SEOUR認定デコパージュ講師に習ったデコパージュの方法

最近、趣味としてもデコパージュ。 紙ナプキンを使って、靴や洋服、小物まで自分の好きなデザインを考えて理想の小物や雑貨、家具などを作ることができます。 色々、デコパージュの方法はネットなどで紹介されていますよね。 どれも正しいのでしょうが、今回は筆者がSEOUR認定 デコパージュインストラクターに直接デコパージュの方法習ってきましたので、デコパージュの方法をご紹介いたします。

デコパージュとは?


そもそも、デコパージュとはフランス語で「切り抜く、切り裂く」という意味の工芸の一種です。

実は、デコパージュのルーツは日本にあることをご存知ですか?
17世紀にイタリアの家具職人が日本の漆工芸を真似て始めたのが始まりだといわれています。
ちなみに、デコパージュの発祥の地はイタリアでしたが、18世紀中ごろになるとフランスの上流階級のご婦人たちの間で流行します。

このため、フランス語での「デコパージュ」が浸透したのです。

デコパージュの特徴

デコパージュの大きな特徴は、神に描かれた模様や絵の切り抜きを使用するという点です。

切り抜きを専用のコーティング剤を重ねぬりして、石鹸や小物、靴などにデザインを行うことができます。

古くなった小物などでもデコパージュを行うことで簡単にリサイクルすることができ、古いものを長く使用するためにヨーロッパでは、デコパージュを施した小物や生活雑貨など流行します。

その後、20世紀に入ると気軽に楽しむことができる趣味としてアメリカでも流行し、その後日本でも流行しています。

デコパージュの材料

今回は木箱にデコパージュを行ってみました。
それでは、材料をご紹介いたします。

・デコパージュ専用のり
・ペーパーナプキン(好きなデザインのもの)
・はさみ
・平筆
・木箱
・水
・スポンジ
・ストーン(今回は、スワロを使用しました)

1.デザインを決め、ペーパーナプキンを切る

木箱をどのようなデザインにするか決めます。

今回は、花をメインにしたデザインにすることにしました。
花をハサミを使用して綺麗に切り取ります。
なるべくペーパーナプキンの花の周りが残らないようにします。

そのご、ペーパーナプキンの白い紙を丁寧にはがします。
ナプキンによっては、1枚のものや3枚重ねのものなど種類がわかれていますのえ、絵柄部分以外は全部はがすようにしましょう。

2.1度目ののりづけ

次に、ペーパーナプキンを用意した後は、木箱の面全体にデコパージュのりを平筆で塗っていきます。

ここで、のりを厚くぬりすぎるとペーパーナプキンが破けますし、薄過ぎるとのりがすぐに乾いてしまい、ペーパーナプキンがくっつかないので、全体に均一に塗るようにしましょう。

3. ペーパーナプキンを貼る

デコパージュのりを均一に塗り終わった後、先ほど考えたデザイン通りにペーパーナプキンをはります。

このとき、空気が入りますのでビニールなどを上にあててゆっくりとシワを延ばすようにして空気を抜いて行きます。
このとき、ペーパーナプキンは破れやすいので、気を付けましょう。

1 2 3