Exif_JPEG_PICTURE

夏だ、キャンプだ!千葉の厳選穴場キャンプ場5選

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

夏といえば思いつくのはキャンプ。一度は行っておきたいですね。千葉には行ってみたいキャンプ場がたくさんありますが、中でも自然を思い切り満喫できる穴場のキャンプ所をセレクトしました。人には教えたくない穴場スポットです。

大房(たいぶさ)岬自然公園キャンプ場


http://img01.naturum.ne.jp/usr/omikuji/R0011619.jpg

南房総国定公園の中にあるキャンプ場で、第1と第2に分かれています。
第1は、木々に囲まれ落ち着いた雰囲気。第2は芝生の多いなだらかな斜面にあり明るい雰囲気と、違う雰囲気を楽しむことができます。第2キャンプ場から5分ほど下ると海岸につくので、海の遊びを楽しむ人も多いです。

利用の安さも魅力

テント一張り600円、タープ一張り600円で、それ以外のお金はかかりません。テントは第1第2であわせて最大55基収容可能ですが、繁忙シーズンを外せばあまり人でごった返すことはなく広々とのんびりキャンプを楽しむことができる穴場スポットです。

景色も良く、かなり長い階段(山道)を下っていくと岩場まで出る事が出来ました。穴場な感じで良かったです!
www.jalan.net

オートキャンプ志駒


http://art37.photozou.jp/pub/644/689644/photo/78670637.jpg

南房総にある多目的なリゾートキャンプ場。山菜採りや、クワガタなどの昆虫採集などができるので家族連れに人気です。坂道が多く人工的な建物はないため、施設内を歩くだけでも森林浴を存分に楽しみいい運動をすることができます。
田舎に既成したような・・・ノスタルジックな気分に浸ることができるキャンプ場です。

キャンピングヒルズ鴨川


http://kamogawacamp.jp/image/image07.jpg

鴨川の高原にあるキャンプ場で、人気の漢方薬のお風呂は貸切で入ることも可能です!
GW、お盆、長期連休などを除けば、土日であっても比較的空いていてサイトを広く使えることから、穴場のキャンプ場としてリピーターになる方が多いとか。
運が良ければホタルを見ることもできます。

キャンプの前後には観光もできる

鴨川シーワールドを代表とする鴨川のレジャースポットが近くにあるので、キャンプの前もしくは後に遊びに行くというプランをたてるのも楽しいですね。

http://www.kamogawa-seaworld.jp/

千石台オートキャンプ場


https://image.jimcdn.com/app/cms/image/transf/dimension=348×1024:format=jpg/path/s836ea846332f0d0e/image/ic9c9041f88202fc9/version/1446066063/image.jpg

山遊びだけではなく川遊び、海水浴など子どもが楽しいことがいっぱいできる贅沢なキャンプ場です。芝生サイトと林間サイトがあり、林間サイトでは生い茂る高い木によって木陰ができるので涼しく快適に過ごせます。
年越しキャンプもOKなど、一年中楽しめるキャンプ場です。

キャンプ場脇の川は、小櫃川最上流部となっており、水が綺麗で湧き水も出ています。川遊びに最適です。
ハヤ・ヤマベ・ドジョウ・川エビ・ヤゴなど色んな水中生物に出会えます。
www.1059dai.com

オートキャンプ七里川


http://img02.naturum.ne.jp/usr/numatora/130507pens063.jpg

七里川沿いにある静かなキャンプ場です。小規模ながら大自然を楽しめるまさに穴場スポット。川では水遊びや釣りを楽しむことができます。メダカ、ドジョウ、川エビ、オタマジャクシ、ウグイなど、色々な種類の生き物と触れ合うことができます。ヤゴやクワガタなども採れますよ。

アウトドアを満喫しよう

大自然でのキャンプは、子どもはもちろん大人にとっても良い思い出になること間違いなし。人が多すぎずのんびりできる穴場キャンプ場で、自然を満喫してみてはいかがですか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Findyの最新情報をお届けします