7b76786c-e8b8-4f86-8ce6-151be3dc4702

【完全ガイドブック】草津のおすすめ観光スポット20選を一挙紹介!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「お医者様でも、草津の湯でも恋の病は治らない」と言われるほど、昔から湯治の場として人気の草津温泉。 草津の湯畑をはじめとする観光スポットがたくさんあります。 今回は、そんな草津の有名どころからちょっとマイナーなところまで、おすすめのスポットをご紹介いたします。

日本最大級の江戸時代の本陣「草津本陣跡」

http://blogs.c.yimg.jp/res/blog-3a-8b/smilepeace_v/folder/1021867/02/30214702/img_0?1351063225

最初にご紹介するのは、「草津本陣跡」です。
草津は、江戸時代には東海道と中山道の合流地点となっており、旅籠が立ち並び、活気のある宿場町でした。

その中でも中津本陣は、日本に既存している本陣の中でも最大級のもので、平成の大修理を終えて、当時の姿そのままの本陣の中を見学することができます。

大福帳の中には、「忠臣蔵」でおなじみの浅野内匠頭や吉良上野介の名前を見つけることができ、江戸時代から続く歴史の流れを感じられますよ。

草津本陣跡の詳細情報

■場所:滋賀県草津市草津1丁目2-8
■TEL:077-561-6636
■開館時間:9:00~17:00(最終入館は16:30まで)
■定休日:毎週月曜日(月曜日が祝日又は、休日のときはその翌日)・祝日の翌日(この日が土曜日、日曜日のときは除く) 年末年始(12月28日~1月4日)
■入館料:一般240円/大学・高校生180円/小・中学生120円

http://www.kusatsujuku.jp/index.php

藤棚の絶景「三大神社」

http://kanko-kusatsu.com/spot/wp-content/uploads/sites/2/2015/03/0141.jpg

次にご紹介するのは、「三大神社」です。
樹齢400年という見事な藤の木が5月初旬に見ごろを迎え、毎年多くの人々の目を楽しませてくれます。

「三大神社」は普通の神社なのですが、藤の見ごろになると、見事な藤の花が開きます。
三大神社の藤の花の花房は185cmを記録した年もあったそうです。
そのため、地面すれすれまで藤の花の房がの成長することから、「砂擦りの藤」とも呼ばれています。

藤の花の開花に合わせてイベントも行われていますので、5月の開花に合わせて訪れてみてはいかがでしょうか?

三大神社の詳細情報

■場所:滋賀県草津市志那町309
■TEL:090-6247-2240(藤古木保存会)
■料金:藤の花が開花する4月下旬から5月上旬のみ協力金として200円必要。

http://kanko-kusatsu.com/spot/sandaizinzya2/

1200年続く由緒あるの神社「立木神社」

http://kanko-kusatsu.com/spot/wp-content/uploads/sites/2/2015/03/6f16294faed86c81657395fc902a0fc3.jpg

次にご紹介するのは、「立木神社」です。
約1200年前に創建された滋賀県で最も歴史のある神社です。
旧東海道面にあることから、古来から交通安全や厄除けなどの、旅を加護する神社として信仰されてきました。

また、境内には県指定の自然記念物である樹齢約400年の神木・ウラジロガシなどがあります。

旅の安全の祈願に訪れてみてはいかがでしょうか?

立木神社の詳細情報

■場所:滋賀県草津市草津4丁目1-3
■TEL:077-562-0420
■参拝時間:見学は自由
■定休日:なし

http://kanko-kusatsu.com/spot/sandaizinzya2/

滋賀県にある日本一の湖・琵琶湖を知る「琵琶湖博物館」

http://kanko-kusatsu.com/spot/wp-content/uploads/sites/2/2015/03/05.jpg

次にご紹介するのは、「琵琶湖博物館」です。
琵琶湖の湖畔である烏丸半島にある滋賀県立の博物館となっています。

琵琶湖は、日本で一番大きい湖で、その歴史は約400万年前にまで遡ります。
そんな「琵琶湖と人」をテーマにしており、琵琶湖の固有種や国内外の淡水魚が展示されている水族館や、人と琵琶湖の関わりに関する展示や、企画展などが行われています。

館内に併設されているレストランでは、琵琶湖で獲れるブラックバスを使用した「バス天丼」なるメニューもありますので、気になる方はチャレンジしてみてはいかがでしょうか?

