f2811512-6a0b-40ca-bc11-632e4c9485a5

山陰の小京都、津和野!しっとりとした観光を望む人におすすめの15選

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

山口県との県境にある津和野は、昔ながらの白い土塀が続くしっとりとした街! 街を散策すれば懐かしさを感じる風景に、訪れる人は心が癒されるに違いありません。 この街には天空の城「津和野城址」、キリスト教徒殉教の地にある「津和野カトリック教会」、文豪「森鴎外の生家」など歴史を伝える観光スポットがいっぱいあります。 静かに佇むこの地を訪れ、新たな感動を得てみましょう。

1.殿町通り


http://userdisk.webry.biglobe.ne.jp/017/451/26/N000/000/000/124108459324916114395_IMG_1291.JPG

殿町通りは津和野の中でも城下町らしい、静かでしっとりとした佇まいの場所!
山間にあるこの街には、白壁の土塀に黒い瓦屋根が良く似合います。


http://www.all-iwami.com/uploads/guide/spot/spot-0-140225134403.jpg

屋敷の前の掘割には清流が流れ、色とりどりの鯉が泳ぎ周り、初夏になれば紫や白の菖蒲が美しい花をつけます。
掘割はかって用水路として作られたもので、鯉は2万匹あまりいると言われています。
周辺には藩校養老館跡や津和野藩家老多胡家表門、郡庁跡など歴史を伝える建物が残され、太鼓谷稲成神社や弥栄神社、郷土館なども近くにあります。


http://img.4travel.jp/img/tcs/t/pict/500/18/76/27/500_18762737.jpg?1281578589

おしゃれなカフェや郷土料理の店、お土産屋も点在し落ち着いた雰囲気が観光客を楽しませます。


http://img.4travel.jp/img/tcs/t/pict/src/18/76/26/src_18762657.jpg?1281836455

春になると殿町通りには桜が咲き誇り、穏やかな街が華やかになります。

殿町通りの基本情報

・名称:殿町通り
・住所:島根県鹿足郡津和野町後田殿町
・電話:0856-72-1771(津和野町観光協会)
・定休日:無休
・アクセス:JR山口線津和野駅から徒歩10分

http://tsuwano-kanko.net/sightseeing/look/%E6%AE%BF%E7%94%BA%E9%80%9A%E3%82%8A%E3%83%BB%E5%A4%9A%E8%83%A1%E5%AE%B6%E8%80%81%E9%96%80/

2.太皷谷稲成神社(たいこだにいなりじんじゃ)


http://www.pref.yamaguchi.lg.jp/gyosei/kanko/photo/D_kenou/img_taikodaniinarijinja/D_01_taikodaniinarijinja_05_02.jpg

太皷谷稲成神社は1773年に津和野七代藩主亀井矩貞が藩の安泰を願って、京都の伏見稲荷を勧請したものです!
日本五大稲荷の一つで、この神社は稲荷でなく稲成と書きます。


http://blogs.c.yimg.jp/res/blog-fb-b7/mako_neko1124/folder/950582/57/15837057/img_1?1335976774

津和野の街から見た1000本の朱塗りの鳥居は圧巻!


http://www.pref.yamaguchi.lg.jp/gyosei/kanko/photo/D_kenou/img_taikodaniinarijinja/D_01_taikodaniinarijinja_05_01.jpg

鳥居のトンネルを登りきると朱色の太皷谷稲成神社があり、商売繁盛のご利益があるとされます。
境内には郷土の資料を収蔵する宝物殿や、和漢蔵書を収納する養老文庫、茶席半峯亭などがあります。


http://taikodani.jp/wp-content/uploads/2014/10/hitaki.jpg

島根県の神社では出雲大社についで観光客が多く、祭礼には多くの人が訪れます。

太皷谷稲成神社の基本情報

・名称:太皷谷稲成神社(たいこだにいなりじんじゃ)
・住所:鹿足郡津和野町後田409
・電話:0856(72)0219
・定休日:なし
・アクセス:JR山口線津和野駅から徒歩30分ほど、タクシー約5分

http://taikodani.jp/

3.津和野城跡


http://ms-cache.walkerplus.com/walkertouch/wtd/images/n/105182.jpg

津和野城は別名を三本松城とも言い、標高370mの山の上にあった天空の城!


