品を制作した人気シリーズで、初期の高倉健を代表するこの脱獄映画は、「日本侠客伝」シリーズのヒットから続けてさらに彼をスターダムに押し上げました。
監督・脚本は石井輝男、共演は丹波哲郎、南原宏治、嵐寛寿郎、田中邦衛で、その他にも個性的な刑務所の面々が登場する、北海道の網走刑務所を舞台とした作品です。
長い俳優人生の中で何度も北海道ロケを経験してきた高倉健ですが、この作品での大雪原の逃走劇は忘れがたい体験だったようです。
当時映画産業はまだ花形産業として君臨し、年間500本もの映画が製作されていましたが、このシリーズも1967年に10作で終了した後に「新・網走番外地」シリーズとして8本も制作され、18作にもなる長期シリーズとなりました。

③昭和残侠伝 唐獅子牡丹(1966)


昭和残侠伝 唐獅子牡丹 [DVD]
高倉健, 三田佳子, 津川雅彦, 池部良
TOEI COMPANY,LTD.(TOE)(D)

1 2 3 4 5