【完全ガイドブック】草津のおすすめ観光スポット20選を一挙紹介!

「お医者様でも、草津の湯でも恋の病は治らない」と言われるほど、昔から湯治の場として人気の草津温泉。 草津の湯畑をはじめとする観光スポットがたくさんあります。 今回は、そんな草津の有名どころからちょっとマイナーなところまで、おすすめのスポットをご紹介いたします。

日本最大級の江戸時代の本陣「草津本陣跡」

http://blogs.c.yimg.jp/res/blog-3a-8b/smilepeace_v/folder/1021867/02/30214702/img_0?1351063225

最初にご紹介するのは、「草津本陣跡」です。
草津は、江戸時代には東海道と中山道の合流地点となっており、旅籠が立ち並び、活気のある宿場町でした。

その中でも中津本陣は、日本に既存している本陣の中でも最大級のもので、平成の大修理を終えて、当時の姿そのままの本陣の中を見学することができます。

大福帳の中には、「忠臣蔵」でおなじみの浅野内匠頭や吉良上野介の名前を見つけることができ、江戸時代から続く歴史の流れを感じられますよ。

草津本陣跡の詳細情報

■場所:滋賀県草津市草津1丁目2-8
■TEL:077-561-6636
■開館時間:9:00~17:00(最終入館は16:30まで)
■定休日:毎週月曜日(月曜日が祝日又は、休日のときはその翌日)・祝日の翌日(この日が土曜日、日曜日のときは除く) 年末年始(12月28日~1月4日)
■入館料:一般240円/大学・高校生180円/小・中学生120円

http://www.kusatsujuku.jp/index.php

藤棚の絶景「三大神社」

http://kanko-kusatsu.com/spot/wp-content/uploads/sites/2/2015/03/0141.jpg

次にご紹介するのは、「三大神社」です。
樹齢400年という見事な藤の木が5月初旬に見ごろを迎え、毎年多くの人々の目を楽しませてくれます。

「三大神社」は普通の神社なのですが、藤の見ごろになると、見事な藤の花が開きます。
三大神社の藤の花の花房は185cmを記録した年もあったそうです。
そのため、地面すれすれまで藤の花の房がの成長することから、「砂擦りの藤」とも呼ばれています。

藤の花の開花に合わせてイベントも行われていますので、5月の開花に合わせて訪れてみてはいかがでしょうか?

三大神社の詳細情報

■場所:滋賀県草津市志那町309
■TEL:090-6247-2240(藤古木保存会)
■料金:藤の花が開花する4月下旬から5月上旬のみ協力金として200円必要。

http://kanko-kusatsu.com/spot/sandaizinzya2/

1200年続く由緒あるの神社「立木神社」

http://kanko-kusatsu.com/spot/wp-content/uploads/sites/2/2015/03/6f16294faed86c81657395fc902a0fc3.jpg

次にご紹介するのは、「立木神社」です。
約1200年前に創建された滋賀県で最も歴史のある神社です。
旧東海道面にあることから、古来から交通安全や厄除けなどの、旅を加護する神社として信仰されてきました。

また、境内には県指定の自然記念物である樹齢約400年の神木・ウラジロガシなどがあります。

旅の安全の祈願に訪れてみてはいかがでしょうか?

立木神社の詳細情報

1 2 3 4 5 6 7