ローズ

アロマオイルの使い方まとめ!心も身体もリラックスしよう♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

リラックスしたいとき、元気がほしいときなどにはもちろん、アロマオイルには少し意外な使い方もあるのです。 香りや効能、アロマオイルを使える電化製品、手軽に楽しめる方法などをご紹介していきます。

アロマテラピーについて

香りは脳に直接働きかけるので、リラックスしたい時などに効果的です。

アロマオイルを日々の生活に取り入れると、リラックス、リフレッシュ、気分転換などの助けになることでしょう。

エッセンシャルオイルと水溶性アロマオイル

エッセンシャルオイルとは、100%植物からとった精油のことであり、水に溶けません。

アロマテラピーに使われるのは、このエッセンシャルオイルです。

水溶性のオイルは、エッセンシャルオイルを水に溶けやすくしたものであり、アロマディフューザーや加湿器に適している一方で、アロマランプなどには不向きです。

ちなみに、精油、アロマオイルと呼ばれますが、「油」とは違うものです。

抽出の方法は植物によって使い分けられており、とてもたくさんの香りのアロマオイルがあります。

アロマオイルの種類

さまざまなアロマオイルと、香りの特徴やその効能をご紹介していきます。

リラックス系の香りは、精神疾患やストレスにも効果があるようですよ。

オレンジスイート

オレンジ・スイート

オレンジスイート、というのは、オレンジの香りには「ビター」と「スイート」があるからです。

スイートは甘い香り、ビターは苦みのある香りであり、スイートの方が万人受けしやすいような香りです。

疲労回復や、気分をよくする効果、発汗作用や殺菌作用、リラックスやリフレッシュなどの効果が挙げられます。

また、食欲が出るという効果もあります。

ラベンダー

ラベンダーの香りにリラックス効果があるとされていることは、有名なのではないでしょうか。

イライラや緊張を抑えたい時にラベンダーの香りをかぐと、安らげることでしょう。

また、自律神経を整えたり、免疫を上げるほかに、ニキビや傷口に効く殺菌効果や、防虫効果も挙げられます。

頭痛などの傷みを和らげる効果もあるとされています。

レモン

レモンの香りには、リラックスやリフレッシュ、集中力を高める、血行をよくする、解熱などの効果があるとされています。

レモンの香りといえば、ポピュラーなので想像がつきやすいのではないでしょうか。

ほかには殺菌や消毒の効果が挙げられますので、室内でレモンのアロマをたくことで、風邪の予防をすることもできます。

気分を高める効果もあるので、積極的になりたい時や、落ち込んでいる時にも使えそうですね。

イランイラン

イランイランは、濃厚な甘い香りです。

女性らしさを引き出してくれるともいわれます。

幸せな気持ちになる、気分をよくする、リラックス、ホルモンバランスを整える、よく眠れる、殺菌、消毒などの効果が挙げられます。

皮脂のバランスを整える効果があるので、スキンケアヘアケアに使うこともできます。

イランイランは、長時間使うと頭痛や吐き気などの体調不良を起こすことがありますので、注意しましょう。

ローズ

ローズ

優雅な印象の甘い香りがするローズは、リラックス効果があります。

アンチエイジング、女性ホルモンの調整、炎症を抑えるなどの効果が挙げられます。

ジャスミン

うっとりするような香りで、精神を安定させたり、幸福な気持ちにさせてくれる効果があります。