※現在改装中につき、見学できないエリアや急遽、休館日になる日もありますので、事前確認をおすすめいたします。

滋賀県立琵琶湖博物館の詳細情報

■場所:滋賀県草津市下物町1091番地
■TEL:077-568-4811
■開館時間:9:30~17:00(入館は16:30まで)
■休館日:毎週月曜日(月曜日が休日の場合は開館)、年末年始・臨時休館あり
■入館料金:一般750円/大学・高校生400円/小・中学生無料

http://www.lbm.go.jp/

古来より使用されてきた和紙の伝統技の漉き体験ができる「和紙工房わかたけ

http://kanko-kusatsu.com/spot/wp-content/uploads/sites/2/2015/03/0160.jpg

次にご紹介するのは、「和紙工房わかたけ」です。
古来から使用されてきた雁皮(がんび)と琵琶湖の水を使用してできる伝統的な草津和紙の制作過程を見学したり、実際に草津和紙のすき体験をすることができます。

草津和紙は、草津の特性を出すために琵琶湖の葦(よし)やアオバナを漉きこんだ大変味のある和紙です。

草津和紙の漉き体験では、壁飾りやはがきなどの自分だけのオリジナル作品を作ることができます。
※体験は、予約必須となっています。

また、草津和紙を使用した商品の販売もおこなっておりますので、お土産にもおすすめですよ。

和紙工房わかたけの詳細情報

■場所:滋賀県草津市山寺町657-1
■TEL:077-565-0187
■営業時間:10:00~16:00
■定休日:土日祝祭日(草津和紙漉き体験は、要相談となっています。)

http://kanko-kusatsu.com/spot/wakatake/

吹きガラス体験ができる「吹きガラス工房わかくさ」

http://kanko-kusatsu.com/spot/wp-content/uploads/sites/2/2015/03/0155.jpg

次にご紹介するのは、「吹きガラス工房わかくさ」です。

普段の生活でも色々な体験をすることができますが、ガラス吹きなどは、あまり身近にない体験ですよね。
そんな体験をできるのも旅先ならではですよね。
吹きガラス工房わかくさでは、ガラス製品の制作過程を見学したり、ガラス製品の販売はもちろん、ガラス吹き体験もできます。

自分だけのオリジナルのガラス製品をぜひ作ってみませんか?
吹きガラス工房わかくさ

■場所:滋賀県草津市若草5丁目8-21
■TEL:077-262-0111
■営業時間:10:00~18:00
■定休日:木曜日
■吹きガラス体験料金:3500円
※事前予約をしておくとスムーズです。

http://www17.plala.or.jp/BlowWakakusa/

蘇った草津焼を体験できる「草津焼・淡海陶芸研究所」

http://kanko-kusatsu.com/spot/wp-content/uploads/sites/2/2015/03/caccf6ce9fdbb040ede5aa9c5b427029.jpg

次にご紹介するのは、「草津焼・淡海陶芸研究所」です。
7世紀後半から8世紀前半にかけて、草津市では須江器が制作されていました。

それを1985年に現代によみがえらせ、1997年から草津市に「草津焼」として認定された窯元であり、現代アートで陶芸家の山元義宣氏がオーナーを務める研究所です。
ギャラリー兼、同芸を職業とする方のための訓練所でもあります。

研究所内では、草津焼の制作体験もすることができますので、旅の記念品を作ってみてはいかがでしょうか?
草津の花であるアオバナがデザインされており、そのブルーの不思議な色合いの草津焼の魅力にはまってしまうかもしれませんよ。

草津焼・淡海陶芸研究所の詳細情報

■場所:滋賀県草津市岡本町686(立命館キャンパス内)
■TEL:077-563-5934
■営業時間:10:00~
■定休日:不定休
※制作体験につきましては、事前に要相談

http://ohmitogei.com/

草津のオリジナル商品もある和ろうそくとお香の専門店「大喜」

http://kanko-kusatsu.com/spot/wp-content/uploads/sites/2/2015/03/0127.jpg

次にご紹介するのは、「大喜(たいき)」です。

草津宿本陣の近くにある和ろうそくとお香の専門店です。
草津市の花であるアオバナで染め上げた「匂袋」やリラクゼーション効果のあるお香などが販売されています。

他にも、草津限定で金粉入りの特選沈香や草津宿本陣プリント和ろうそくがありますので、お土産にも最適ですよ。

大喜の詳細情報

■場所:滋賀県草津市草津2丁目5-11
■TEL:077-562-0151
■営業時間:8:00〜19:00
■定休日:水曜日

http://www.est.hi-ho.ne.jp/taiki/index.html

滋賀のグルメをバルで楽しめる「ナデシコ」

http://stat.ameba.jp/user_images/20150920/09/nijipro2jikai/59/9c/j/o0563045013429834967.jpg

