OLYMPUS DIGITAL CAMERA

琵琶湖の畔に佇む彦根!歴史好きの人には外せない観光スポット15選

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

彦根というと思い浮かべるのが、日本で最も大きな琵琶湖。この街は琵琶湖の畔に位置し、関西と東海、北陸を結ぶ交通の要衝でもあり賑わいを見せました。戦国時代には織田信長や浅井長政が戦い、石田三成が佐和山城を築いた歴史ロマンあふれるところで、国宝彦根城をはじめ歴史好きの人には外せないスポットがいっぱい。近年はご当地ゆるキャラの「ひこにゃん」が大人気!楽しいスポットも目白押しの彦根観光に出かけてみませんか♪

1.彦根城


http://ogotoonsen.sakura.ne.jp/wpadm/wp-content/uploads/2014/07/6b1670dc9b8a3a40498b905ab3e9f7a1.jpg

彦根城は別名金亀城と言い、かっては譜代大名井伊家の居城!
白亜の三層からなる天守閣は気品のある姿、琵琶湖湖畔の彦根山に凛とした姿で建っています。
この城は姫路城や松本城、犬山城とともに国宝に指定される名城!
家康の命により着工約20年の年月をかけて完成しました。


http://www.360navi.com/28shiga/03hikone/02castle/photo08.jpg

多少きつい登り坂と急こう配の階段を上り天守閣に着きます。

天守閣からの眺望


http://livedoor.blogimg.jp/origuchi06/imgs/6/4/64b412f3.jpg

登りつめれば爽快!疲れもすっ飛ぶでしょう。
眼下に琵琶湖、比良山、伊吹山を望む見事な眺望が広がります。


https://iemo.cdn-dena.com/uploads/photos/746494/20160307182215.jpg?w=654&t=r

春の桜、初夏の新緑、秋の紅葉、冬の雪景色と城の素晴らしいコラボレーション。
城内には約1200本の桜があり、満開になると息をのむほどの景観!
夜になると彦根城と桜がライトアップされ幻想的な姿が映し出されます。

お堀巡り


http://www.360navi.com/28shiga/03hikone/09ship/photo22.jpg

彦根城をじっくりと見るには舟によるお堀巡りが最適!
江戸時代の屋形舟でゆったりとお堀巡りをすれば、至福の時が過ぎてゆくでしょう。

彦根城の基本情報

・名称:彦根城
・住所:彦根市金亀町1-1
・電話番号:0749-22-2742
・営業時間: 8:30から17:00.
・定休日:無休
・料金:大人600円、小人200円
・アクセス:JR琵琶湖線 「彦根駅」 下車 徒歩 15分
・駐車場:普通車 280 台

http://www.hikoneshi.com/jp/castle/

2.琵琶湖竹生島クルーズ


http://imgcache.its-mo.com/contents/KNK_ZPOI/00000000000001982630/001982630-1/001982630-1_m.jpg

竹生島は琵琶湖に浮かぶ島、一周わずか2kmほどの広さですが琵琶湖八景にも選ばれています。
彦根港から定期観光船に載って40分ほどで訪れることができます。
神秘的な雰囲気に包まれ、パワースポットとして知られています。

竹生島は琵琶湖に浮かぶ島、一周わずか2kmほどの広さですが琵琶湖八景にも選ばれています。
神秘的な雰囲気に包まれ、パワースポットとして有名なところ。
彦根港から定期観光船に乗って40分ほどで訪れることができます。

竹生島


http://livedoor.blogimg.jp/tnkn/imgs/a/1/a16bef3b.JPG

竹生島には西国三十三所札所めぐりの宝厳寺があって、古来より深い信仰を集めてきました。
国宝の宝厳寺唐門や都久夫須麻神社本殿は国宝に、宝厳寺船廊下は重要文化財に指定されています。

