間接照明で癒し空間♡初心者でもすぐに取り入れられるテクニック紹介♡

間接照明ってオシャレで素敵だけど、注文住宅につけるものじゃないの?と思っていませんか? テクニックがあれば、工事なしで素敵な間接照明を作ることができるんですよ。 今回は、「初心者でも」「賃貸でも」「簡単に」取り入れられる間接照明をご紹介していきたいと思います。

間接照明って?

間接照明と言えば、「かっこいい」「おしゃれな」なイメージが先行してしまいますが、具体的にはどんなもののことなのでしょうか?


間接照明はその反対に光が「何か」(壁や天井など)にあたり、その反射光を利用して周囲を照らすものと言うことになります。つまり間接照明とは反射照明なのだと言えますね。反射することによって光は柔らかくなり、ムード照明など雰囲気作りに役立つ光になります。しかし直接照明よりも暗くなるので住まいの生活光としてはやや使いにくくなります。

なるほど、ムードや雰囲気作りに役立つようですね。光と陰が作り出す雰囲気は気分を落ち着かせてくれる効果もあるようです。
でも、生活する上では必ずしも使い勝手が良いとは言えないようですね。
お部屋には、間接照明のみ設置するのではなく、主照明も備えた上で、間接照明を考えていくのが良さそうです。

では、実際に、間接照明を使ってお部屋の雰囲気作りをしてみましょう。

間接照明テクニック〜テレビ編

テレビ裏の間接照明は、初心者の方でも最も取り入れやすい間接照明だといえます。
薄型テレビが普及している現在、テレビ裏には空間が出来ている事が多いので、手始めにテレビ裏から間接照明デビューするのはいかがでしょうか。

そこで、おすすめなのがこちらのスポットライトです。

これをテレビ裏に2台設置することで、簡単に間接照明が作れます。
実際に、筆者の自宅に2台取り付けています。


このスポットライトは、角度も自由に調節できるので、色々な角度での光を試してみるのもオススメです。
また、スイッチのONOFFはリモコン操作が可能なところも便利ですよ。
筆者の家のリビングは、もともと和室だったところを改造した部屋ですが、お客様来訪時にも好評でとっても重宝しています。

間接照明テクニック〜リビング編

リビングは家族が集まるとっておきの場所ですよね。
そんな場所に間接照明をとりいれて、リラックスできる空間にしたいものです。

リビングにはリビングの間接照明のテクニックがあります。
それは、

間接照明は1つではダメです。最低でも2つ以上置きましょう。
それが出来ないのであれば(1つしか置かないのであれば)、むしろ何も置かないほうがいいです。
寝室などであれば話は別ですが、リビングであれば最低2つ以上。これは鉄則です。

リビングの様な広い空間では、1つではなく、数個の間接的な光を作る事でよりオシャレな空間になるようです。

1 2