次にご紹介するのは、「ナデシコ」です。
草津駅から徒歩5分もかからない場所にあるバルです。
近江野菜や近江牛、湖国ワインやビワ鱒などの滋賀県産の美味しく新鮮な食材を地産地消で楽しむことができます。

1品1品がこだわりの1皿で、枝豆はスモークされたもので、風味をたのしみながらワインとってもあう、名脇役です。
店員さんが表面張力の限界に挑戦してくれる「なみなみワイン」など、ユニークなメニューもありますよ。
ぜひ、近江グルメをバルスタイルでお楽しみください。

ナデシコの詳細情報

■場所:滋賀県草津市大路1-13-1 1F
■電話番号:077-565-7773
■営業時間:17:30~翌日1:00(L.O.24:00)
■定休日:不定休

http://tabelog.com/shiga/A2502/A250201/25007370/

予約がとれにくい大人の隠れ家的お店「滋味 康月」

http://img01.citylife-new.com/usr/osakajinrock/DSCF68711.JPG

次にご紹介するのは、「滋味 康月」です。
京都で修行された板前さんのお店です。
近江の厳選された食材の料理はどれも感動する美味しさ。

単品メニューもありますが、おすすめはもちろんコース料理。
季節の食材の素朴な美味しさが十分に活かされた料理に舌鼓を打つ至福の時間を味わうことができます。

滋味 康月の詳細情報

■場所:滋賀県草津市大路1-11-14
■TEL:077-562-2238
■営業日:[月・水~土]ランチ:12:00〜14:30(L.O.14:00) / [月・水~日]ディナー:18:00〜23:00(L.O.22:30)
■定休日:毎週火曜日/毎月の月末日

http://tabelog.com/shiga/A2502/A250201/25004939/

美味しい日本酒が飲みたいならココ!「木波屋雑穀堂」

http://www.kusatsu-machiakari.net/img/spot/p_spot-c10-1.jpg

次にご紹介するのは、「木波屋雑穀堂」です。
日本酒好きにおすすめのお店です。

元々は、築120年の元蔵元の別邸であった場所で、建物のレトロな感じを活かしつつ、ゆったりとくつろぎながら料理を楽しむことができるお店です。
お店の名物は、自然薯を使用したとろろごはんと、全国の美味しい日本酒の効き酒です。
日本酒は、どれもおいしく、自分の好みの味のものに出会うまで色々なお酒を飲み比べすることができます。
くれぐれも、美味しすぎて飲みすぎには注意してくださいね。

木波屋雑穀堂の詳細情報

■場所:滋賀県草津市草津2-4-6
■TEL:077-565-0142
■営業時間:ランチ11:30~14:00(L.O.14:00)/ディナー18:00~23:00(L.O.22:30)
■定休日:月曜日・第3日曜日(12月は月曜営業・日曜休み)

http://tabelog.com/shiga/A2502/A250201/25000198/

ほっこりとしたひと時を美味しい和食とともに過ごせるお店「馳走 とし藤」

http://salon-kigi.com/wp-salon/wp-content/uploads/2015/10/DSCF8101-1_R-600×450.jpg

次にご紹介するのは、「馳走 とし藤」です。
築100年の米蔵を改装をした店内は、落ち着いた心和む時間を過ごすことができます。
重厚な作りはそのままに北欧風のテーブルの和洋折衷の落ち着いた雰囲気です。

地元の食材を使用した美味しい料理を食べることができます。
また、リーズナブルでありながから、板前さんの腕前を感じることができるお店です。

小さいお店なので、事前予約が必要です。

馳走 とし藤の詳細情報

■場所:滋賀県草津市草津2-7-30
■TEL:077-596-5861
■営業時間:昼12:00~14:30(LO 13:00)/夜18:00~21:30(LO 19:30)
■定休日:月曜日/第4日曜日

http://chisotoshifuji.hp.gogo.jp/pc/

草津に来たら食べておきたい「レストラン タケウチ」

http://r-takeuchi.com/20140315_190600_1.jpg

次にご紹介するのは、「レストラン タケウチ」です。
レストランタケウチは、「安心・安全な野菜」・「野菜の新しい発見」・「旬の野菜」という3つのコンセプトのもとに経営されているレストランです。

