514RjGCjWNL

歴代高視聴率ドラマBEST10を紹介!これだけは知っておきたい!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今回はテレビ業界に旋風を巻き起こした歴代高視聴率ドラマを一挙にご紹介したいとおもいます。 時代と共に視聴率を取ることが難しくなってきたテレビ業界。 しかし連続テレビ小説「あさが来た」がそれを払拭してくれました。 平均視聴率23.5%! 面白ければ夢中になる・・シンプルだけどその理論は今でも変わっていないようです。 世の中の話題を沸騰させたドラマ情報をお届けします。

第10位「HERO」36.8% フジテレビ 2001年

HERO DVD-BOX (2014年7月放送)

キャスト:木村拓哉、松たか子、阿部寛、田中要次、小日向文世、勝村政信、大塚寧々、児玉清 ほか

様々な職業についてきた木村拓哉が本作では何と検事に!

主人公の久利生公平(木村拓哉)は高校中退後に大検を経て司法試験に合格したという異色の経歴の持ち主。スーツは着用せず、ラフな服装で職務をこなすという異端児・・。

しかし彼の洞察力は的確で、かつ少しの疑問でも徹底的に調べ上げるという、その仕事ぶりに一目置かれる存在でもあります。

どんな事件でも公平かつ正確に扱うため、時には組織の幹部に煙たがられることも・・。

始めこそ変わり者扱いでしたが、次第に仲間たちも彼の能力や人柄に魅了され、その関係に少しずつ変化が生まれていくのです。

HEROのおすすめポイントはココ!

エリート意識ばかりが目立つ人たちには、時にはっきりと物申す久利生。その分け隔てない人柄と事件の大小に関係なく誠実に事件と向き合う姿は、このドラマの真の見どころだと言えるでしょう。

そしてもう一つ、HEROファンならとても気になる久利生と彼の担当事務官、雨宮舞子(松たか子)との恋のゆくえ。

この二人の関係が成長と信頼を得ながらどう成長していくのかも素敵なストーリー展開の核となりますので、ぜひご注目ください。

その他、城西支部メンバーの行きつけのBERのマスターの渋さなども面白ポイントです。

そんな今まで見たことなかった法廷ドラマがココに!

主題歌は宇多田ヒカル「Can You Keep A Secret?」です。

第9位「家なき子」37.2% 日本テレビ 1994年

家なき子 VOL.1 [VHS]

キャスト:安達祐実、保坂尚輝、水野真紀、京本政樹、小柳ルミ子、新藤恵美、西田彩香 ほか

「同情するなら金をくれ」というあまりにも衝撃的なセリフが今もなお耳に残る家なき子。

主人公は小学生の相沢すず(安達祐実)という女の子。

すずは母の入院、義父の暴力、そしてその貧しい生活ぶり故に学校では同級生たちからのイジメのターゲットとされていました。

それは幼き少女が生きていくのにはあまりにも困難な状況で。

病気の母の手術費用を稼ぐために盗みを働いたことも・・。

そんな苦しい家庭環境の中で母の一時帰宅が許されたある日、すずは見てしまったのです。酒浸りだった義父が病弱な母に暴力を振るう場面を。

必死で生きてきた少女が殺意を覚えた瞬間でした。

義父殺害をもくろみ家に火を放ったすず。

しかし住むところを失った彼女に待っていたのは、さらなる厳しい現実だったのです。

家なき子のおすすめポイントはココ!