http://blogimg.goo.ne.jp/user_image/58/af/8b4f71442ac394f6a94118c8b3310443.jpg

元寇に対するために30年を費やして完成した山城ですが、明治に入り石垣だけを残して解体されました。


http://blogimg.goo.ne.jp/user_image/42/2f/51f7792a893fef658f66b1cb413a660d.jpg

頂上へは太鼓谷稲成神社の参道よりリフトを利用して5分ほどで登ることができます。


http://blogimg.goo.ne.jp/user_image/1d/00/6bab9c9fb2ecd10e20b17bfdbbda131c.jpg

頂上の城跡は国の史跡に指定される公園となっており、津和野の街を眺望することができます。
眼下に津和野川がゆったりと流れ、津和野の街並みが山裾に広がります。

津和野城跡の基本情報

・名称:津和野城跡
・住所:鹿足郡津和野町後田
・電話:0856(72)1771
・定休日:なし
・アクセス: JR山口線津和野駅から車5分

http://www.tsuwano.net/www/contents/1000000435000/

4.津和野カトリック教会


http://1.bp.blogspot.com/-Pz0YdeSOhJQ/UbPnEibIRJI/AAAAAAAADdg/KAYTUEhREAE/s1600/213.JPG

津和野カトリック教会は城下町の風情ある街並みに建てられた石造りの教会!


http://find-travel.cdn-dena.com/picture/articlebody/99352

教会内部は美しいステンドグラスに畳敷きの建物。昭和6年、ドイツ人 ヴェケレーによって建てられました。

津和野は江戸時代末期に長崎浦上の隠れキリシタンが送られたところ。彼らが信仰を貫き、殉教した地として広く知られています。


http://www.bell.jp/pancho/k_diary-6/images/image-2/1031-05.jpg

隣接して乙女峠展示室があり、長崎浦上村から送られたキリシタンへの拷問の資料が紹介されています。

乙女峠マリア聖堂


http://www.bell.jp/pancho/k_diary-6/images/image-2/1031-17.jpg

津和野駅から歩いて15分ほどのところ、キリシタンが拷問を受け地にある「乙女峠マリア聖堂」。
パウロ・ネーベル神父によって建てられた聖堂は、キリシタンの殉教の悲話を語り継ぎます。
その地には全国から人々が訪れ、殉教者に祈りをささげます。
例年5月3日には乙女峠祭が開かれ、野外ミサが行われます。

津和野カトリック教会の基本情報

・名称:津和野カトリック教会
・住所:島根県鹿足郡津和野町大字後田ロ66-7
・電話:0856-72-0251
・料金:無料
・定休日:年中無休
・時間: 7時30分~18時(12月~3月は8時~17時30分)
・アクセス:JR津和野駅より徒歩約10分

http://www.sun-net.jp/~otome/

5.森鴎外旧宅と森鴎外記念館

森鴎外記念館


http://userdisk.webry.biglobe.ne.jp/009/915/40/N000/000/000/134165683788013123782_aa1.JPG

森鴎外は11歳までの幼少期を津和野で過ごしました。
旧宅に隣接して斬新なデザインの資料館が建てられ、森鴎外の遺品や書簡、直筆の原稿、写真パネルなどを展示しています。

森鴎外旧宅


http://userdisk.webry.biglobe.ne.jp/009/915/40/N000/000/000/134165696910513220769_aa3.JPG