イライラやストレス、PMS(月経前症候群)、更年期障害にも効果があるとされます。

ティートゥリー

ティートゥリーは、薬のような印象の、クールで爽やかな香りがします。

リフレッシュ効果があるほかに、優れた殺菌、抗炎症作用があるので、ニキビや皮膚炎などに効くとされています。

ティートゥリーは、原液を飲み込んだり、大量に使うと危険なのでご注意ください。

ユーカリ

ユーカリにはたくさんの種類があるのですが、呼吸を楽にする、集中力を高めるなどの効果があります。

抗炎症作用があるので、傷口のなおりを早めることや、筋肉痛にも効果があるとされます。

デオドラント効果もあるので、におい消しにも使うことができます。

アロマオイルを楽しめる電化製品

アロマポット

アロマポットは、ろうそくをつけて、その熱でオイルの香りが広がるしくみですが、こちらは電気によってあたためるため、火を使わないので安全です。

電源をとることもできますが、電池でも動くのでどこでも使うことができます。

LEDによってろうそくのような灯りがつき、息を吹きかけることで電源オフになるというユニークなアロマランプです。

電源ボタンでも、オフにすることができます。

コンセントアロマライト

コンセントのところに直接差して使うアロマライトです。

ライトの熱であたたまり、オイルの香りが広がります。

アロマの香りとともに、幻想的な光を楽しむことができます。

ネコや月、星のとても可愛い柄ですね。

リラックスしたい時、単純にライトとして使うのにもよさそうです。

ランタンの形で、メルヘンチックな印象の可愛らしいコンセントアロマライトです。

そこそこ明るさもありそうですし、間接照明としてもリラックスタイムを演出してくれそうですね。

アロマディフューザー

8色のライトが搭載されている、小型のアロマディフューザーです。

香りとともに光も楽しむことができ、加湿、空気清浄の機能もあります。

いつもの空間に置くと、より快適に過ごすことができそうですね。

加湿、空気清浄の機能のあるアロマディフューザーです。

香りとともに、LEDによる7色の光も楽しむことができます。

300mlの大容量があり、10時間続けて稼働できるので、途中の水やオイルの入れ替えが少なくなりますね。

このことから、長時間使いたい方にはうってつけでしょう。

動作音も静かであり、中にお水がない時は停止するので、空焚きしてしまうことがなく安心です。


ロマオイルのさまざまな楽しみ方

アロマディフューザーなどは定番といったところでしょうが、ここからは少し意外な使い方もご紹介していきます。

アロマオイルだけでも気軽に楽しめる

アロマディフューザーなどを持っていなくても、ハンカチにアロマオイルをふくませて香りをかぐだけで、気軽楽しむことができます。

これなら、アロマオイルだけしか持っていなくても大丈夫ですし、学校でも職場、外出先など、いつでも気軽にリフレッシュやリラックスなどの効果を得ることができますね。

また、お湯をいれたマグカップに数滴いれておくと香りが広がります。

これも、何も買いそろえなくても楽しむことができる方法です。

アロマオイルだけでも楽しめるのなら、気軽に試しやすくなりそうですよね。

お風呂に

入浴剤のようにお風呂に5滴ほどいれてかきまぜ、香りを楽しむ方法もあります。

同じ香りを使い続けていると、においに慣れてきて量を増やしたくなるかもしれませんが、
エッセンシャルオイルはとても効果があり、入浴中には影響を受けやすいため、あまり多くいれると危険なので気をつけるようにしましょう。

