7f86e142-7fc0-476b-b641-325a9f921002

九州在住ライターがおすすめする福岡県観光スポット30選!グルメからパワースポットまで!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

九州の中心都市でもある福岡県は人気の観光スポットです。 福岡には豊かな自然からグルメまで様々なスポットがあります。 明太子やラーメン、もつ鍋などの絶品グルメも充実している福岡。 今回は、福岡初心者の方やカップルでの観光にもすすめのスポットを九州在住の筆者がご紹介いたします。

「お櫛田さん」の愛称で親しまれている「櫛田神社」

http://blog-imgs-44-origin.fc2.com/d/a/i/daizukan9/IMG_7694.jpg

最初にご紹介するのは、「櫛田神社」です。
博多の中心街にある神社で、夏には博多が賑わう一大イベント「博多祇園山笠」が行われる神社でもあります。

博多駅からもアクセスがよく、地元の人はもちろんのこと、国内外からも人気の観光スポットです。

そんな櫛田神社には、不良長寿の水「霊泉鶴の井戸」という櫛田神社の地下から湧き出る水があります。
「一口目は自分自身、二口目は家族、三口目は親類縁者の不老長寿を念じながら、3口で飲み干すとご利益がある」と言われています。
しかし、この水はエグみと鉄っぽさのある水なので、飲むには相当の覚悟をもってチャレンジください。

櫛田神社の詳細情報

■場所:福岡県福岡市博多区上川端町1-41
■TEL:092-291-2951
■拝観時間:4:00~22:00
■休日:なし

http://www.hakatayamakasa.com/kushida.html

学問の神 菅原道真が祀られている「大宰府天満宮」

http://blogs.c.yimg.jp/res/blog-c8-8a/moony_murmur/folder/40005/11/27923411/img_1?1297840502

次にご紹介するのは「大宰府天満宮」です。

菅原道真公は当時の政権争いによって、あらぬ濡れ衣を着せられて、福岡に左遷させられました。
菅原道真公死後、朝廷が名誉回復のために正一位太政大臣を追贈し、逝去した福岡の地で天満大自在天神として祀られているのが、「大宰府天満宮」です。
学問の神様として有名で、受験生が多く参拝に訪れます。

また、境内には大宰府に左遷された菅原道真公を慕って、一晩で京から空をかけてきたという伝承のある神木「飛梅」や心字池にかかる太鼓橋など見所もたくさんありますよ。

太宰府天満宮の詳細情報

■場所:福岡県太宰府市宰府4丁目7番1号
■TEL: 092-922-8225(9:00~17:00)
■開門時間:春分の日より秋分の日の前日まで 6:00/それ以外の日 6:30
■閉門時間:6月1日~8月31日 20:00/9月1日~5月31日 19時00分

http://www.dazaifutenmangu.or.jp/

九州の苔寺「光明禅寺」

http://blogs.c.yimg.jp/res/blog-97-1a/so_ryu18/folder/778055/78/8398478/img_2?1265032081

次にご紹介するのは、「光明禅寺」です。
光明禅寺は、大宰府天満宮から徒歩5分圏内にある禅寺です。
鎌倉時代に菅原家出身の鉄牛円心(てつぎゅうえんしん)にっよて建立されました。

太宰府天満宮の血縁寺であり、九州唯一の枯山水があり、苔で陸、白砂で大海を表した一滴海之庭(いってきかいのにわ)は有名です。

特に紅葉時期の庭は一品で、風光明媚な庭の風景を楽しむことができます。

光明禅寺の詳細情報

■場所: 福岡県太宰府市宰府2-16-1
■TEL:092-922-4053
■拝観時間:8:00~17:00
■休み:無し

http://www.dazaifu.org/map/tanbo/tourismmap/2.html

全国で一社しかない恋の神様がいる「恋木神社」

http://blog-imgs-46-origin.fc2.com/c/h/i/chikuteku/k00.jpg

次にご紹介するのは、「恋木神社」です。
大宰府天満宮と並ぶ九州二大天満宮の水田天満宮の境内の中にある神社です。

全国でもめずらしく、御祭神は「恋命」を祀っており、水田天満宮の末社として鎌倉時代から続く由緒正しい恋の神様です。
元々は、大宰府で都に残してきた妻子を偲ぶ心を慰めようと祀られた神社だといわれています。

恋木神社は名前のとおり、良縁のみくじやお守り、絵馬などがあり、良縁成就祭などの催しものも開催されています。
ぜひ、良縁祈願に一度訪れてみてはいかがでしょうか?