竹生島大弁才天


http://hougonji.chicappa.jp/wp-content/uploads/2008/09/photo01.jpg

宝厳寺には日本三大弁天のひとつ竹生島大弁才天が祀られています。

琵琶湖竹生島クルーズの基本情報

・名称:琵琶湖竹生島クルーズ
・住所: 滋賀県彦根市松原町3755
・電話:0749-22-0619
・料金:大人 3300円、小人 1650円往復
※竹生島では、大人400円、子供300円、入島料が別途必要
・営業時間: 09:30-16:30
・駐車場:無料
・アクセス:JR東海道本線彦根駅より無料シャトルバスで約10分

http://www.biwako-visitors.jp/spot/detail/3284

3.玄宮園


https://www.be-en.co.jp/upload/save_image/S72-521.jpg

玄宮園は1684年に完成した池泉回遊式庭園で、かっての彦根藩の下屋敷でした。
1951年に国の名勝に指定されています。


http://image.photohito.k-img.com/uploads/photo42/user41435/4/2/425f66d838cb354fcc9e9f9e70cbd090/425f66d838cb354fcc9e9f9e70cbd090_l.jpg

どのシーズンに訪れてもその美しさに感動しますが、特に紅葉は見事!
真っ赤なモミジが水面に染まり、訪れた人はその華やかさに感嘆の声を上げることでしょう。
紅葉シーズンの夜はライトアップされ、幻想的な雰囲気となります。

楽々園


http://shiro.travel.coocan.jp/06kinki/hikone/rakurakuen/01.jpg

隣接する楽々園(欅御殿)は江戸時代の後半の数寄屋が保存されています。
玄宮園と共に玄宮楽々園として国の名勝に指定されています。

彦根城玄宮園の基本情報

・名称: 彦根城玄宮園
・住所: 滋賀県彦根市金亀町3
・電話番号: 0749-22-2742
・開園時間: 8:30〜17:00
・定休日:年中無休
・料金:大人200円、小人100円
・アクセス: JR彦根駅から徒歩約10分

http://www.hikoneshi.com/jp/castle/

4. 大師寺


http://smile.hikoneshi.com/media/ambassador/nekobou6_thumb.jpg


http://userdisk.webry.biglobe.ne.jp/013/529/32/N000/000/036/134733932067813132121.JPG

大師寺は彦根駅から4、5分のところにある寝弘法さんのお寺として知られるところ。
小さなお寺ですが、立派な等身大のブロンズ製の弘法大師が横たわります。
頭中には京都の東寺より分けていただいたお釈迦様の遺骨が奉納されていると言われています。
頭や体を撫で祈ると願い事がかなうといわれています。
パワースポットとして参拝する人も増え、願い事がある人はお祈りをしてみましょう!

大師寺の基本情報

・施設名:大師寺
・住所:滋賀県彦根市佐和町7-19
・電話:0749-22-7304
・参拝時間:9時~17時
・休日:なし
・アクセス: JR琵琶湖線・彦根駅より徒歩5分

http://www.daishiji.or.jp/

5.彦根城博物館


http://userdisk.webry.biglobe.ne.jp/014/592/27/N000/000/000/CIMG7458.JPG

彦根城博物館は1987年に彦根城の表御殿跡地に作られたもの。
井伊家に伝えられた4万5千点もの美術品、工芸品、古文書などが収納されています。


http://img.yaplog.jp/img/17/pc/n/a/o/naotaka8787/10/10318_large.jpg

有名な「井伊家の赤備え」、朱塗りの甲冑の展示が大人気。
井伊家に伝わる20領を超える甲冑が収納されています。


http://kinki-toshibi.com/wordpress/wp-content/uploads/2013/03/20081002-01.jpg

この博物館は彦根藩の表御殿にあった能舞台や藩主の御座の間、茶室も復元されています。

彦根城博物館の基本情報

・名称:彦根城博物館
・住所:滋賀県彦根市金亀町1-1
・電話番号:0749-22-6100
・開館時間:8:30〜17:00・休業日:
・定休日:12月25日〜12月31日
・料金:一般 500円 / 小・中学生 250円
・アクセス:JR琵琶湖線彦根駅下車、徒歩 15分

