これだけは観ておきたい!日本の戦争映画おすすめ11選

今年2015年8月に戦後70年を迎える日本ですが、そのアジア・太平洋戦争の記憶を風化させないためにも、映像として残されている映画作品を観て、少しでも当時の戦争の記録を心に留めておきたいものですね!戦争の経緯をわかりやすく観るために、戦争での戦線・事象別に並べてみました。関連作品も併せてご覧ください!

1)火垂るの墓(1988)

野坂昭如の戦争体験を基にした自伝的要素のある短編小説「火垂るの墓」(1967)が原作で、『かぐや姫の物語』(2013)の高畑勲監督による作品です。
キャッチコピーは「4歳と14歳で、生きようと思った」で、公開当時は『となりのトトロ』と同時上映されました。

《本土空襲:神戸大空襲》

神戸とその周辺地域は1945年1月3日から終戦までに大小合わせて128回の空襲を受け、特に3月17日と6月5日の市街地絨毯爆撃と、川西航空機甲南工場への爆撃(5月11日)により大きな被害を受けました。
日本の主要都市で行われた空襲で、親を失くした子供が戦災孤児として街にあふれました。清太と節子の母親も6月5日の神戸大空襲に巻き込まれ亡くなり、二人は叔母の家へ引き取られるのです。

【ドロップ缶「サクマ式ドロップス」】

主人公清太の妹・節子の大好きなドロップで、物語ではとても重要なアイテムとして何度も登場します。ドロップがなくなった缶が骨壺替わりになるとは…本当に辛く悲しい物語です。
近年あまりテレビで再放送されなくなっていた理由に、会社同士の商標権の関係か?あるいは政治的理由か?という憶測も生まれましたが、『かぐや姫の物語』公開年にはテレビ放映されました。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13