恋木神社の詳細情報

■場所:福岡県筑後市水田62-1
■TEL:0942-53-8625

http://www.mizuta-koinoki.jp/koinoki/

http://blogimg.goo.ne.jp/user_image/3b/ab/a80e1072386f78d50bf2c88d45b0ebbf.jpg

全国にある住吉神社の中でも最も歴史ある「住吉神社」

次にご紹介するのは、「住吉神社」です。
その由緒は古事記の時代まで遡り、全国の住吉神社の中で最も古い神社です。

イザナギノオオカミが禊払いした場所と言われる霊池が境内の中にあり、浄化力が強いといわれている神社です。
そのため、毎年夏と冬に形代に息を吹きかけて自分の穢れを形代に移し、川に流す神事などがあります。
最近、疲れている方は一度試してみてはいかがでしょうか?

住吉神社の詳細情報

■場所:福岡県福岡市博多区住吉3丁目1-51
■TEL:092-291-2670

http://chikuzen-sumiyoshi.or.jp/index.html

琴将菊の故郷 水郷柳川の「川下り」

http://kawakudari.com/wp-content/uploads/2015/06/c3becdc75afcc4d45c6327d2149b0729.jpg

次にご紹介するのは、柳川市の「川下り」です。

琴将菊の結婚式でも行われた柳川の川下りは、柳川市の観光名物の一つです。

約400年前、柳川城建築の際に人工的に整備されたお堀をめぐるのが柳川の川下りです。
当時の人々の治水・利水の知恵が集まった水郷を船頭さんの面白い解説を聞きながら巡ることができます。

気持ちの良い風を受けながら、ゆったりとした水の上の旅を楽しんでみませんか?

柳川川下りの詳細情報

■場所:福岡県柳川市三橋町下百町1-6
■TEL:0944-73-4343
■営業時間:9:00~17:00(17:00以降は要予約)
■受付時間:9:00~16:30(一般乗合船の場合)
■乗船料金:大人1,500円(中学生以上)小人800円(5歳~小学生)

http://kawakudari.com/

福岡市のオアシス「大濠公園」

http://www.ohorikouen.jp/about/photo/images/06.jpg

次にご紹介するのは、「大濠公園」です。

大濠公園は、たくさんの木々や花々が季節を通して美しく咲き、園内の中央には大きな池があり、人々の憩いの場所となっています。
池では、ボートやスワンボートに乗ることができ、日本庭園もありますので、ほっと自然に癒されること間違いありません。

また、市立美術館も併設しているので、常設展示や企画展示などでも芸術面でも楽しむことができます。

大濠公園の詳細情報

■場所:福岡県福岡市 中央区大濠公園1
■TEL:092-741-2004

http://www.ohorikouen.jp/

野球はもちろん、ライブやイベントも!「福岡ヤフオク!ドーム」

d18a099c-5750-4562-8fda-ca33b87dcc7a

https://findy.jp/wp-content/uploads/2016/06/d18a099c-5750-4562-8fda-ca33b87dcc7a-300×197.jpg

次にご紹介するのは、「福岡ヤフオク!ドーム」です。

福岡ソフトバンクホークスのホームでもあるヤフオク!ドームは、日本で初めての開閉式の屋根を導入したドームでもあります。
また、平成になって制作されたガメラシリーズでガメラの敵であるギャオスを捕獲する場所のロケ地としてドームがそのまま使用されました。
特撮ファンやガメラファンの方は、ぜひギャオスの捕獲場所を訪れてみてはいかがでしょうか?

