名作揃い!女子が30代までに読みたいおすすめ小説15選

本を読みたくて本屋さんやネットストアで本を探すけれど、数が多すぎてどれを選べば良いのか分からない。そんな経験をしたことはありませんか?

本は、あなたを普段とは違う知らない世界に連れていってくれたり、本を読むことそのものがス解消につながったりする素晴らしい体験です。

この記事では、大人になったから今だからこそ読みたい、おすすめの小説をご紹介します。

働く女性におすすめしたい「仕事」にまつわる小説3選

お仕事を含め、自分の立場やこれからの生き方に悩む女性が多い、20〜30代というお年頃。仕事一筋で生きると決めた方にも、家庭や子育てとの間で揺れる方にも、自分の夢を叶えるために一歩踏み出したい方にも読んでほしい、仕事にまつわるおすすめの小説をご紹介します。

1.ガール/奥田英朗 著(講談社)

出典:講談社BOOK倶楽部

わたし、まだオッケーかな。ガールでいることを、そろそろやめたほうがいいのかな。滝川由紀子、32歳。仕事も順調、おしゃれも楽しい。でも、ふとした時に、ブルーになっちゃう(表題作)。ほか、働く女子の気持ちをありえないほど描き込み、話題騒然となった短編集です。

既婚でも、独身でも、子供がいてもいなくてもみんなきっと焦ってる。著者の方は男性ですが、見事なまでに揺れる女性心理を表現した作品です。どれもハッピーエンドの短編集なので、通勤時間や待ち時間などにサクッと手軽に読むことができます。

ガール/奥田英朗 著(講談社) の詳細はこちら

2.スロウハイツの神様(上)/辻村深月 著(講談社文庫)

出典:講談社BOOK倶楽部

人間なんて皆どこかで汚いこと考えているけど、一生懸命きれいに生きようとしている人がいてもいい。どこかに強く美しく誠実に生きている人がいるのではないかと希望が持てるストーリーです。

個性の強いクリエイターの美男美女が集まった「スロウハイツ」で繰り広げられる、それぞれの悩みと葛藤と成長。私たちも、みんな不完全で半人前だけど、だれしも譲れないものがある。ひとつ屋根の下で、励まし合い、ぶつかり合う若者たちに、読んだ人も奮い立たされる作品です。

スロウハイツの神様(上)/辻村深月 著(講談社文庫)の詳細はこちら

3.ワーキングガール・ウォーズ/柴田よしき 著(新潮社)

出典:新潮社
嫉妬と悪意の渦巻く会社は、いつだって女性の戦場。働く女性のリアルな本音と弱音が詰まった一冊です。だんだんと年を重ね、働く代女性の心の揺れ、仕事への情熱、とあきらめがとても良く描かれています。女性が企業の第一線で働きつづけるのはとても大変。

主人公の翔子さんがあまりにも爽快で、葛藤しながらもかっこいい、翔子さんのようになりたいと思う女性は多いのではないでしょうか。翔子さんの周りのOLも、人間味があってきっと共感できる作品です。
ワーキングガール・ウォーズ/柴田よしき 著(新潮社)の詳細はこちら