51-JFhLx3cL

大ヒット刑事ドラマシリーズからの8選!トレンディーから純情派まで

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

刑事ドラマは当たる!そんなジンクスでもあるのでしょうか? 現在のテレビドラマの多くは刑事ドラマと医療ドラマで出来ていると言っても過言ではありません。 80年代から90年代にかけて主流だった恋愛ドラマは影をひそめるばかり。 そこで今回はあの大ヒットした刑事ドラマシリーズを一挙にご紹介しましょう。 王道な刑事から異色の刑事まで。 たまのお休みをワイルドに決めてみませんか?

「Gメン75」シリーズ

51-JFhLx3cL
https://www.amazon.co.jp/G%E3%83%A1%E3%83%B3%E2%80%9975-BEST-SELECT-VOL-1-DVD/dp/B000J3FCRE?ie=UTF8&tag=iremono05-22

キャスト:丹波哲郎、中村雅俊、夏木マリ、角野卓造、哀川翔、名古屋章、田中美奈子 ほか

警視庁から独立し、特別潜入捜査班「Gメン」として国内犯罪はもちろん国外犯罪に至るまであらゆる難事件を解決していくスペシャリスト集団であります。

黒木警視正(丹波哲郎)をボスとして、唐沢警部(中村雅俊)、江藤香子警部補(夏木マリ)、寺岡部長刑事(角野卓造)などが所属している。

Gメン75のおすすめポイントはココ!

Gメン75の面白さは何と言ってもそのド派手さにあります。
今では考えられないような豪華演出が随所に散りばめられています。

当時スポンサーに某大手車会社が名を連ねていたことから劇中では多くの高級車が使われていることも番組の豪華さに華を添えている。

また社会派ドラマとしての一面もあり、その時問題となっている時事ネタを物語に取り上げることも多々ありました。

1975年にスタートしたこのドラマは82年までシリーズ化され、シリーズ終了後も何度となくスペシャルドラマとして帰ってきたといいます。

今ではお目にかかれないタイプの刑事ドラマをぜひご堪能ください!

「太陽にほえろ」シリーズ

515jcuautSL
https://www.amazon.co.jp/%E5%A4%AA%E9%99%BD%E3%81%AB%E3%81%BB%E3%81%88%E3%82%8D-1981-DVD-BOX-I-%E6%9C%A8%E4%B9%8B%E5%85%83%E4%BA%AE/dp/B002XTKBJQ?ie=UTF8&tag=iremono05-22

キャスト:石原裕次郎、露口茂、竜雷太、小野寺昭、下川辰平 ほか

国民的刑事ドラマの代表格、「太陽にほえろ」。七曲署捜査第一係を舞台にボスこと藤堂俊介(石原裕次郎)をリーダーとして多くの事件を解決していきます。

このドラマの特徴は刑事ドラマという枠にとらわれることなく、どこか青春ドラマや群像劇を見ているかのような雰囲気が魅力です。

太陽にほえろのおすすめポイントはココ!

何といっても石原裕次郎を始めとした大スター達が勢揃いしている豪華な刑事ドラマです。

太陽にほえろは1972年から1986年までの14年にも及びシリーズ化されました。

またボスや山さん、ゴリさん、マカロニ、ジーパンといった刑事一人一人にニックネームが付いていたことも印象的です。

若手俳優の登竜門的ドラマにまで成長し、若き日の萩原健一や松田優作、勝野洋、渡辺徹などその他にも多くの新人俳優をスターダムへと押し上げました。

刑事ドラマ好きは一度は見てほしい往年の名作です。

「西部警察」シリーズ

51COpvB-YjL
https://www.amazon.co.jp/%E8%A5%BF%E9%83%A8%E8%AD%A6%E5%AF%9F-PARTI%E3%82%BB%E3%83%AC%E3%82%AF%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%B3-%E5%A4%A7%E9%96%80BOX-3-DVD/dp/B006VRCJ00?ie=UTF8&tag=iremono05-22

キャスト:渡哲也、石原裕次郎、武藤章生、舘ひろし、寺尾聡、三浦友和 ほか

石原プロモーションが制作し、テレビ朝日系列で1979年から1984年にかけて放送された大ヒット刑事ドラマです。

舞台は東京の城西地区を所管とする警視庁西部警察署。

捜査課の大門(渡哲也)部長刑事とその部下たちによる物語です。

「大門軍団」の異名を持つ彼らは犯罪者からも恐れられるほどの迫力で犯罪捜査に立ち向かっています。

そんな彼らを見守るのは捜査課長の木暮(石原裕次郎)警視。

大門軍団の強みはその硬い結束力にあります!
熱い信頼と意志の元、今日も極悪犯に立ち向かっていくのです。

西部警察のおすすめポイントはココ!