野菜といえば、脇役というイメージが強いですが、レストラン タケウチの野菜は、野菜がメイン料理やデザートに変身します。
今までの野菜料理の概念が覆るレストランです。
また、完全予約制となっていますので、訪れる際はご注意ください。

レストラン タケウチの詳細情報

■場所:滋賀県大津市青山5-13-22 プロムナード青山内
■TEL:077-549-0147
■営業時間:ランチ1:00-14:00/ディナー17:30ー22:00
■定休日:月~水

http://r-takeuchi.com/index.html

バームクーヘンが人気のスイーツ店「CLUB HARIE Fruit Box」

http://www.clubharie.jp/fruitbox/images/main_img01.jpg

次にご紹介するのは、「CLUB HARIE Fruit Box」です。
バームクーヘンが有名な「CLUB HARIE」の多数ある店舗の中でもおすすめなのが、近鉄百貨店に入っているFruit Boxさんです。

1日10食限定の「ハリエブランチ」や、季節のフルーツをふんだんに使ったパフェやケーキなどを食べることができます。
美味しいスイーツを食べたい方におすすめです。

CLUB HARIE Fruit Boxの詳細情報

■場所:滋賀県草津市渋川1-1-50 近鉄百貨店 1F
■TEL:077-561-3567
■営業時間:10:00~19:30(ラストオーダー 19:00)
■定休日:不定休 (近鉄百貨店草津店に準ずる)

http://www.clubharie.jp/fruitbox/index.html

湯畑の温泉にはいることができる宿「奈良屋」

http://cdn.jalan.jp/jalan/images/pict3L/Y5/Y362465/Y362465277.jpg

次にご紹介するのは、「奈良屋」です。
草津温泉の6つある源泉の中で最古といわれる湯畑の温泉に入ることができます。

客室は和室・洋室の2タイプあり、特に和室はワンランク上の趣の異なる11室のお部屋が用意されています。
和モダンのインテリアで、落ち着く雰囲気のお部屋です。

料理は、草津周辺でふんだんに使った食材を使用した和懐石の料理を食べることができます。

温泉は、「徳川将軍御汲上の湯」と称されており、草津のなかでも質の良い泉質の温泉を24時間かけ流しの大浴場で楽しむことができます。

奈良屋の詳細情報

■場所:群馬県吾妻郡草津町草津396
■TEL:0279-88-2311
■チェックイン/チェックアウト:14:00~/~11:00
■泉質:酸性・含硫黄-アルミニウム-硫酸塩・塩化物温泉

http://www.kusatsu-naraya.co.jp/

5つの貸し切り風呂があるペンション「きんだいペンション」

http://www.kindaip.jp/images/spa_2.jpg

次にご紹介するのは、「きんだいペンション」です。
ベルツ通り沿いにある好立地のペンションです。
草津の天然温泉の5つの内湯と露天風呂があります。

お部屋は、洋室と和室の2タイプから選ぶことができます。
大人数やファミリーには別館の3LDの和洋室タイプも選ぶことができます。

料理は本格西洋料理で、自家農園で採れた高原野菜をふんだんに使用した地産地消にこだわるメニューを楽しむことができます。

きんだいペンションの詳細情報

■場所:群馬県吾妻郡草津町542-5
■TEL:0279-88-7788
■チェックイン/チェックアウト:14:00~/~10:00
■泉質:酸性-塩化物・硫酸塩温泉

http://www.kindaip.jp/index.html

極上のひと時を草津の温泉とともに過ごせる「湯屋 季の庭(ときのにわ)」

http://www.hotespa.net/hotels/kusatsu/hotspring/images/konoyu/img_konoyu_bg02.jpg

次にご紹介するのは、「湯屋 季の庭(ときのにわ)」です。

64室ある客室全てに露天風呂がついており、好きな時間に草津の温泉を楽しむことができます。
また、2つの源泉からなる23種類のお風呂があり、岩盤浴やサウナなどもありますので、旅の疲れをゆっくりと癒すことができます。

料理は、食事処で旬の食材をたっぷりとしようした月替わりの和懐石を選べることができます。
食事処は間仕切りで仕切られているので、プライベート空間を大事にしたい人におすすめです。