敷地内には森鴎外の旧宅があり、鴎外の4畳半の勉強部屋なども再現されています。
幼少時代の暮らしぶりをうかがい知ることができます。

森鴎外旧宅、森鴎外記念館の基本情報

・名称:森鴎外旧宅、森鴎外記念館
・住所:鹿足郡津和野町町田イ230
・電話:0856(72)3210
・料金:大人600円、中高生400円、小学生250円
・定休日:12月~3月中旬までの毎週月曜日、年末(12/29~31)
・営業時間: 9:00~17:00(最終受付 16:45)
・アクセス:JR山口線津和野駅から石見交通バス、鴎外旧居・長野行きで7分

http://www.town.tsuwano.lg.jp/shisetsu/ougai.html

6.永明寺(ようめいじ)


http://blowinthewind.net/koji/yomei1.jpg

永明寺は、1420年に創建された島根県で最古の禅寺!
本堂の屋根は茅葺屋根となっていてしっとりと落ち着いた雰囲気です。

このお寺は津和野城主の菩提寺で、森鴎外のお墓や大阪城から千姫を救出した坂崎出羽守のお墓もあります。


http://momo2011.way-nifty.com/photos/uncategorized/2015/08/27/dsc00032_r.jpg

森鴎外の墓碑には「森林太郎之墓」と刻まれています。


http://image.space.rakuten.co.jp/lg01/56/0000966156/60/imga8ebd080zikfzj.jpeg

庭の池には鯉が泳ぎ、小さな滝があり静寂に包まれています。
秋になると苔むした参道には紅葉が舞い落ちます。

永明寺の基本情報

・名称:永明寺(ようめいじ)
・住所:島根県鹿足郡津和野町後田ロ107
・電話:0856-72-0137
・料金:境内無料(本堂・庭園・宝物館拝観は300円)
・定休日:
・営業時間:
・アクセス:JR津和野駅から徒歩15分

http://tsuwano-kanko.net/sightseeing/look/%E8%A6%9A%E7%9A%87%E5%B1%B1-%E6%B0%B8%E6%98%8E%E5%AF%BA/

7.安野光雅美術館


http://www.town.tsuwano.lg.jp/anbi/hp_anbi.jpg

安野光雅美術館は津和野駅のそばにあり、白壁の落ち着いた雰囲気の和風建築の美術館。
津和野の出身の国際アンデルセン賞受賞画家、安野光雅の作品を収蔵展示しています。
ロビー壁面は安野光の考案した「魔方陣」のタイルで装飾されています。


https://s3-ap-northeast-1.amazonaws.com/storage.deece.jp/uploads/amusement/image/97436427/4ef09b0d2723bf48_h480.jpg

この美術館にはプラネタリウムや図書館などを併設!
プラネタリウムは安野光雅の希望で作られ、四季折々の星座を楽しめます♪

安野光雅美術館の基本情報

・名称:安野光雅美術館
・住所:島根県鹿足郡津和野町後田イ60-1
・電話:0856-72-4155
・入館料 一般800円 中高生400円 小学生250円
・休館日:年末年始、3月、6月、9月、12月の第2木曜日、特別展等準備期間
・営業時間:9:00~17:00(入館~16:45)
・アクセス:津和野町駅から徒歩で

http://www.town.tsuwano.lg.jp/anbi/anbi.html

8.道の駅 津和野温泉 なごみの里


https://d1xt3jet61y36q.cloudfrontex.net/package/file/parts/5845/35e225ea52b9f51a1b16ecda14525b64

道の駅 津和野温泉 なごみの里は道の駅!
レストランや体験工房、特産品・お土産品を販売していて、ゆったりと体を休めることができます。


http://www.all-iwami.com/uploads/guide/spot/spot-0-131114133300.jpg

この施設には天然ラドン温泉があり、ジャグジーやミストサウナ、樽風呂などいろいろなお風呂を楽しめます。
開放的な露天風呂で体を延ばせば、旅の疲れも取れることでしょう♪

道の駅 津和野温泉 なごみの里の基本情報

・名称:道の駅 津和野温泉 なごみの里
・住所:鹿足郡津和野町鷲原イ256
・電話:0856-72-4122
・入浴料:大人600円/小、中学生350円/幼児無料
・定休日:あさぎりの湯/毎週木曜(祝日は営業)、レストランあかね雲・物販みち草/無休
・営業時間:月~金 11:00~21:00、土・日・祝 9:00~21:00
・アクセス:津和野駅出口から徒歩約40分

http://nagomi-nosato.com/

9.藩校養老館(津和野町民俗資料館)


http://map-city.com/area/shimane/masuda/32501a008/images/s2.jpg


http://blog-imgs-82.fc2.com/c/o/o/cookingyukki/201509151450094fd.jpg

養老館は旧藩政時代の藩士の子弟を教育したところ。
儒学や国学、医学、数学、兵学、武道などを教え、西周や森鴎外などの逸材を輩出しました。
現在は民俗資料館として利用され、落ち着きのある建物が魅力的です。

