色を取り入れて快適空間!ベッドルームコーディネート

人生の三分の一は睡眠時間にあたるというほど、私たちの暮らしにとってかかせない眠り。どうせなら質の良い睡眠をとりたいですよね。そこで今回は、寝室に使うといいとされる「色」を上手に取り入れて、思わず夜が待ち遠しくなってしまうような居心地のよいベッドルームのコーディネートをご紹介します。

快適な睡眠のためにベッドルームの「色」を選ぶ


http://www.ikea.com/ms/media/cho_room/20151/sleeping/20151_cosl10a/20151_cosl10a_thumb_01_PH120901.jpg

質の良い睡眠をとるために、ベッドルームで意識したいこと、それは「色」です。ヒトは眠る前に赤や黄色などといった、明るく派手な色を目にしてしまうと、興奮状態となり眠りにつきにくくなると言われています。
そこでベッドルームに使うのにおすすめしたいのは、青や緑、白、ベージュといった落ち着いた色です。
青は冷静さや落ち着きを得られる色と言われ、ベッドルームに取り入れるにはぴったりの色です。心拍や血圧を下げる色とされ、眠る前に視線に入るようにするといいといわれています。
目につきやすいカーテンや、シーツ、まくらカバーなど、リネン類で取り入れるとぐっすり眠れるようになるかもしれません。
緑には癒やしの効果があるといわれています。寝室に観葉植物を置いて、眠りにつく前に視線に入るようにすると、リラックス効果があるといわれています。
そして、中でも好みを選ばないベージュや白は、インテリアを邪魔せず、誰でも取り入れやすい優しい色合い。
誰にでも好みの色はあるかと思いますが、ほんの少し色を考えてコーディネートしてみるだけで、ベッドルームがぐっと快適な場所になるかもしれません。

1 2 3 4