また、刺激が強いためお肌がピリピリすることもあるので、刺激が気になる方は肘湯や足湯もおすすめです。

エッセンシャルオイルは水に溶けませんので、バスソルトになじませてから使うのもおすすめです。

よく眠りたい方はリラックス効果のあるラベンダー、女性らしい気分になりたいときはローズなどの甘い香りがよさそうですね。

アロマオイル

お肌に

エッセンシャルオイルは刺激が強いため、基本的にはお肌に直接つけてはいけないものなのですが、例えばティートゥリーは、傷口の消毒に使われることがあります。

エッセンシャルオイルを使うときは、かえって肌トラブルになってしまうことのないよう、うすめて使いましょう。

ラベンダーも例外的に少量なら原液をお肌につけることができるといわれていますが、お肌の弱い方は注意しましょう。

これらの「直接肌につけられる」というのは、100%のエッセンシャルオイルについてのことです。

無添加、高品質なものを選びましょう。

また、柑橘系のエッセンシャルオイルは、つけてから紫外線に当たるとよくないという見解もあります。

化粧品など手作りしている方もいるようですが、面倒ならばアロマオイルをブレンドした化粧品を買ってしまうのも、手っ取り早いかもしれませんね。

お掃除に

アロマオイルは、洗濯すすぎ時、掃除機、雑巾がけ、排水溝の匂い取り、ルームスプレーなどにもおすすめです。

床掃除の時に、バケツに除菌効果のあるアロマオイルを数滴いれてから雑巾がけをすることで、香りを楽しみつつ除菌することができます。

ティートゥリーやユーカリ、ラベンダー、オレンジなどがおすすめです。

また、洗濯すすぎの時にアロマオイルを数的いれると衣類にいい香りがつき、干しているときにも広がります。

ただ、乾燥機能を使う時には危険なのでやめたほうがいいようです。

アロマオイルを染み込ませたコットンなどを洋服といっしょにタンスにいれておくと良い香りがつきますし、防虫効果があるアロマオイルを使うと、虫害から衣類を守ってくれます。


油をブレンドして楽しむ

好きな香りのエッセンシャルオイルをブレンドして、自分の好みの香りを作ることもできます。

また、オリジナルブレンドのアロマオイルを販売しているメーカーもあります。

PMS(月経前症候群)に効くブレンドの、エッセンシャルオイルです。

なんだか、薬に頼るより健康的な感じがしますよね。

ゼラニウム、パルマローザ、フランキンセンス、クラリーセージ、レモン、ローズなどがブレンドされています。

甘い果実の香りの、「幸福の果樹園」というブレンドエッセンシャルオイルです。

ベルガモット、オレンジ、ネロリなどがブレンドされています。

アロマペンダント

アロマペンダントとは、お気に入りのエッセンシャルオイルを入れたり、コットンなどにふくませたりしてペンダントとして好きな香りを身につけていられるものです。

体温によってあたたまり、香りが漂うのだとか。

こちらのものは、コットンにアロマオイルを染み込ませて使うタイプです。

こういった形のものから、大人可愛い印象のものなど、さまざまな形のアロマペンダントがあるので、気になった方は探してみると好みの形のペンダントが見つかるかもしれません。

ちなみに、アロマペンダントやキーホルダーは、100円均一でも売っているそうなので、とりあえずどんな感じなのかを試してみたい方は、探してみてもよさそうですね。

ペンダントを自作してみても楽しめそうです。

アロマストーン

アロマストーンとは、素焼きの石にアロマオイルを数滴たらすことで香りを楽しめるというものです。

半日から三日ほど香りが持続し、香りが薄くなってきたらアロマオイルを足して使います。

アロマディフューザーも、カップにお湯を張るのも面倒だけれどアロマを楽しみたい方におすすめです。

このアロマストーンは、100円均一でも売っているほかに、100円均一の「石粉粘土」を使って作ることもできます。

アロマストーンにはかなり可愛らしいものもあるので、いくつかご紹介します。

可愛らしいうさぎの置き物に見えますが、アロマストーンなのです。

素朴さがいいですね。

白鳥の背にあるバラがアロマストーンになっています。

とても上品な印象ですね。

こういったような、シンプルな形のものもあります。

エッセンシャルオイルも販売している「生活の木」のアロマストーンです。

こちらは、アロマストーンとは少し違い、オイルをたらす必要のないストーンタイプのルームフレグランスです。

甘い、キャンディーブロッサムの香りがついています。

まとめ

アロマオイルの使い方などご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。

ハンカチに染み込ませたり、アロマストーンを使えばアロマオイルはお手軽に楽しむこともできますので、ぜひ日々の生活に取り入れてみてくださいね。

アロマペンダントはちょっとした香水の代わりにもなりそうなので、香水は苦手だけれど少しだけいい香りをまといたい、という方はぜひ試してみてはいかがでしょうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Findyの最新情報をお届けします