幼いころから劣悪な家庭環境で育ったせいなのか、びっくりするほど大人びた考え方をする、すず。

自分を裏切る大人たちにはその可愛い顔で牙をむく。

これは小学生すずと愛犬リュウがどんな困難にも負けず、一生懸命に生き抜く過酷な成長物語であります。

「生きるためには・・」ということを真剣に考えさせられる問題作。

とても重いテーマですが、まだ見ていない方やリアルタイム当時はまだ幼くて親に見せてもらえなかったという方には特におすすめしたい1本です。

なお歴代高視聴率ドラマ、同率9位は1977年放送の「赤い激流」でありました。

主題歌は中島みゆき「空と君のあいだに」です。

第8位「GOOD LUCK!!」37.6% TBS 2003年

GOOD LUCK !! DVD-BOX

キャスト:木村拓哉、堤真一、柴咲コウ、内山理名、ユンソナ ほか

子どもの頃からパイロットに憧れていた新海元(木村拓哉)。
夢を叶えた彼はキャプテンを目指し、現在はコーパイという副操縦士を務めています。

純粋で真っ直ぐな性格ゆえに少々熱くなり過ぎることも・・。

パイロットを査察する運航監査官、香田一樹(堤真一)と意見がぶつかることもしばしば。

そんな新海が仲間たちと共に切磋琢磨しながら成長していく青春ドラマです。

Good Luck!!のおすすめポイントはココ!

本作はANAが舞台という事もあり、全面的なANAの協力のもと本格的な航空業界の雰囲気がリアルに再現されています。

そしてこのドラマでの大きな注目ポイントといえば女性としては大変珍しい航空整備士という職についている緒川歩実(柴咲コウ)と新海の関係性について。

美人ではありますが、気の強い性格の為に意見が合わないこともあります。

しかし徐々に打ち解けあうことに。

航空業界の日常を知ると共に新海と歩実、この二人の関係にもぜひご注目ください。

主題歌は山下達郎「RIDE ON TIME」です。

第7位「ひとつ屋根の下」37.8% フジテレビ 1993年

ひとつ屋根の下 (1) [VHS]

キャスト:江口洋介、福山雅治、酒井法子、いしだ壱成、大路恵美、山本耕史 ほか

両親を亡くして以来バラバラに暮らしていた兄弟、姉妹が長男である柏木達也(江口洋介)の呼びかけで、もう一度ひとつ屋根の下で暮らすことに。

クリーニング店を営みながら、それぞれの不安や葛藤を懸命に乗り越え、家族が助け合う姿にきっとあなたは涙なしで見ることは難しいでしょう。

ひとつ屋根の下のおすすめポイントはココ!

ひとつ屋根の下はホームドラマでありながらラブストーリーの王道「月9」枠での放送でした。

それが異例の大ヒット作となったことで、ホームドラマブームの復活を後押しした作品ともなったと言われています。

長男、達也の名ゼリフ「そこに愛はあるのかい?」は流行語にもなりました。

毎日のようにケンカをし、それでも本音でぶつかり合う事で深まっていく絆!
彼らを見ながら家族の大切さ、ありがたさを改めて感じた人も多いのではないでしょうか。

休みの日にほっこりしたいあなたへ特におすすめしたい物語です。

主題歌は財津和夫「サボテンの花」です。

第6位「3年B組金八先生」39.9% TBS 第1シリーズ

3年B組金八先生 第1シリーズ 昭和54年版 6(第16話~第18話) [レンタル落ち]

キャスト:武田鉄矢、倍賞美津子、名取裕子、赤木春恵、茅島成美、早崎文司 ほか

32年間という長い年月を掛けて日本の子ども達の成長を描き続けてきた「3年B組金八先生」。

青春ドラマにして誰もが知る国民的名作学園ドラマです!

その第1シリーズはまさに日本のドラマ史に残る驚異の視聴率を誇りました。

本シリーズでは国語教師の坂本金八(武田鉄矢)が世田谷にある桜中学へと転勤してくるところから始まります。そこには非行、イジメ、不登校、家庭問題など生徒たちが抱える様々な問題がうごめいていました。

そして何より中学生の妊娠という衝撃的なテーマを取り上げたことで私たちをこの番組の釘付けとしました。B組の生徒である雪乃(杉田かおる)の妊娠、また父親が同じクラスの保(鶴見辰吾)であったことから多くの葛藤と決断に迫られるのです・・。

3年B組金八先生のおすすめポイントはココ!

3年B組の面白さは通常のドラマクール3か月ではなく半年という時間をかけて生徒たちの成長を描くことにあります。

また世の中の動きに合わせ、一般的に学生が卒業する3月をシリーズの卒業式と重ねていることも視聴者とリンクさせ、まるでリアルタイムかのような感情を抱くことが出来ます。

そしてこの半年という時間を共有することでより生徒たちへの感情移入へとも繋がっていくのです。

多くのスターを輩出した3年B組金八先生。

第1シリーズにはそんな今もなお活躍し続けるスター達の原石だった姿を見ることが出来るでしょう。そんなことも楽しみながら金八先生のためになる授業をぜひ受けてみてくださいね。

主題歌は海援隊の名曲「贈る言葉」。
現在では音楽の教科書に載っている名曲です!

