91x2gNGeF3L._SL1500_

【スリル満点の邦画】まさに傑作!おすすめミステリー映画5選☆

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

邦画の中でもドキドキが止まらない傑作ミステリー映画の情報をお届けします。 ミステリーにもいろんな種類のワクワクドキドキ感がありますが・・・ 今回ご紹介する作品5作は、人間味溢れる主人公が魅力的な作品ばかり。 日常の中に広がる謎が、さらなる謎を呼び、超展開を迎える作品をピックアップしました!

『白ゆき姫殺人事件』

白ゆき姫殺人事件 [DVD]

【あらすじ】ネット社会が生み出す闇!

週刊誌のフリーライター「赤星」は、高校時代の友人「狩野」から電話を受ける。
その内容は焼死体が発見された事件について。
被害者は「三木典子」。「白ゆき」石鹸を販売する化粧品会社勤めで、「狩野」の同僚だった。

「赤星」はそこから、「狩野」本人そして、会社の同僚等に取材を開始。
すると、「城野美姫」と言う被害者と同期入社でなにかと比較されていた社員の名前が浮上する。
取材を重ねるごとに、「城野」が容疑者にしか思えなくなる。
そして、「白ゆき姫殺人事件」とネット社会では呼ばれる様になり、「城野」の存在がこの事件の鍵となってくる!

SNS上で噂の魔女として、容疑者に祭り上げられある女性!それは身近な恐怖☆

湊かなえの同名小説の映画化。
現在のインターネット社会が浮き彫りになるシチュエーション。

残忍な殺人事件現場と犯行動機が全くイコールにならない、まさに時代を象徴した内容。

綾野剛・井上真央・奈々緒・蓮沸美沙子・金子ノブアキなど実力派若手俳優陣が豪華に演じている事も魅力の1本です☆

『スワロウテイル』

スワロウテイル [DVD]

【あらすじ】’円都’(イェン・タウン)で一攫千金狙う悲喜こもごもな人生達

「円」というお金が世界で一番強かった時代に一攫千金を狙い日本にやって来た外国人達は「円都(イェン・タウン)」と呼ばれ、そこに住みついた違法労働者達を日本人は「円盗(イェン・タウン)」と呼んで卑しんだ。

「名前のない少女」の唯一の肉親は円都で娼婦の母親。
しかしそんな母親が亡くなり居場所を失う「名前のない少女」。そんな時、娼婦「グリコ」に拾われる。
「グリコ」は胸に蝶のタトゥーを持ち美しい歌を歌う女。
彼女もまた、上海から「円」を夢見てやって来た円盗だった。

「グリコ」は「名前のない少女」に「アゲハ」と言う名前を与えました。
「アゲハ」が「グリコ」と過ごしだして数日経ったある日、「アゲハ」はヤクザに強姦されそうになり・・・!

使用言語は日本語・英語・中国語な無国籍な世界感!

岩井俊二の同名小説を本人監督で映画化。
架空の歴史をたどった日本にある町を舞台に移民たちの姿を描いた作品。

劇中のバンド「YEN TOWN BAND」ではグリコ役のCHARAが切なく歌う曲がオリコンチャートで週間1位を獲得するなど音楽面でも評価を残した作品です。

架空の町が舞台であるにも関わらず、排他的で、なおかつ、夢に向かう情熱を感じることができるので、ミステリーな世界感があるものの、どこか人間臭さに引きつけられる映画です!

『プラチナデータ』

プラチナデータ DVD  スタンダード・エディション

【あらすじ】彼は天才科学者!連続殺人犯のDNAと自分が一致するまでは・・・

DNA捜査により検挙率100%、冤罪率0%を目指す近代日本。
しかし、そのDNA情報により犯罪に巻き込まれ、容疑者を追う立場から追われる立場となった警視庁特殊捜査官で天才科学者の「神楽」。

DNAシステムで検索できない「NF(Not Found)13」の事件が発生。
そしてその事件で使用された拳銃と同じ拳銃で脳神経外科の「蓼科兄妹」が殺害された。
その事件のDNA解析で現れたDNAモンタージュはまさしく自分、「神楽」本人でした。

そして「神楽」には、もう一つの人格「リュウ」が存在していた・・・。

本当に自分が容疑者なのか?リュウは何者・・・!

