【関東】夏にぴったり♪納涼川くだりおすすめスポット5選

暑い夏は、涼しくなれるようなレジャーを楽しみたいですよね♪今回は、関東にある川くだりスポットをご紹介します。涼しい川辺で、暑い夏を少しでも快適に楽しみましょう!

のんびり♪ラインくだりスポット

荒川ライン下り


埼玉県の秩父の荒川ライン下りの一番の見所は、国の天然記念物・岩畳。地球の力を感じる大きな岩畳をゆったり見ながら川の流れを楽しんだり、激しい急流をくだったりと、川下りの醍醐味を満喫することができます。

川沿いは豊かな自然にも囲まれ、春は桜、秋は紅葉など、四季を感じながら川くだりが楽しめるのもオススメポイント。何度参加しても、新たな発見と楽しさがあります。

鬼怒川ライン下り


栃木県日光市で楽しめる鬼怒川ライン下り。鬼怒川温泉から大瀞下船場までを下っていくコースです。

川沿いにある、楯岩・ゴリラ岩などの奇岩が見所で、船頭さんがひとつひとつ解説してくれます。

川幅は次第に狭くなっていくので、比較的激しめの川くだりの旅になることでしょう。水しぶきが飛んできそうになったら、他の乗船客と協力してビニールを持ち上げるのも楽しいですよ♪

アクティブ派の川くだり♪ラフティングスポット

多摩川ラフティングwinds


東京で気軽にラフティングがしたいなら、多摩川へ行きましょう!多摩川の急流下りはかなり激しく、まさに自然のジェットコースターのよう!川に飛び込んでしまっても、暑い夏ならむしろ涼しくて快適です!

多摩川でラフティングができるのは複数ありますが、こちらの多摩川ラフティングwindsなら、小学生以上であれば誰でも気軽に参加できてオススメです。

那珂川 ファンボート(ストームフィールドガイド)


夕方~夜間に参加できる、珍しいラフティングです。6月~9月の夏季限定、茨城県の那珂川で体験できます。

わいわいはしゃぎながら楽しむラフティングもいいですが、夕暮れを眺めながらのラフティングも、またオススメ♪日が沈んだあとは、月に照らされて輝く幻想的な那珂川を見ることができます。

水上・ラフティング(ビッグウェーブ)


とにかくスリル満点のラフティングが楽しみたいなら、国内屈指の激流・利根川を下るコースがオススメ。

中でもビッグウェーブ主催のラフティングは、半日から気軽に楽しめて、初心者でも安心して参加できます。

最後に

いかがでしたでしょうか?
のんびり川の流れを楽しみたい方も、スリルを味わいたい方も、ぜひ今年の夏は川くだりを楽しんでみてくださいね♪