【アカデミー作品賞受賞】「スポットライト」のような“世紀のスクープ”を描いた作品8選

今年度第88回アカデミー賞で、並み居る強豪作品の中から作品賞・脚本賞を勝ち取った「スポットライト 世紀のスクープ」!宗教界のタブーと闘いながらスクープを追ったジャーナリストたちを主人公とするこの作品と同じように、実話に基づいてメディアのスクープやジャーナリズムを描いた映画作品を新旧8作取り上げてみました。今も昔もジャーナリストたちが“真実”にかける熱い思いは同じです!

①市民ケーン(1941)

市民ケーン(Citizen Kane) [BD 3D/2D版]劇場版(4:3)【超高画質名作映画シリーズ23】 デジタルリマスター版
メディアディスク
https://www.amazon.co.jp/%E5%B8%82%E6%B0%91%E3%82%B1%E3%83%BC%E3%83%B3-Citizen-Kane-%EF%BC%BBBD-2D%E7%89%88%EF%BC%BD%E5%8A%87%E5%A0%B4%E7%89%88%EF%BC%884%EF%BC%9A3%EF%BC%89%E3%80%90%E8%B6%85%E9%AB%98%E7%94%BB%E8%B3%AA%E5%90%8D%E4%BD%9C%E6%98%A0%E7%94%BB%E3%82%B7%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%82%BA23%E3%80%91-%E3%83%87%E3%82%B8%E3%82%BF%E3%83%AB%E3%83%AA%E3%83%9E%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%83%BC%E7%89%88/dp/B019FQ2CC8?ie=UTF8&tag=iremono05-22

実在のメディア王・ハーストがモデル!「世界映画史上ベストワン」と評価され続ける古典的傑作

オーソン・ウェルズの初監督作品で、脚本・製作・主演の四役を務め、緻密な構成の脚本やのちの映画界に影響を与えた革新的な撮影方法などが長年評価され続けている古典映画の名作です。
この物語は、アメリカに実在し、一大メディア産業を築いた「ハースト・コーポレーション」の創業者、ウィリアム・ランドルフ・ハーストをモデルとしたチャールズ・フォスター・ケーンが主人公であり、その生涯を周りの関係者から明らかにしていく構成となっています。
モデルとなったハーストの生涯と符合していくのは、「イエロー・ジャーナリズム」と呼ばれたセンセーショナリズムによる新聞での民意の扇動や知事出馬などの政治活動、そして知事選前日のスクープによる落選―メディアを創り、それを使って人々を扇動し、そして自らもそれに踊らされた人生を巧みに表現した傑作です。

https://www.youtube.com/watch?v=iodPh-dfen4&feature=youtu.be

【虚構のジャーナリズムに挑む】

第14回アカデミー賞では作品賞など9部門にノミネートされながらも、受賞したのは脚本賞のみでしたが、実はこれは、ハーストが作品内容を不服とし、映画の公開や受賞の妨害工作を行ったからだったということが、のちに判明しています。
数々の妨害に屈せず、信念を曲げずにこの作品を世に出し、後年正当に評価されたオーソン・ウェルズは、まさに虚構のジャーナリズムに対しての闘いを挑んだ最初の映画人でした。
作中のケーンの政界に進出を目指してのスピーチには、この作品にかけるウェルズの力強い演技がみなぎっています。

1 2 3 4 5 6 7 8