ワイルドなアクションシーンにカースタント、そしてド派手な爆破などそのスケール感の大きさはまるでハリウッド映画のよう。

というのもそのはず。
西部警察の「西部」とはマカロニ・ウェスタンを彷彿とさせる西部劇のような刑事ドラマがコンセプトなのです!

何より出演者の男らしいカッコ良さがこのドラマの大きな魅力といえるでしょう。

武骨で硬派な男の刑事ドラマを観たい方には特におすすめのシリーズです。

渋い男たちの色気にぜひ魅了されてください!

「あぶない刑事」シリーズ

51BweiQcG2L
https://www.amazon.co.jp/%E3%81%82%E3%81%B6%E3%81%AA%E3%81%84%E5%88%91%E4%BA%8B-DVD-Collection-VOL-1-%E8%88%98%E3%81%B2%E3%82%8D%E3%81%97/dp/B00YOY1MW8?ie=UTF8&tag=iremono05-22

キャスト:舘ひろし、柴田恭兵、仲村トオル、浅野温子、中条静夫 ほか

通称あぶデカ。
1986年よりスタートした舘ひろし、柴田恭兵コンビによる大ヒット刑事ドラマシリーズです!

横浜の港警察署捜査課を舞台に鷹山敏樹(舘ひろし)通称タカと大下勇次(柴田恭兵)通称ユージを中心にコメディ要素満載のサスペンスアクションドラマとなっております。

あぶない刑事のおすすめポイントはココ!

518Z1VaYV7L
https://www.amazon.co.jp/%E6%95%B0%E9%87%8F%E9%99%90%E5%AE%9A%E7%94%9F%E7%94%A3%E7%89%88-LIMITED-VINTAGE-NEO%E3%80%8C%E3%83%8B%E3%83%83%E3%82%B5%E3%83%B3-%E3%83%AC%E3%83%91%E3%83%BC%E3%83%89%E3%80%8D%E3%83%91%E3%83%83%E3%82%B1%E3%83%BC%E3%82%B8%E9%99%90%E5%AE%9Aver-%E4%BB%98%E3%81%8D/dp/B01DKB8ESU?ie=UTF8&tag=iremono05-22

とにかく物語もさることながらタカとユージのスタイリッシュで都会的なカッコ良さにメロメロとなることでしょう。

他の刑事ドラマにはないファッション性やコメディ感など、すべてにおいて異色のドラマといっても過言ではありません。

まるで漫画の中の世界観が現実に飛び出て来たかのような、どこか異空間な雰囲気も身にまとっていたりして刑事ドラマながらキュンとさせられるポイントも備わっています。

脇を固める個性的なキャラクターたちにも注目ですよ!

特に真山薫(浅野温子)、通称カオルの自由奔放さはこのドラマに可愛さと明るい笑いをプラスしてくれています。

あまりの人気ぶりにシリーズは「もっとあぶない刑事」や映画、スペシャルドラマとして何度も復活し、2016年には足掛け30年の集大成、映画「さらばあぶない刑事」が本シリーズの完結として制作されました。

どの部分を切り取っても見どころ満載なあぶない刑事です!