福岡ヤフオク!ドームの詳細情報

■場所:福岡県 福岡市 中央区 知行浜2丁目2番2号
■TEL:092-847-1006
■営業時間:ドームイベント・野球試合によって異なる
■休業日:ドームイベント・野球試合によって異なる

http://softbankhawks.co.jp/

福岡のシンボル「福岡タワー」

http://www.fukuokatower.co.jp/img/night/slider_img1.jpg

次にご紹介するのは、「福岡タワー」です。

福岡タワーは、234mある海浜タワーで、日本の中の海浜タワーの中で一番高いタワーです。
正三角形の特徴的なデザインで、8000枚ものハーフミラーで覆われている外観は、とてもスタイリッシュです。
地上123m地点にある展望室からは、福岡市内の景色を楽しむことができます。

また、地上116mにある展望室は恋人の聖地としてにんていされており、カップルで楽しめる仕掛けがたくさんありますよ。

福岡タワーの詳細情報

■場所:福岡県福岡市早良区百道浜2丁目3−26
■TEL:092-823-0234
■営業時間:9:30~22:00(最終入館21:30)
■休業日:年によってことなりますので、公式HPをご確認ください。
■料金:大人800円/小中学生500円/4歳児以上200円/65歳以上500円

http://www.fukuokatower.co.jp/

全国4番目に作られた「九州国立博物館」

http://www.yado.co.jp/kankou/fukuoka/dazaifu/kyusyuhaku/kyusyuhaku_big01.jpg

次にご紹介するのは、「九州国立博物館」です。

1897年の京都国立博物館創設以来、108年ぶりに創設された国内で4つ目の国立博物館です。
ほかの3館の国立博物館が美術系博物館であるが、古来より外国との交易の中継地点であった九州の歴史により、九州国立博物館は珍しい歴史系の博物館です。

「日本文化の形成をアジア史の観点から捉える博物館」をコンセプトとした旧石器時代から江戸時代開国までの展示がなされています。
特別展もアジアの歴史にちなんだ見ごたえのあるものが多いので、気になる展示がある方はこの機会に訪れてみてはいかがでしょうか?

九州国立博物館の詳細情報

■場所:福岡県太宰府市石坂4-7-2
■TEL:092-918-2807
■営業時間:9:30〜17:00(最終入館は16:30まで)
■休館日:月曜日(月曜日が祝日・振替休日の場合は翌日)
■入館料:大人430円/大学生130円

http://www.kyuhaku.jp/

日本で5番目の国営公園「海の中道海浜公園」

http://blogimg.goo.ne.jp/user_image/40/95/5d1ab08d970c7a5805fbc0227aa3c4e3.jpg

次にご紹介するのは、「海の中道海浜公園」です。

元々、福岡第一飛行場が第二次世界大戦中に大日本帝国海軍基地となり、戦後はアメリカの博多基地であった場所です。
アメリカから跡地返還後に建設された国営公園です。

園内には、季節ごとに色とりどりの花々が咲き乱れており、遊園地やバーベキューの楽しめるキャンプ場などがあります。
また、夏場には九州最大級のサンシャインプールがオープンし、1年を通して楽しむことができる公園です。

海の中道海浜公園の詳細情報

■場所:福岡県福岡市東区西戸崎18-25
■TEL:092-603-1111
■開園時間:9時30分~17時30分(11~2月は~17時)、プール期間中は~18時30分
■休園日:2月の第1月とその翌日

http://www.uminaka.go.jp/

パノラマ大水槽は必見!「マリンワールド海の中道」

http://livedoor.blogimg.jp/pokomenchi0929/imgs/c/e/cebccc84.jpg

次にご紹介するのは、「マリンワールド 海の中道」です。

圧巻のパノラマ大水槽やイルカショーが楽しめる水族館です。
対馬暖流をコンセプトとした展示がなされており、350種類20,000点以上の海の生き物たちを見ることができます。

海の中道海浜公園と隣接しており、市街地の喧騒から離れた場所にあるため、2000年から開館している夜の時間帯は、とてもロマンチックな場所になるため、カップルにも人気のスポットです。

マリンワールド海の中道詳細情報

■場所:福岡県福岡市東区大字西戸崎18-28
■TEL:092-603-0400
■開館時間:9時30分~17時30分(入館は~16時30分)、季節変動があるので、事前確認必須
■休館日:無休(2月の第1月曜と翌日は休館)
■料金:大人:2160円/中学生1180円/小学生820円/幼児4歳以上小学生未満570円

http://www.marine-world.co.jp/index.html

博多のグルメと言ったらやっぱり屋台!「中州の屋台」

http://livedoor.blogimg.jp/kaz823ad/imgs/2/3/2366b60c.jpg

次にご紹介するのは、「中州の屋台」です。

福岡のグルメと言ったら外せないのが中州の屋台ですよね。
屋台といっても、おでんやラーメンの定番から洋食やBarまで様々な種類の屋台があります。
その日、食べたいものの気分でふらりと屋台に寄ってみてもいいかもしれませんよ。

中州ならではの屋台グルメをぜひ味わってみてはいかがでしょうか?