http://hikone-castle-museum.jp/

6.埋木舎


http://pds.exblog.jp/pds/1/200912/13/76/c0196076_2314082.jpg

埋木舎は井伊直弼が若き不遇の頃を過ごした武家屋敷。
17歳から32歳になるまで部屋住みの身として暮らしていました。
彼は自分を埋木にたとえて作った句にちなみ、屋敷を埋木舎としました。
しかし直弼はこの屋敷で文武の修練に努め、幕末の表舞台に立つことになりました。
なお金亀児童公園には井伊直弼の銅像が正四位上左近衛中将の正装で、凛とした姿で立っています。

埋木舎の基本情報

・名称:埋木舎
・住所:彦根市尾末町1-11
・電話番号: 0749-23-5268
・時間:9:00から16:00
・休業日:月曜日、お盆(8/13〜17)、年末年始(12/28〜1/4)
・料金:大人300円、高大生200円、小中生100円
・アクセス:JR琵琶湖線 彦根駅下車し 徒歩 15分

http://www.hikoneshi.com/jp/sightseeing/articles/umoreginoya

7.天寧寺

五百羅漢


http://img.guide.travel.co.jp/article/511/20150615183447/F32CDA8F6DCD4F68ADEC9546208AC481_LL.jpg

天寧寺は彦根城の南東にあって、城下を眺望できる丘の上に立っています。
この寺は彦根藩主井伊直中よって1828年に建立され、200年以上の歴史があります。
11代直中は腰元が不義の子を出産したことを知り手打ちに処しました。
ところが相手が直中の長男であったことがわかり、供養のために五百羅漢像を作らせたと言います。
五百羅漢の中には必ず自分の探している親や子供の顔があるといわれます。
一つ一つ異なる特徴がある顔をじっくり見るのも面白いでしょう。

石州流庭園


http://stat.ameba.jp/user_images/20150903/21/2014douzyouzi708/bc/77/j/o0800060013414894843.jpg

このお寺には井伊直弼も手入れをしたといわれる石州流庭園があります。
井伊直弼の供養塔や桜田門外の変の際の血染めの土や遺品も収められています。
歴史が好きな人にはぜひ訪れてほしいところです。

天寧寺の基本情報

・名称:天寧寺
・住所:滋賀県彦根市里根町232
・アクセス:JR彦根駅から徒歩で15分ほど
・参拝時間:9時~16時30分
・定休日:無休
・電話番号:0749-22-5313
・入山料:400円

http://www.biwako-visitors.jp/spot/detail/561

8.龍潭寺

ふだらくの庭


http://momoyorozu.cocolog-nifty.com/photos/uncategorized/2013/12/01/p1070741s.jpg

龍潭寺は井伊家の菩提寺、初代井伊直政が建立した研修道場!
真っ白な砂を敷き詰め48の石を組んだ方丈南庭は、「ふだらくの庭」として有名で江戸初期の名園です。
真ん中の石は観音菩薩の浄土を表しています。
他に佐和山を借景にした書院東庭、書院北庭、上段庭、方丈南庭の名庭があります。

飄々庵


http://media.hikone-150th.jp/special/naosuke22/upload/1299_photo1.jpg

井伊直弼が埋木舎で暮らしていたころ茶席を設けたといわれる飄々庵。

龍潭寺の基本情報

・名称:龍潭寺
・住所:彦根市古沢町1104
・電話番号:0749-22-2777
・時間:9:00から16:00
・休業日:無休
・料金:大人400円、小中学生150円
・アクセス:JR琵琶湖線 「彦根駅」 下車 徒歩 25分

http://www.hikoneshi.com/jp/sightseeing/articles/ryotanji

9. 佐和山城跡


http://image.space.rakuten.co.jp/lg01/72/0000837272/12/img16cd716fzik0zj.jpeg


http://blogs.c.yimg.jp/res/blog-3e-6c/me468646/folder/1495032/84/63180684/img_0?1278567948