第5位「家政婦のミタ」40.0% 日本テレビ 2011年

「家政婦のミタ」DVD-BOX

キャスト:松嶋菜々子、長谷川博己、相武紗季、忽那汐里 、平泉成、白川由美、中川大志、綾部守人、本田望結 ほか

松嶋菜々子演じる無表情でミステリアスなキャラクターが大きな話題を呼んだ「家政婦のミタ」。

崩壊寸前の阿須田家に家政婦として派遣された三田(松嶋菜々子)はご主人様の言われたことなら何でもやるという一風変わった女性です。もしもその頼みごとが殺人だったとしても断らずにやれてしまいそうな雰囲気をかもちだしている・・。

仕事はきちんとこなしますが、ニコリとも笑わずどこか機械的。

しかし彼女が笑わなくなったことには重大な訳がありました。
この秘密こそが「家政婦のミタ」という番組の大きな核となる物語となりますので、ぜひ最後まで見届けてください。

家政婦のミタのおすすめポイントはココ!

21世紀を迎えて初めて40%を超える視聴率を記録した「家政婦のミタ」。

このドラマで一番注目して見て頂きたいのが三田の笑顔です!
果たして最終回までには三田を笑わせる事が出来るのでしょうか?

回を追うごとに徐々に明らかになっていく三田の心の闇・・。

1秒足りとも目が離せないスリリングな展開に、こうご期待!

また歴代の高視聴率ドラマ、同率5位は「熱中時代」と「太陽にほえろ」でありました。

主題歌は斉藤和義「やさしくなりたい」。
グッとくる歌詞にもご注目ください!

第4位「Beautiful Life 〜ふたりでいた日々〜」41.3% TBS 2000年

ビューティフルライフ~ふたりでいた日々~(1) [DVD]

キャスト:木村拓哉、常盤貴子、水野美紀、池内博之 ほか

「Beautiful Life」はバリアフリーという言葉を世に広めた名作ドラマです。

美容師の柊二(木村拓哉)と図書館で働く杏子(常盤貴子)偶然出会いました。

ある日、カットの参考に本はないのかと図書館を訪れた柊二。そこには車イスながらもテキパキと仕事をする杏子の姿が。

話しかけてくる柊二に素っ気ない態度を取ってしまう杏子。
それは彼女なりの警戒心でした。

しかし車イスの自分を特別視しない彼のことが徐々に気になり始めてきて・・。

Beautiful Lifeのおすすめポイントはココ!

柊二と杏子の極上のラブストーリーではありますが、車イス生活とはどんなものなのか。またバリアフリーの現状は現在こんな状況。といった当時はあまり知られていなかった現実を教えてくれるドラマでもありました。

木村拓哉人気、素晴らしい脚本、そして本当に知らなかった車イス生活の大変さなどを知るきっかけとして見ている方が多かったからこそ、こんなにも評価された作品になったのではないでしょうか。

美容室に髪を切りに行ったり、レストランへ食事に出かけたりと普段私たちが何気なく行っている行動が車イス生活になると難しい・・そんなもどかしさをロマンチックかつリアルに描いた秀作だといえましょう。

特にカップルや夫婦で見るドラマをお探しの方におすすめしたい1本です!

主題歌はB’z「今夜月の見える丘に」。
ドラマと共に大ヒットした彼ら渾身の1曲です!

第3位「半沢直樹」42.2% TBS 2013年

半沢直樹 -ディレクターズカット版- Blu-ray BOX

キャスト:堺雅人、上戸彩、及川光博、片岡愛之助、滝藤賢一、石丸幹二 ほか

半沢直樹は常にトップを目指すやり手の銀行マン。
しかしそれには大きな理由がありました。

その昔父が経営していた工場が傾いたとき、追い打ちをかけるかのように銀行から融資を止められ、疲れ切った彼の父親は自殺しました。

子ども心に父と当時の銀行員とのやり取りを目撃してしまった直樹少年は、その日から銀行を敵とみなし、銀行員という職に就くことで、いずれはこの組織を内から改革しようと目論んでいたのです。

半沢直樹のおすすめポイントはココ!