中州・屋台の詳細情報

■場所:福岡市博多区中洲
■TEL:屋台によって異なる

http://yatai.nakasu-info.jp/xn--bnq69jmtso2dlp3d/

物騒な名前の絶品カレー「ころしのカレーライス」

http://y-ta.net/wordpress/wp-content/uploads/2015/04/IMG_8295.jpg

次にご紹介するのは、「ころしのカレー」です。

インパクトのある名前のカレー屋さんです。
果物と玉ねぎをふんだんに使用した甘味があってコクの強いカレーライスです。
甘口から超激辛まで辛さも調節できます。

ちなみに、ころしのカレーとは元々別の場所にオープンしていたカレー屋さんのオーナーさんが話と女好きな方で、どうにかして女性受けするカレーを作れないかと、甘口の「女ごろしのカレー」を作ったのだとか。
その美味しいカレーの名前の品のなさから、「ころしのカレー」に変更したのだとか。

そんなユニークな歴史のある「ころしのカレー」をぜひ一度たべてみてはいかがでしょうか?

ころしのカレー詳細情報

■場所:福岡県筑紫野市二日市中央4丁目12-5
■TEL:092-928-0180
■営業時間:11:30~9:00
■定休日:毎週木曜日

http://n-st.info/koroshi-no-curry/

福岡といえば豚骨ラーメン!「元祖赤のれん」

http://livedoor.blogimg.jp/wisteria55/imgs/7/7/7748236a.jpg

次にご紹介するのは、「元祖赤のれん 節ちゃんラーメン本店」です。

昭和21年創業のラーメン屋で、長く地元の人に愛されて来たラーメン屋さんです。
手間暇かけて丁寧に作られた醤油豚骨スープがよく絡む平細めんの看板メニューはぜひ一度食べてほしいラーメンです。
価格もリーズナブルで、気兼ねなく入れるラーメン屋さんです。

「元祖赤のれん 節ちゃんラーメン本店」の詳細情報

■場所:福岡県福岡市中央区大名2-6-4
■TEL:092-741-0267
■営業時間:11:00~24:00(L.O.23:30)
■定休日:不定休

http://tabelog.com/fukuoka/A4001/A400103/40035496/

パスタとピザを食べるならココ!「らるきぃ」

http://blogs.c.yimg.jp/res/blog-17-e8/qqzx3znd/folder/74607/69/9317669/img_2?1372680413

次に紹介するのは「らるきぃ」です。

福岡で1位2位をあらそう人気店です。
店内には有名人のサインが並んでおり、元ソフトバンクスホークスの監督王貞治さんも通っていました。

おみせで一番人気の「ぺぺたま」は、ふわふわのたまごとペペロンチーノは絶品です。

らるきぃの詳細情報

■場所:福岡県福岡市中央区大手門3-7-9
■TEL:092-724-8185
■営業時間:【月曜日~土曜日】ランチ11:00~15:00(LO14:30)ディナー18:00~22:00(LO21:30)/【日曜日・祭日】ランチ11:00~15:00(LO14:30)/ディナー18:00~21:00(LO20:30)
■定休日:水曜

http://www.rarukii.co.jp/menu/index/

福岡で焼き鳥を食べるならココ!「焼きとり八兵衛」

http://i2.wp.com/hachibei.sakura.ne.jp/hachibei/wp-content/uploads/2012/11/osusume_1.jpg

次にご紹介するのは、「焼きとり八兵衛」です。

創業70周年の焼きとりを味わうことができます。
1983年から継ぎだし継ぎたし30年変わらない味の焼き鳥を食べることができます。
また、博多っ子の定番メニューである豚バラもしっかり準備されていますので、博多の味をお楽しみください。