佐和山城は豊臣秀吉の側近、関ケ原の戦いの西軍の大将石田三成の居城としたところ。
龍潭寺山門前の径より、佐和山城跡に行くことができます。
ハイキングコースが整っていて、頂上からは彦根城や琵琶湖を眼下に一大パノラマが広がります。
今は石垣や堀の跡にここに城が建っていたことをうかがわせるのみ!
五層の天守閣が建っていたといわれますが、今は荒廃しまさに兵どもが夢の跡。
歴史好き、石田三成ファンであれば外せないスポットでしょう。

佐和山城跡の基本情報

・名称:佐和山城跡
・住所:滋賀県彦根市古沢町
・電話番号:0749-22-1411
・時間:いつでも可能
・料金:なし
・アクセス:彦根駅から徒歩で60分

http://www.biwako-visitors.jp/spot/detail/889

10.清涼寺

山門


http://img-cdn.jg.jugem.jp/a46/102630/20141222_1099529.jpg

佐和山の麓に位置する清涼寺は戦国時代の城主であった石田三成と島左近の屋敷跡に建設!
江戸時代の藩主であった井伊家の菩提寺でもあります。
山門は「唸り門」と言われ大みそかにはうなる音がするなど怪談が残っています。

客殿(庫裡)


http://img-cdn.jg.jugem.jp/a46/102630/20141222_1099532.jpg

客殿あたりは大きな切妻の屋根で、島左近の屋敷跡ともいわれています。

清涼寺の基本情報

・名称:清涼寺
・住所:滋賀県彦根市古沢町1100
・電話番号:0749-22-2776
・拝観料:無料
・アクセス:JR琵琶湖線彦根駅、湖国バス龍潭寺下車

http://www.homemate-research-tour.com/dtl/00000000000000353172/

11.夢京橋キャッスルロード

de6d5d8b-cbe5-4296-b272-47f3ac751112
hikonedance.net


http://www.360navi.com/28shiga/03hikone/10road/photo04.jpg

夢京橋キャッスルロードは彦根城から続く商店街。
再開発により城下町のイメージを再現!
白壁や黒格子、いぶし瓦の街並みは江戸時代の雰囲気を漂わせています。
歩道には彦根カルタをデザインしたレリーフがあり、和菓子屋やカフェなどが店を構え彦根城へのよき散策路。
街並みは古いようですが新しく、歩くだけでも様々な発見があり、楽しい街歩きができますよ♪

夢京橋キャッスルロードの基本情報

・名称:夢京橋キャッスルロード
・住所: 滋賀県彦根市本町
・電話番号:0749-22-1411
・営業時間:各店舗によって異なる.
・定休日:不定期 各店舗によって異なる
・アクセス:彦根駅から徒歩で

http://yumekyobashi.jp/

12.千々(ちぢ)の松原

20b5fa4f-42e6-4781-ab74-793bc7bb681b
ord.yahoo.co.jp

千々の松原は琵琶湖で一番といわれる海水浴場、関西や名古屋方面から多くの人が訪れます。
ここからからは松原が続き、多景島や竹生島の眺望がキレイ!
夢京橋キャッスルロードや荒神山などとともに、新名所琵琶湖八景に選ばれ、夕陽は見事!
散策路も整備され散歩やジョギングを楽しむ人、釣りを楽しむ人も多くいます。


http://www.jalan.net/jalan/img/9/event/0169/KL/e169810b.jpg

近年はテレビでおなじみの鳥人間コンテストが開かれるところとしても知られています。
直接観覧すればテレビではわからない迫力と熱気を感じることができますヨ♪


http://www.jalan.net/jalan/img/0/event/0170/KL/e170589a.jpg

夏には彦根・北びわ湖大花火大会が開催され琵琶湖の夜空を七色の光で彩ります。
納涼観光船から見れば一層迫力がありますよ。

千々の松原の基本情報

・名称:千々の松原
・住所:滋賀県彦根市松原町
・電話番号:0749-22-1411
・料金:無料
・アクセス:彦根駅からバスで

https://www.city.hikone.shiga.jp/0000002250.html

13.十王村の水


http://www.westatic.com/img/dict/msihk/water/mizu-site/meisui/data/image/5220071204153253/w052m.JPG