湯屋 季の庭の詳細情報

■場所:群馬県吾妻郡草津町大字草津白根464-241
■TEL:0279-89-9320
■チェックイン/チェックアウト:15:00~/~11:00
■泉質:酸性・含硫黄-アルミニウム- 硫酸塩・塩化物温泉 / 酸性・含硫黄-アルミニウム- 硫酸塩・塩化物温泉

http://www.hotespa.net/hotels/tokinoniwa/

温かい温泉に身も心も包まれる「草津ホテル別館 綿の湯」

http://watanoyu.net/kannai/room3.jpg

次にご紹介するのは、「草津ホテル別館 綿の湯」です。
寛げる空間を目指したホテルは、とてもシンプルな作りで、客室から西の河原公園を望み、季節を目で楽しむことができるゆったりとした空間です。

客室は和洋室の作りとなっており、白を基調とした明るく、スタイリッシュなお部屋でリラックスして過ごすことができます。

料理は、地元の良質な食材を活かした作りたての料理を美味しく食べることができます。
苦手なものがあっても事前連絡で対応してもらえるのもうれしいポイントです。

「わたの湯」と「万代鉱」という2種類の源泉かけ流しの温泉を楽しむことができます。
特に「わたの湯」の源泉を引いている宿は数が少なく、希少な温泉です。
異なる2種類のお湯で、入り比べをしてみてはいかがでしょうか?

草津ホテル別館綿の湯の詳細情報

■場所:群馬県吾妻郡草津町469-4
■TEL:0279-88-8777
■チェックイン/チェックアウト:14:00~/~10:00
■泉質:酸性・含硫黄-アルミニウム-硫酸塩・塩化物温泉(硫化水素型)(酸性低張性高温泉)/ 酸性-塩化物.・硫酸塩温泉(酸性低張性高温泉)

http://watanoyu.net/

湯畑から0分!「草津温泉 湯畑 草菴」

http://www.kusatsu-souan.co.jp/index_images/main04.jpg

次にご紹介するのは、「草津温泉 湯畑 草菴」です。
湯畑から徒歩0分の場所にある明治からある建物をリノベーションした温泉宿です。

客室は、4タイプの中からえらぶことができます。
中でも人気なのは、目の前の湯畑から引いた温泉を客室で楽しめる「露天風呂付客室」です。
好きな時間に温泉に入ることができるのが魅力的です。

温泉は、目の前の湯畑から「自然流下」という方法で引き入れた温泉を楽しむことができます。
強酸性の泉質なので、肌当たりのいいお湯を楽しむことができます。

完全素泊まりの宿なので、食事は自由にお店を選ぶことができ、宿泊料金が抑えられるのもポイントです。

草津温泉 湯畑 草菴の詳細情報

■場所:群馬県吾妻郡草津町大字草津118-1
■TEL:0279-89-1011
■チェックイン/チェックアウト:15:00~/~10:00
■泉質:酸性・含硫黄-アルミニウム-硫酸塩・塩化物温泉

http://www.kusatsu-souan.co.jp/index.html

明治創業の老舗の宿「旅館たむら」

http://cdn.jalan.jp/jalan/images/pict3L/Y8/Y325638/Y325638061.jpg

最後にご紹介するのは、「旅館たむら」です。
明治7年創業138年の歴史ある老舗旅館で、草津の温泉とゆったりとした時間を過ごすことができます。

お部屋は全室和室で、畳の部屋で足をのばしてくつろぐことができます。
お料理は、旬の食材の和懐石料理をお部屋で食べることができるので、気兼ねなくゆっくりと食事を楽しむことができます。

温泉は、草津の湯の中でも最も効能が良いとされている源泉「地蔵の湯」を使用しており、源泉所は宿のすぐ隣にあるので、源泉所から出た温泉にすぐ入ることができます。

旅館たむらの詳細情報

■場所:群馬県吾妻郡草津町草津305
■TEL:0279-88-2045
■チェックイン/チェックアウト:14:00~/~10:00
■泉質:酸性・含硫黄-アルミニウム-硫酸塩・塩化物温泉(硫化水素型)

草津は魅力的な場所がいっぱい

草津は昔から、湯治や観光地として有名な場所です。
草津の温泉は、今も変わらず昔から私たちを受け入れ、癒し続けてくれているのです。
最近、身体の疲労や、心が乾いているな…と感じている方はぜひ、草津のお湯で身も心も癒されてみませんか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Findyの最新情報をお届けします