焼き鳥八兵衛の詳細情報

■場所:福岡県糸島市前原中央3-20-5
■TEL:092-324-1986
■営業時間:17:30~23:00(LO.23:30)
■定休日:月曜日

http://www.hachibei.com/

安くて、早くて、美味しい!コスパの良い天ぷら屋さん「天ぷらのひらお」

http://www.hirao-foods.net/howto/file/img_rank1.jpg

次にご紹介するのは、「てんぷらのひらお」です。

天ぷら屋さんといえば、格式高いところもありますが、天ぷらひらおは、安くて、早くて、美味しいという三拍子そろった天ぷら屋さんです。
天ぷらの安さもさることながら、小鉢のお惣菜も充実しています。

揚げたての天ぷらと定番の塩辛でビールもおすすめですよ。

天ぷらのひらおの詳細情報

■場所:福岡県福岡市博多区東平尾2-4-1
■TEL:092-611-1666
■営業時間:10:30〜21:00(L.O.)
■定休日:年末年始(12/31〜1/2)

http://www.hirao-foods.net/

博多定番の鍋物☆「水炊き長野」

http://onhome2.c.blog.so-net.ne.jp/_images/blog/_bce/onhome2/image/2012-06-09T16:02:01-a6bbb.jpg?c=a2

次にご紹介するのは、「水炊き長野」です。

水炊きといえば、澄んだあっさりとしたスープを想像する方もいらっしゃると思いますが、長野の水炊きのスープは、とても濃ゆくて美味しいスープなので、それ自体も楽しむことができます。
鶏肉→野菜豆腐といった具合に、鶏肉の部位を十分堪能した後に水分が出てくる葉野菜や豆腐などが鍋に入れられます。
〆は雑炊かちゃんポン麵とえらべ、最後まで水炊きを堪能してください。

水たき 長野の詳細情報

■場所:福岡県福岡市博多区対馬小路1-6
■TEL:092-281-0105
■営業時間:12:00~22:00
■定休日:日曜日

http://tabelog.com/fukuoka/A4001/A400102/40000010/

「ガンナガ」の愛称で親しまれている「元祖長浜屋」

http://pds.exblog.jp/pds/1/200705%2F25%2F29%2Fa0000029_1057367.jpg

次にご紹介するのは、「元祖長浜屋」です。

長浜ラーメンといえば、豚骨系のラーメンの種類としても有名です。
福岡市中央区長浜エリアのラーメンのことですが、これは1955年に福岡市の中央卸売市場鮮魚場が長浜に移転したことにより、時間と戦いである競りの合間に手早く食べれることに特化したラーメンです。

そんな元祖長浜屋のラーメンはシンプルな豚骨に面の硬さとねぎの多さを自分好みにチョイスできるラーメンです。
替え玉を頼むと、やかんにあるタレで自由に味を調節することもできます。

元祖長浜屋の詳細情報

■場所:福岡県福岡市中央区長浜2-5-38 トラストパーク長浜1
■TEL:092-711-8154
■営業時間:4:00~25:45頃 (やれるとこまで時間延長)
■定休日:年末年始に1週間ほど休業

http://www.ganso-nagahamaya.co.jp/index.html

口コミサイトで1位を取ったカレー専門店「GARAM」

http://i.gzn.jp/img/2014/06/20/curry-garam/P2080902_m.jpg

次にご紹介するのは「GARAM」です。

スパイシーなカレーが特徴的で、「GARAM」のカレーは新しいカレーとの出会いを演出してくれます。
インド系のサラサラしたカレーが、ごはんとよく絡んでペロリと食べてしまえるカレーです。
それまで、カレーはどろどろしたカレーの方がすきだったのですが、サラサラしたカレーも美味しいと考えを改めることができました。

GARAMの詳細情報

■場所:福岡県福岡市中央区高砂1-7-4
■TEL:070-5814-1242
■営業時間:12:00~14:15 オーダーストップ。なくなり次第終了/18:30~21:00 オーダーストップ
■定休日:日曜・水曜

http://tabelog.com/fukuoka/A4001/A400103/40032412/

一度は食べたい丸天うどん「みやけうどん」

http://livedoor.blogimg.jp/hisnow-ramen/imgs/f/9/f999135c-s.jpg

次にご紹介するのは、「みやけうどん」です。

深夜の人気ドラマ「孤独のグルメ」でも登場した老舗のうどん屋さんです。
外観も店内も歴史を感じさせるどことか懐かしいです。
うどんとそばはそれぞれ300円で、トッピングで料金が追加されるといういたってシンプルなうどん屋さんです。
太くてモチモチした触感のうどんと昆布、ウルメ、サバ節から取られたダシはさっぱりとしながらも深い味わいのスープです。