「はぐれ刑事純情派」シリーズ

511P4fD25lL
https://www.amazon.co.jp/%E3%81%AF%E3%81%90%E3%82%8C%E5%88%91%E4%BA%8B%E7%B4%94%E6%83%85%E6%B4%BE-DVD-%E8%97%A4%E7%94%B0%E3%81%BE%E3%81%93%E3%81%A8/dp/B003BWBQBQ?ie=UTF8&tag=iremono05-22

キャスト:藤田まこと、梅宮辰夫、岡本麗、島田順司、眞野あずさ ほか

警視庁山手中央警察署を舞台とし山手中央警察署における名物刑事、安浦吉之助(藤田まこと)を中心に事件、そして人情の物語です。

このドラマのキャッチコピーは「刑事にも人情がある。犯人にも事情がある。」

当時大人気を博していた刑事シリーズ「あぶない刑事」とは対照的ながらも、その人情溢れる人間描写に誰もが惹きつけられました。

はぐれ刑事純情派のおすすめポイントはココ!

刑事ドラマでありながら発砲シーンやド派手な爆破、アクションシーンなどが描かれることはほとんどなく、どうしてこうした犯罪に至ったのかという心情描写が魅力的です。

また安浦刑事のホッとする優しい語り口も人気の秘密で、犯人を諭すシーンに多くの人が涙したことでしょう。

そして何より安心感を与えるのが同居する娘たちとの何気ない会話や安浦行きつけのバー「さくら」で繰り広げられるママへの人生相談も楽しみの一つとなります。

本シリーズは1988年から2005年の18年間、テレビ朝日系列でレギュラー放送され、レギュラー放送終了後には2009年まで年に1回のペースでスペシャル版としても制作されました。

2010年には長年主演を務めてきた藤田まことの死去により最終回スペシャル時に放送された「さよなら安浦刑事!命を懸けた最後の大捜査!!」を追悼番組としました。

現在放送中の「相棒」へと繋がるこの枠を21年間牽引してきたこの功績には計り知れないものがあることでしょう。

心に染み入る王道の刑事ドラマがココに!
ぜひご覧ください。

「古畑任三郎」シリーズ

51rKtnOlDFL
https://www.amazon.co.jp/%E5%8F%A4%E7%95%91%E4%BB%BB%E4%B8%89%E9%83%8E-3rd-season-1-DVD/dp/B0002Q2KKU?ie=UTF8&tag=iremono05-22

キャスト:田村正和、西村雅彦、石井正則、小林隆 ほか

強烈な個性を放つ古畑任三郎(田村正和)は警視庁刑事部捜査一課に所属。階級は警部補で黒いファッションがトレードマークの敏腕刑事です。

推理力に優れ、どんな小さな証拠も決して見逃しません!
鋭い観察力と粘り強さでいくつもの難事件を早期解決へと導いていきます。

部下の今泉(西村雅彦)とのデコボココンビにはクスッと笑ってしまうコメディ要素も。

古畑任三郎のおすすめポイントはココ!

何といっても古畑任三郎の魅力はその巧みな話術!
軽妙かつ独自の視点から鮮やかに犯人の自白を勝ち取っていきます。

彼の刑事の勘は鋭く、一度目を付けた犯人を決して離しません。

そのしつこさに犯人から煙たがられることもしばしば・・。

また田村正和から溢れる唯一無二のキャラクター像は視聴者の心をガッチリと掴んで離すことはありませんでした。

本作品は1994年の放送を皮切りにシリーズ化され、セカンドシーズン、サードシーズンと続くと共に多くのスペシャルドラマも制作されました。2006年にファイナルを迎えるまで幅広い世代から愛されるキャラクターへと成長を果たすこととなります。

和製コロンボとも称された異色の刑事でした。

古畑任三郎を演じるに当たっての田村正和談として面白いのが、このオファーを受けたのはただ単に撮影現場と家が近かったからという回答に、何とも落ち着いた微笑ましさを感じることでしょう。

三谷幸喜脚本による上質さもちょうど良い。

「踊る大捜査線」シリーズ

51EPFV6CB3L
https://www.amazon.co.jp/%E8%B8%8A%E3%82%8B%E5%A4%A7%E6%8D%9C%E6%9F%BB%E7%B7%9A-MOVIE-DVD-%E7%B9%94%E7%94%B0%E8%A3%95%E4%BA%8C/dp/B00009AV05?ie=UTF8&tag=iremono05-22

キャスト:織田裕二、柳葉敏郎、深津絵里、水野美紀、いかりや長介、ユースケ・サンタマリア ほか

これまた新しい刑事ドラマのカタチを打ち立てた異色作です!主人公の青島俊作(織田裕二)巡査部長を中心に現場と組織の構図を鮮明に描いた斬新な切り口が持ち味。

青島の名言「事件は会議室で起きているんじゃない、現場で起きているんだ!」と言わしめたように、実際で現場で働く刑事たちとキャリア組との温度差がこの物語の核となっています。

踊る大捜査線のおすすめポイントはココ!

