アロマオイルの使い方まとめ!心も身体もリラックスしよう♪

リラックスしたいとき、元気がほしいときなどにはもちろん、アロマオイルには少し意外な使い方もあるのです。 香りや効能、アロマオイルを使える電化製品、手軽に楽しめる方法などをご紹介していきます。

アロマテラピーについて

香りは脳に直接働きかけるので、リラックスしたい時などに効果的です。

アロマオイルを日々の生活に取り入れると、リラックス、リフレッシュ、気分転換などの助けになることでしょう。

エッセンシャルオイルと水溶性アロマオイル

エッセンシャルオイルとは、100%植物からとった精油のことであり、水に溶けません。

アロマテラピーに使われるのは、このエッセンシャルオイルです。

水溶性のオイルは、エッセンシャルオイルを水に溶けやすくしたものであり、アロマディフューザーや加湿器に適している一方で、アロマランプなどには不向きです。

ちなみに、精油、アロマオイルと呼ばれますが、「油」とは違うものです。

抽出の方法は植物によって使い分けられており、とてもたくさんの香りのアロマオイルがあります。

アロマオイルの種類

さまざまなアロマオイルと、香りの特徴やその効能をご紹介していきます。

リラックス系の香りは、精神疾患やストレスにも効果があるようですよ。

オレンジスイート

オレンジスイート、というのは、オレンジの香りには「ビター」と「スイート」があるからです。

スイートは甘い香り、ビターは苦みのある香りであり、スイートの方が万人受けしやすいような香りです。

疲労回復や、気分をよくする効果、発汗作用や殺菌作用、リラックスやリフレッシュなどの効果が挙げられます。

また、食欲が出るという効果もあります。

ラベンダー

ラベンダーの香りにリラックス効果があるとされていることは、有名なのではないでしょうか。

イライラや緊張を抑えたい時にラベンダーの香りをかぐと、安らげることでしょう。

また、自律神経を整えたり、免疫を上げるほかに、ニキビや傷口に効く殺菌効果や、防虫効果も挙げられます。

頭痛などの傷みを和らげる効果もあるとされています。

レモン

レモンの香りには、リラックスやリフレッシュ、集中力を高める、血行をよくする、解熱などの効果があるとされています。

レモンの香りといえば、ポピュラーなので想像がつきやすいのではないでしょうか。

ほかには殺菌や消毒の効果が挙げられますので、室内でレモンのアロマをたくことで、風邪の予防をすることもできます。

気分を高める効果もあるので、積極的になりたい時や、落ち込んでいる時にも使えそうですね。

イランイラン

イランイランは、濃厚な甘い香りです。

女性らしさを引き出してくれるともいわれます。

幸せな気持ちになる、気分をよくする、リラックス、ホルモンバランスを整える、よく眠れる、殺菌、消毒などの効果が挙げられます。

皮脂のバランスを整える効果があるので、スキンケアヘアケアに使うこともできます。

イランイランは、長時間使うと頭痛や吐き気などの体調不良を起こすことがありますので、注意しましょう。

1 2 3 4 5