おなかいっぱい食べよう!本場盛岡冷麺の人気店5選

岩手と言えば、まめぶ汁や新鮮な海鮮など郷土料理が沢山ありますが、「冷麺」も岩手を代表するご当地グルメの1つです。盛岡の麺職人・青木輝人氏が昭和29年に「食道園」を開店した際に誕生したと言われる「盛岡冷麺」は、日々進化を遂げて、個性的な味も生まれています!歴史が詰まった盛岡冷麺、めしあがれ♪

1 盛岡冷麺の名づけ店「ぴょんぴょん舎 本店」


「盛岡冷麺」のネーミングを発案したことでも知られる、「ぴょんぴょん舎」。

蔵、ロフト、スタジオを融合したというおしゃれな内装の店内でいただけるのは、コシの強いシコシコした食感の自家製麺と、国産の牛肉と牛骨を使った甘味がある濃厚なスープのハーモニーが絶妙な冷麺!冷麺専用に作られた「キャベツと大根のキムチ」が、冷麺全体を引き締めてくれています。

夏にはスイカ、冬には梨をトッピングしているのも、ぴょんぴょん舎の特徴です。石焼ピビンバや焼き肉とのセットもあります。


◆住所
 岩手県盛岡市稲荷町12-5
◆Tel
 019-646-0541
◆営業時間
 11:00~23:30(ラストオーダー22:30)
◆定休日
 なし
◆席数
 185席(個室6室あり)
◆予算
 ¥1,000~¥1,999
◆HP
 http://www.pyonpyonsya.co.jp/

2 盛岡冷麺発祥の店!「食道園」


盛岡冷麺発祥の店といわれる、食道園。昭和29年創業以来の製法を守り続けている味は、初代の故郷である朝鮮半島と東京の朝鮮料理店の味を融合させたもので、盛岡冷麺の象徴的な存在となっています。

歯ごたえ抜群の透明感がある麺と、牛肉のうまみが閉じ込められたスープ、別添えになった辛さ際立つキムチは、三位一体のおいしさ!奇をてらわないシンプルな冷麺には、牛の「サガリ(横隔膜)」がトッピングされています。


◆住所
 岩手県盛岡市大通1-8-2
◆Tel
 019-651-4590
◆営業時間
 [月~土]
 11:30~15:30[L.O.15:20頃]
 17:00~24:00
 [日・祝]
 11:30~15:30
 17:00~22:00
◆定休日
 第1第3火曜日
◆席数
 1F60席・2F40席(座敷)
◆予算
 【昼】~¥999
 【夜】¥2,000~¥2,999

3 精肉店直営の絶品焼き肉&冷麺「肉の米内」


盛岡の観光名所「上の橋」のたもとに店を構える老舗の精肉店「米内商店」が経営する前沢牛が頂ける焼き肉&冷麺のお店です。

牛肉のうまみが詰まった透明感ある甘めのスープに、かみごたえのある麺、ビーフ、ゆでたまご、きゅうり、果物のトッピングと、盛岡冷麺の王道を行くスタイルの冷麺を提供しています。別添の「別辛」で辛さを調節できるので、好みの味にできるのが嬉しいですね。

トッピングの味付け肉は、精肉店のこだわりが詰まった柔かさとうまみが感じられます。


◆住所
 岩手県盛岡市紺屋町5-16
◆Tel
 019-624-2967
◆営業時間
 11:30~14:30
 17:00~24:00
◆定休日
 第2・第4木曜
◆席数
 30席
◆予算
 【昼】¥1,000~¥1,999
 【夜】¥4,000~¥4,999
◆HP
 http://www.nikunoyonai.com/

1 2