東野圭吾さんの同名小説の映画化。
タイトル「プラチナデータ」は東野圭吾さんの造語。
これは物語の核心に繋がるデータの事を意味しています。

近代日本の警察組織で使用されるDNAデータ。
現在もこのDNAの飛躍的進歩で解決へ導く事件のケースが多くあるそうです。しかし劇中ではその絶対信頼を置くDNAで有り得ない解が導かれます!

衝撃的なクライマックスをぜひお楽しみください!

嵐・二宮和也さんが2重人格の主人公「神楽」を絶妙に演じているところがミステリーの醍醐味を引き出しています!

『チームバチスタの栄光』

チーム・バチスタの栄光 [DVD]

【あらすじ】心臓移植のスペシャリスト集団「チームバチスタ」に秘められた嘘

東城大学医学部付属病院はサザンクロス心臓疾患専門病院から心臓外科の権威・桐生恭一を招きます。

心臓移植の代替医療であるバチスタ手術の専門に行う「チームバチスタ」を結成し驚異の成功を収めていた。

ところが成功率100%のチームバチスタが3例立て続きに謎の術中死に遭遇。
世間の疑念を払拭すべく院長「高階」は「不定愁訴外来」の「田口医師」に内部調査を命じる。

調査が難航している中、外部から調査員がやってきます。
それが厚生労働省の役人「白鳥」だった。
「田口」と「白鳥」はコンビを組み、ともに調査を開始することに。

医療現場の闇を神経内科Drと厚生労働省の役人、異色のコンビがぶった切る!

医療小説の第一人者と呼ぶにふさわしい、海堂尊さんの長編小説第一弾映画化。

海堂さんは自身が医師である事もあり、その経験を活かして、医療現場・大学病院・医局政治や人間関係、をリアルに描かれています。
密室で起きたミステリー、それはバチスタ手術中に起きた謎の患者の死。

劇場版は医師田口に竹内結子、厚生労働省役人に阿部寛が演じ、濃いキャラクターを更に濃く親しみやすく表現しています。

『ゴールデンスランバー』

[DVD]”>

【あらすじ】「お前、オズワルドにされるぞ。」友人の意味不明な忠告が現実となる!

首相公選制が存在する現代。
仙台市内では「金田首相」の凱旋パレードが盛大に行われていた。

元宅配業「青柳」は数年前に暴漢に襲われていたアイドルを仕事中偶然にも助けたことで一躍時の人となり、地元では顔を知らない人がいない有名人。

大学時代の親友「森田」に数年ぶりに呼び出された「青柳」は「森田」の様子がおかしいことを訝しむ。
そして「森田」から「お前、オズワルドにされるぞ」と告げられる。

意味不明な言葉に困惑する「青柳」。
しかしその直後、首相は暗殺され警官が2人のところにやってくる。「お前は逃げろ」と促された「青柳」はその場を逃げ出し車を後にするが、「森田」は自動車ごと爆殺されてしまう!

首相暗殺の濡れ衣を着せられた男の逃亡劇!最後まで気を抜けないミステリー

伊坂幸太郎さんの同名小説映画化。
伊坂さんの2年ぶり書き下ろし作品で、2008年本屋大賞受賞・第21回山本周五郎賞受賞作品・2009年度版『このミステリーがすごい!』1位などの華々しい功績を残した作品です。

主人公の昔の彼女や大学のサークル仲間など周りの人たちとの絆が大きな役割を果たし、人間が生活する上で一番重要な事は人との繋がりや信頼なのではないかという作者の考えが込められたストーリー。

堺雅人演じる主人公がとてもリアルな逃亡劇を私たちに見せつけます!

邦画ミステリー、至福の傑作!スリルを味わい尽くす

今の現実からほんの先の未来、映画と同じような世界になっていたら・・・?
そんな事を考えてしまう様な内容の映画5選!!

テクノロジーや世界がどんなに進歩しても、
やはり人間の行動がどの時代でも最もミステリー☆

スリルを味わいつつ、邦画の骨頂を堪能しましょう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Findyの最新情報をお届けします