藩校養老館(津和野町民俗資料館)の基本情報

・名称:藩校養老館(津和野町民俗資料館)
・住所:島根県鹿足郡津和野町後田
・電話:0856-72-1000
・料金:料金無料、津和野町民俗資料館…一般250円・中高生150円・小学生80円
・定休日:水曜日、12/1~2月末
・営業時間: 8:30~17:00
・アクセス:JR津和野駅より石見交通バス津和野温泉行きで3分

http://tsuwano-kanko.net/

10.弥栄神社(やさかじんじゃ)


http://userdisk.webry.biglobe.ne.jp/009/915/40/N000/000/000/137553134223213212625.JPG

弥栄神社は京都の八坂神社から分霊を勧請、津和野城の守護神とされてきました。
津和野大橋のたもとに立つ大きな大鳥居を入ると、そこは境内。


http://userdisk.webry.biglobe.ne.jp/009/915/40/N000/000/000/137553145303013106662.JPG

境内には樹齢540年を超える大きなご神木のケヤキあり、津和野の天然記念物に指定されています。


http://userdisk.webry.biglobe.ne.jp/008/029/44/N000/000/036/137471026335913222815_DSC_7830.JPG

鷺舞(さぎまい)は1542年、津和野城主吉見正頼が京都より持ち込んだ神事舞!
歴代の藩主より手厚く保護され、現在は国の重要無形民俗文化財に指定されています。
7月20日のご神幸の日は街の各所で鷺舞いが行われます。

弥栄神社の基本情報

・名称:弥栄神社(やさかじんじゃ)
・住所:島根県鹿足郡津和野町稲成丁
・電話:0856-72-1771(津和野町観光協会)
・アクセス:山口線津和野駅から徒歩10分

http://tsuwano-kanko.net/

11.堀庭園


http://www.all-iwami.com/uploads/guide/spot/spot-149-01.jpg

堀庭園は、石見銅山の銅山年寄役を務めた豪族堀氏が作った名園!
大きな池を中心に配した池泉回遊式庭園で、1995年に国の名勝の指定を受けました。


http://www.all-iwami.com/uploads/guide/spot/spot-149-03.jpg

初夏の新緑も清々しく癒されますが、秋はとくにおススメ!
木々は真っ赤に色づき、訪れた人はその見事さに立ち尽くすことでしょう。
夜はライトアップされ、幻想的な雰囲気が漂います。

堀庭園の基本情報

・名称:堀庭園
・住所:島根県鹿足郡津和野町大字邑輝795
・電話:0856-72-0010
・料金:一般500円・中高生300円・小学生200円
・定休日:月曜日休園(祝日の場合翌日休園)
・営業時間:9:00~16:00 
・アクセス:JR津和野駅からバス約20分、堀庭園で下車徒歩すぐ

http://tsuwano-kanko.net/sightseeing/look/%E6%B4%A5%E5%92%8C%E9%87%8E%E7%94%BA%E5%9F%8E%E8%B7%A1%E8%A6%B3%E5%85%89%E3%83%AA%E3%83%95%E3%83%88/

12.鷲原八幡宮(わしばらはちまんぐう)


http://blogimg.goo.ne.jp/user_image/05/4d/089884d514c1787bda4b5cbfe66c1a38.jpg

鷲原八幡宮は鎌倉鶴ヶ岡八幡宮を勧請した神社で、600年の歴史を持つ神社。
桜やカエデの名所として知られ、拝殿は1711年に作られ国の重要文化財に指定されています。


http://img-cdn.jg.jugem.jp/5df/2013995/20130227_321907.jpg

境内には全長270mの流鏑馬の馬場があり、毎年4月の第2日曜日には流鏑馬神事が行われます。
鎌倉時代の狩装束をつけた射手が馬を走らせ「陰陽!」と叫びながら3つの目標に向かって矢を放ちます。