みやけうどんの詳細情報

■場所:福岡県福岡市博多区上呉服町10-24
■TEL:092-291-3453
■営業時間:月~金 11:00~18:00/土 11:00~17:00
■定休日:日曜祝日

http://tabelog.com/fukuoka/A4001/A400106/40003615/

中州の一角にある「一富」

http://img01.naganoblog.jp/usr/m/a/t/matsumotolunch/2015010405.jpg

次にご紹介するのは、「一富」です。

一富は、ドラマ「孤独のグルメ」で紹介されたお店です。
創業55年の老舗の居酒屋さんで、福岡ならではのグルメを堪能できます。
おきゅうとと呼ばれる福岡ならではの一品や、鯖ごまや変わり茶碗蒸しに若鶏のスープ炊きなど、一富の福岡グルメをご堪能ください。

一富の詳細情報

■場所:福岡市博多区中洲4-1-193
■TEL:092-281-5120
■営業時間:18:00~2:00
■定休日:日曜祝日

http://tabelog.com/fukuoka/A4001/A400102/40014859/dtlrvwlst/7112824/?lid=tabelog_pickup_review

豚骨ラーメンのルーツ「大龍ラーメン」

http://livedoor.blogimg.jp/bunta13/imgs/3/a/3af11b57-s.jpg

次にご紹介するのは、「大龍ラーメン」です。

福岡といえば豚骨ラーメンですが、そのルーツは久留米ラーメンにあるといわれています。
見た目はこってりの豚骨系のスープなのに、一口スープを飲めばあっさりとしつつも深いコクを感じることのできるのが「大龍ラーメン」です。
ぜひ、一度久留米ラーメンの真髄を味わってみてください。
大龍ラーメンの詳細情報

■場所:福岡県久留米市東合川7-13-45
■TEL:0942-44-0229
■営業時間:11:00~23:50(閉店24:00)、日曜は21:50(閉店22:00)
■定休日:不定休※1/1は休み

http://www.dairyuramen.com/

万葉集にも出てくる歴史ある温泉に入れる「二日市温泉 大丸別荘」

http://kura3.photozou.jp/pub/958/1777958/photo/154937929_624.v1455882148.jpg

次にご紹介するのは、「二日市温泉 大丸別荘」です。

万葉集にも出てくる長い歴史を持つ温泉地です。
博多の奥座敷とも呼ばれており、博多駅から電車で15分という好立地の場所にあります。
そんな二日市温泉にある大丸別荘は、創業150年という歴史ある温泉宿です。
3,500坪ある日本庭園や、100坪ある広々とした温泉など日常を忘れさせてくれます。
料理は、月ごとに替わる創作和懐石を楽しむことができます。

大丸別荘の詳細情報

■場所:福岡県筑紫野市湯町1丁目20-1
■TEL:0120-44-4126
■泉質:アルカリ性単純温泉
■チェックイン/チェックアウト:15:00~/~11:00

http://www.daimarubesso.com/index.html

観光の拠点におすすめ「WITH THE STYLE FUKUOKA」

http://www.withthestyle.com/site1/files/img_gallery_5-01.jpg

次にご紹介するのは、「WITH THE STYLE FUKUOKA」です。

博多駅から徒歩7分という好立地の場所にあります。
全室テラス付き・スイートルーム使用の16室のお部屋がありますので、プライベート空間を旅先でも重視したい方にお勧めです。
また、チェックアウトは14:00というレイトアウトの時間設定なので、ゆったりと過ごしたい方にもお勧めです。
ホテルの最上階には宿泊者専用ラウンジがあり、のんびりと過ごすことも可能です。

WITH THE STYLE FUKUOKAの詳細情報

■場所:福岡県福岡市博多区博多駅南1-9-18
■TEL:092-433-3900
■チェックイン/チェックアウト:16:00~26:00/~14:00

http://www.withthestyle.com/

水郷柳川をお姫様が過ごしたお屋敷で過ごす「柳川 御花」

http://cdn.ikyu.com/dg/guide/acc5/00000965/image/slideshow_1.jpg

次にご紹介するのは、「柳川 御花」です。

元々は、旧柳川藩主立花家の別邸が風情ある旅館になりました。
当時、御花のある場所は「御花畠」と呼ばれていたころから、別邸を「御花」と柳川の人とたちは呼ぶようになったそうです。