十王村の水は「湖東三名水の一つ」に数えられる湧水、日本名水百選にも選ばれています。
この湧水は付近を流れる犬上川の伏流水で、湧水は十王川となって犬上川に合流します。
湧水の周りは石で囲まれ、重要な生活用水とされていました。


http://blog-imgs-42.fc2.com/t/a/k/takimiroku/20130605063314af6.jpg

昔、母乳の出が悪い女性にこの水を飲ませたところ、乳の出が良くなったという伝説があります。
湧水の脇には地蔵堂が祀られ、母乳の神様と言われ人々に愛されています

十王村の水の基本情報

・名称:十王村の水
・住所:滋賀県彦根市西今町
・電話番号:0749-23-0001
・定休日:無休
・アクセス:南彦根駅より徒歩で15分

http://www.hikoneshi.com/jp/

14.旧魚屋町


http://userdisk.webry.biglobe.ne.jp/014/751/90/N000/000/001/124413286962016218848_P1050147.jpg

旧魚屋町は江戸時代には魚屋が集中していたところ。
本町2~3丁目は上魚屋町、城町1丁目は下魚屋町と呼ばれ、40軒ほどの魚屋が軒を連ねていました。
現在も白壁に紅殻格子、通りに井戸が残るその頃を偲ばせる低い街並みがあります。
市指定文化財となっている重厚な雰囲気の家が残っています。


http://userdisk.webry.biglobe.ne.jp/014/751/90/N000/000/001/124428530498816330825_P1050158.jpg

住宅が連結される長屋形式の古い街並み。

旧魚屋町の基本情報

・名称:旧魚屋町
・住所:滋賀県彦根市本町3丁目2
・電話番号:0749-22-1411
・アクセス:JR琵琶湖線彦根駅から近江バス城町下車すぐ

http://www.hikoneshi.com/jp/sightseeing/articles/uoyamachi

15.長寿院(大洞弁財天)


http://butsuzowonderland.com/wp-content/uploads/2015/05/401f2af271d044d665fa598f5de70f72-1400×933.jpg

長寿院は1695年に彦根藩四代藩主井伊直興によって彦根城の北東の鬼門、大洞山の中腹に建てられた寺。
建立の目的は城を守ることと厄除け!
急な石段を登りきったところからの眺望はなかなかの景色。
この寺院には日本3大弁財天とされる弁財天坐像があり、大洞弁財天といわれています。


http://butsuzowonderland.com/wp-content/uploads/2015/05/4660466ce7377074ccec34deb34090cd-1400×933.jpg

欄間に眠り猫などが彫られていることから彦根日光といわれます。

長寿院(大洞弁財天)の基本情報

・名称:長寿院(大洞弁財天)
・住所:彦根市古沢町1139
・電話番号:0749-22-2617
・営業時間: .
・定休日:
・料金:無料
・アクセス:JR琵琶湖線 「彦根駅」 下車 徒歩 30分

http://www.biwako-visitors.jp/spot/detail/556

まとめ

彦根は歴史のふるさとともいうべき街!
戦国時代には浅井長政、石田三成が合戦を繰り広げ、幕末には井伊直弼を輩出した歴史ロマンあふれる街と言えます。
街には宗安寺来迎寺、円常寺、明照寺、済福寺などご紹介できなかった歴史を誇る有名なお寺があります。
またグルメも近江牛や地元の鴨を使用した鴨すきなど、おいしいものがいっぱいあります。
観光の合間にその味覚をぜひ試していただきたいと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Findyの最新情報をお届けします