このドラマで常に描かれている現場で働く刑事たちと組織のトップであるキャリア。しかしそんな温度差の中にも青島と室井(柳葉敏郎)警視監との友情に熱いものを感じた人も多いはず。

青島は現場で室井はキャリア組として中から組織を変えると約束するのです。

そしてもう一つ、青島と和久さん(いかりや長介)の強い絆も番組をより深い物へと導いてくれるスパイスのような味わい深い役割を果たしてくれていることでしょう。

踊る大捜査線は1997年の初回放送より人気を博しシリーズ化。
スペシャルドラマや映画、スピンオフ作品も含め多くの物語が制作されました。

しかし2012年、ファンに惜しまれながらも映画「踊る大捜査線 THE FINAL 新たなる希望」をもってその15年という輝かしい歴史に幕が下ろされたのでした。

バブル時代の派手さはないものの、ロケも多くスケール感のある作品がお好みの方には特におすすめしたい作品です。

「相棒」シリーズ

51jyKpBguvL
https://www.amazon.co.jp/%E7%9B%B8%E6%A3%92season14-%E3%82%AA%E3%83%AA%E3%82%B8%E3%83%8A%E3%83%AB%E3%83%BB%E3%82%B5%E3%82%A6%E3%83%B3%E3%83%89%E3%83%88%E3%83%A9%E3%83%83%E3%82%AF-%E6%B1%A0%E9%A0%BC%E5%BA%83/dp/B01ATQW9Y4?ie=UTF8&tag=iremono05-22

キャスト:水谷豊、寺脇康文、及川光博、成宮寛貴、反町隆史 ほか

水谷豊演じる杉下右京と彼の相棒を中心とし警視庁内の窓際部署とも言われる「特命係」の活躍を描く刑事ドラマの秀作です。

右京は優秀でありながらもその変人ぶりが目に付く少々変わり者な人物。

しかしその推理力や洞察力には目を見張るものがあり、一目置かれている部分でもあります。

好奇心旺盛で、事件について気になったことは徹底的に調べ尽くすのが彼のやり方で、時には組織から煙たがられる存在でもある。

捜査一課からはあまりいい顔をされていないが、鑑識課の米沢守(六角精児)や5課長の角田六郎(山西惇)などの協力を得ながら日々現場で奮闘しています。

相棒のおすすめポイントはココ!

相棒の面白さは何といっても上質なストーリー展開にあります。

海外ドラマのように脚本家が何人もいる点においても飽きることなく見続けられる面白さがあるのではないでしょうか。

そして相棒の目玉は相棒。

次々に代わる右京の相棒から目が離せません!

初代相棒の亀山薫(寺脇康文)は現在最多のシーズン7まで勤めました。

2代目は神戸尊(及川光博)でシーズン7から10まで勤めました。

3代目の甲斐享(成宮寛貴)はシーズン11から13まで勤めました。

そして現在、相棒を務めているのが冠城亘(反町隆史)です!
法務省キャリア官僚から警視庁へ出向。その後にある事がきっかけで法務省を退官し、特命係へ。正式に右京の相棒となったのです。

まだ走り出したばかりの右京と冠城コンビにぜひご注目ください!

刑事ドラマのあとがき。

いかがでしたか?

普段何気なく見ている刑事ドラマ。
しかし大ヒットする番組には共通点がありました。

それは私たちを虜にする個性です!

同じ刑事ドラマでも今回ご紹介したドラマの多くはとても個性的で唯一無二の雰囲気があります。

「カッコイイ」というただそれだけにも、いくつものカッコ良さが有り、だからこそ刑事ドラマは長年多くの人々の心を掴み制作され続けるのでしょう。

お休みの数時間を刑事ドラマとともに過ごしてみませんか?

それでは素敵な休日を!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Findyの最新情報をお届けします