その後、明治42~43年に庭園と建物が大規模な新築がおこなわれ、当時の建築様式を代表する西洋館や大広間ができました。
また、庭は仙台藩の松島に見立てた松濤園と呼ばれている庭園で国の名勝に指定されています。

お部屋は和室と洋室からあり、人数に応じて選ぶことができます。
料理は柳川名物、鰻のせいろ蒸しをはじめとした柳川の郷土料理を中心とした和懐石を堪能できますよ。

御花の詳細情報

■場所:福岡県柳川市新外町1
■TEL:0944-73-2189
■チェックイン/チェックアウト:15:00~19:00/~10:00

http://www.ohana.co.jp/

天神や中州にアクセスのいいホテル「グランド ハイアット 福岡」

http://fukuoka.grand.hyatt.com/content/dam/PropertyWebsites/grandhyatt/fukgh/Media/All/Grand-Hyatt-Fukuoka-Lounge.jpg

次にご紹介するのは、「グランド ハイアット 福岡」です。

福岡の中心地である博多駅と天神地区の中央にある複合都市「キャナルシティ」の中心に位置します。
そのため、福岡市内の観光に好立地の場所です。

エレガントで落ち着いた色合いで統一された客室は全室洋室で、観光に疲れた身体をゆっくりと癒すことができます。

グランド ハイアット 福岡の詳細情報

■場所:福岡県福岡市博多区住吉1-2-82
■TEL:092-282-1234
■チェックイン/チェックアウト:14:00~24:00/~12:00

http://fukuoka.grand.hyatt.com/ja/hotel/home.html

一日限定6室の大人の隠れ家的宿「秋月温泉 料亭旅館 清流庵」

http://cdn.ikyu.com/dg/guide/acc9/00001929/img/d_002.jpg

次にご紹介するのは、「秋月温泉 料亭旅館 清流庵 」です。

秋月温泉にある1日限定6室の温泉宿です。
純和風のたたずまいで、約2400坪ある敷地内では四季の移ろいを感じることができます。
お部屋は全室和室でそれぞれの客室に源泉かけ流しの温泉がついていますので、好きな時間に温泉を楽しむことができます。

また、料理は料亭旅館という名前のとおり、厳選された地元・九州の旬の食材をふんだんに使用した和懐石料理を舌や目、香など五感で楽しむことができる料理です。

秋月温泉 料亭旅館 清流庵 の詳細情報

■場所:福岡県朝倉市秋月1058
■TEL:0946-25-0023
■チェックイン/チェックアウト:15:00~20:00/10:30
■泉質:アルカリ性単純泉

http://www.seiryuan.com/index.php

4000坪の敷地内で極上のひと時を「天然田園温泉 ふかほり邸」

http://cdn.ikyu.com/dg/guide/acc6/00001586/img/d_001.JPG

最後にご紹介するのは、「天然田園温泉 ふかほり邸」です。

福岡市の奥座敷と言われる築後平野の真ん中にある温泉宿で、築190年のお屋敷をリノベーションしたお宿です。
歴史ある梁や柱はそのままに、現代のデザインの家具などが調和した趣のある雰囲気はどこか懐かしさを覚えます。

お部屋は、和室・和洋室・洋室と選ぶことができますので、利用シーンや人数によって部屋を決めることができます。
食事は、食品添加物を使用せずに自然農園で採れた体によい食事を提供していただけます。
また、敷地内にある小さな工房では焼きたてのパンが焼かれており、こちらも無添加で美味しいパンを食べることができますよ。

天然田園温泉 ふかほりの詳細情報

■場所:福岡県久留米市三潴町西牟田6552
■TEL:0942-54-6681
■チェックイン/チェックアウト:15:00~20:00/11:00
■泉質:アルカリ性単純温泉

http://www.fukahoritei.com/index.html

福岡はグルメに観光に自然と盛りだくさん!

今回は福岡県のおすすめ観光スポットをご紹介しました。

他にも最近人気エリアの糸島エリアや猫の島藍島などまだまだ福岡県には魅力的な場所があります。

グルメだけではない福岡を堪能してみませんか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Findyの最新情報をお届けします