鷲原八幡宮の基本情報

・名称:鷲原八幡宮(わしばらはちまんぐう)
・住所:島根県鹿足郡津和野町鷲原イ632
・電話:0856-72-1771(津和野町観光協会)
・アクセス:JR山口線津和野駅からタクシーで約10分

13.SLやまぐち号


http://yamaguchi-city.jp/project/photo/sl/m_sl001.jpg

SLやまぐち号はJR西日本が津和野駅と新山口間に運行する蒸気機関車!
1979年に蒸気機関車の運行を再開し、”貴婦人”の愛称で親しまれています。
津和野への旅はゆったりと行くのがお似合い♪
旅行は早い乗り物と考えがちですが、たまにはのんびりレトロな旅行も素敵♪

人気の展望車風客車


http://www.yuda-onsen.jp/wp-content/uploads/2015/07/957d1f10d3c4f1e249919511f11baf6a.jpg

客車のタイプは大正風・明治風・昭和風・欧風・展望車風があり、レトロな雰囲気がいいですね。
2017年には復刻した新車両が登場する予定です。

SLやまぐち号の基本情報

・名称:SLやまぐち号
・運行区間:JR新山口駅-JR津和野駅間
・運行期間:3月中旬から11月上旬までの土日、祝日の一日一往復
・電話:0570-00-2486(お客様センター)
・料金:乗車券、指定券合わせて大人1名1660円、子供830円

http://www.c571.jp/

14. 日原天文台(にちはらてんもんだい)


http://www.sun-net.jp/~polaris/jpg/2015/20151106iss.jpg

津和野の日原の夜空は、本州で最も星がきれいに見えると言われるところ!
環境省の全国星空の町コンテストで、天の川賞を受賞したこともあります。


http://www.fm-sanin.co.jp/goland/files/IMG_1972.jpg

1985年に国内初の公開型天文台として開設、口径75cmの先進的望遠鏡により本格的な天文観測できます。
隣接する地には「星と森の科学館」やペンションやキャンプ場があります

日原天文台の基本情報

・名称:日原天文台(にちはらてんもんだい)
・住所:島根県鹿足郡津和野町枕瀬806-1
・電話:0856-74-1646
・料金:500円、高校生以下200円
・定休日:火曜日、第2・4水曜日(夏休み中は無休)
・営業時間: 19:00~22:00 (7月20日~8月15日までは時間変更あり)
・アクセス:JR山口線日原駅より徒歩約35分(タクシー7分)

http://www.sun-net.jp/~polaris/top.htm

15.西周(にしあまね)旧居


http://userdisk.webry.biglobe.ne.jp/021/409/58/N000/000/007/134538936895113204659_JS17.jpg

西周(にしあまね)は江戸幕府最後の将軍徳川慶喜の側近として活躍した明治の哲学者。
日本に西洋哲学を初めて紹介した人であり、明治文化の先駆者!
旧宅は森鴎外旧居の向かいに位置し、木造萱葺き平屋建てで中央に母屋、東北端に土蔵があります。
4歳から25歳になるまで暮らした住宅は、1987年に国の史跡に指定されました。


http://img.yaplog.jp/img/18/pc/s/h/i/shigekikou/0/935.jpg

この土蔵で西周は寸暇を惜しんで勉学に励んだとされています。

西周(にしあまね)旧居の基本情報

・名称:西周(にしあまね)旧居
・住所:島根県鹿足郡津和野町後田
・電話:0856-72-1771(津和野町観光協会)
・料金:無料
・営業時間: 09時00分 ~17時00分
・アクセスJR津和野駅より石見交通津和野温泉行きバスで6分

http://comolib.com/places/656153

まとめ

津和野は、かつては津和野藩亀井氏の城下町。
津和野川に沿ったこの街に歴史を伝える屋敷や城址があり、ひっそりと佇んでいます。
小さな街ですが、魅力的な街。ゆったりとした旅を楽しみたい人にはおススメの観光スポットです!
津和野を訪れれば、心に残る思い出を作れるでしょう♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Findyの最新情報をお届けします