いよいよ開幕!プロ野球&大リーグ!日米を代表する野球映画12選

今年もいよいよ野球のシーズンがやってきました! 日本では春と夏の風物詩・高校野球大会とプロ野球リーグ戦開幕、アメリカではメジャーリーグ開幕と、観戦に行ったり連日テレビで野球を見ることが多くなりますね。日本とアメリカ、野球に対する習慣や感覚の違う二つの国で、今までどんな野球映画が作られてきたのか少しおさらいしてみましょう。そこから日米の違いと共通点を探ってみるのも面白いかもしれません!

【洋画】

洋画といっても、ここではすべてアメリカ映画のことを指しています。
アメリカ映画における野球は、ほとんどがメジャーリーグを舞台にしています。
古い作品には「がんばれ!ベアーズ」(1976)のように少年野球チームを舞台にした野球映画もありますが、最近になると「マネーボール」のような選手ではなくGMが主人公となりアメリカ野球界の裏側を描いた作品も登場しています。

①メジャーリーグ(1989)


日本でもメジャーリーグブームを巻き起こした大人気野球映画シリーズ!

デイヴィッド・S・ウォード監督によるアメリカのメジャーリーグを舞台とした野球映画で、「メジャーリーグ2」「メジャーリーグ3」とシリーズ化した作品です。
メジャーリーグ・ベースボール(MLB)に実在する球団クリーブランド・インディアンスの低迷からの快進撃を事実さながらに描いたフィクションドラマで、くせの強い選手たちが大奮闘してニューヨーク・ヤンキースとのプレーオフに進出するまでになる様子を追ったコメディ作品です。
剛腕ピッチャーのリッキー・ボーンを演じたチャーリー・シーンは、この作品で大ブレークしました!リッキーの登板テーマ「Wild Thing」も当時大ヒットしました。

マネーボール(2011)も合わせてチェック!

こちらもMLB実在の球団オークランド・アスレチックスの低迷からの脱却を描いた作品です。
違う点は、球団のゼネラルマネジャーを主人公としていて、貧乏球団の限られた予算で獲得した選手たちの埋もれていた才能を引き出す理論「セイバーメトリクス」によって、球団改革を行ったところ!
どちらの作品もアメリカのメジャーリーグ界の仕組みがわかる面白さがあります。
ちなみに「マネーボール」の主人公ビリー・ビーンは、トレード交渉のためにクリーブランド・インディアンスを訪問し、そこで後の右腕となるピーター・ブラントに出会っています。

②ナチュラル(1984)


35歳でメジャーリーグ入りした「奇跡のルーキー」ロイ・ハブスの半生を描く!

バリー・レヴィンソン監督による野球を題材としたヒューマン・ドラマ作品で、“ナチュラル”=天賦の才の持ち主ロイ・ハブスの波乱に満ちた野球人生を描いています。
主演はロバート・レッドフォードで、主人公のロイ・ハブスを演じています。
野球の天才と言われ、20歳でシカゴへ向かったロイは、凶弾を受けるという不幸な事件に襲われます。
選手生命を絶たれたかと思われたロイですが、その16年後、35歳のルーキーとしてニューヨーク・ナイツに入団することになり、目覚ましい活躍を見せることになります!
原作はバーナード・マラムードの「奇跡のルーキー」で、ロイ・ハブスのキャラクターはフィクションですが、凶弾を受けた実在の選手の実話を基に作られています。

1 2 3 4 5 6