制作サイドが全く意図していなかった半沢直樹の大ヒット!
「やられたらやり返す…倍返しだ」という半沢お馴染みのフレーズも記憶に新しいことでしょう。

何といってもこのドラマの面白さは半沢直樹と銀行組織とのスカッとする戦いにあります。

組織内にうごめく闇の部分を半沢直樹が徹底的に洗い流す!
その熱くてリアルな様は見ている視聴者にスリルを与えてくれました。

このドキドキ感こそがこのドラマの持つ大きな魅力なのでしょう。

スカッとしたいあなたへぜひおすすめしたい作品です!

主題歌は「テーマオブ・半沢直樹 〜Main Title〜」です

第2位「水戸黄門第9部」43.7% TBS 1979年

水戸黄門DVD-BOX 第九部

キャスト:東野英治郎、里見浩太朗、大和田伸也、中谷一郎、山口いづみ ほか

36年にわたって月曜日の夜8時を彩ってきた歴史ある時代劇「水戸黄門」。その中でも高い人気を誇ったのが1979年に放送された第9部でした。

水戸黄門役は東野英治、そして黄門の付き人「助さん」を里見浩太朗が演じています。里見はのちに黄門役へと抜擢されたことは記憶に新しいでしょう。

水戸黄門のおすすめポイントはココ!

定番だと分かっていながらもなぜか見てしまう!
水戸黄門にはそんな私たちをホッとさせる魅力がありました。

それは長年続いた長寿番組にしか出せない味わいだったのかもしれません。

時代劇が減ってきた今、だからこそこうした過去の時代劇に触れなおすチャンスだと捉えませんか?

懐かしのあのお顔に会いたい方はぜひどうぞ!

主題歌は助さん・格さん「ああ人生に涙あり」。
歴代の助さんと格さんが歌う事でも有名な国民的楽曲です!

第1位「積木くずし」45.3% TBS 1983年

積木くずし―親と子の二百日戦争 (1983年)

キャスト:高部知子、前田吟、古谷一行、水谷大輔 ほか

俳優、穂積隆信の実体験を元に描かれた体験記「積木くずし」を原作とし、ある日突然不良となってしまった娘との壮絶な200日をせきららに綴った物語です。

穂高香緒里(高部知子)は職業柄、不在がちな父で俳優の穂高信彦(前田吟)と専業主婦の母、三枝子(小川真由美)の元に生まれた。

幼い頃は病気がちな子どもでした。
そのせいで赤く変色した髪の毛。

しかし中学校になると、その髪の色のせいで入学直後から髪を黒く染めるよう生徒指導を受けたり、他校の生徒から因縁をつけられたりと、多くのストレスを抱える日々へと変わっていきました。

そのストレスと思春期が重なり、次第に彼女は非行の道へと進んで行くこととなるのです。

家庭内暴力、窃盗、暴走族、そしてシンナーと香緒里の非行はどんどんとエスカレート・・。

積木くずしのおすすめポイントはココ!

民放で1977年以降に放送された連続ドラマとしては現在までその記録を破られていないドラマ「積木くずし」。

当時世間では大ブームを巻き起こしていた一方で、この物語の当事者として広く知られることとなった穂積由香里さんご本人とご家族のその後の人生苦悩を考えると、単なる娯楽作品というだけでは片づけてはいけない、ものすごいパワーを持った物語です。

見終わった後に、必ず心に何かが残る作品なのではないでしょうか。

主題歌は来生たかお「無口な夜」です。

高視聴率ドラマのあとがき。

いかがでしたか?

高視聴率ドラマには時代という大きな背景が映し出されます。
上質な物語を丁寧に描いた作品が軒並み高視聴率をマークしている裏側には、きっとその時代が抱えている問題点があるのではないでしょうか。

人の心を掴むという事はとても難しいことなのかもしれません。しかしどんな時代にも国民的に熱狂されるドラマが生み出されているということは、とても素晴らしいことですね。

それでは良い休日を!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Findyの最新情報をお届けします