これがベースの底力!ベースラインが素晴らしい名曲8選

みなさん音楽の「ベース」と言われてどんな印象を抱きますか?

バンド音楽を聴いていると「ギター」の音が目立つので、人によってはベースの音を認識することすらないかもしれません。

私も昔は「ベースって何?」状態でした。

でもレッド・ホット・チリ・ペッパーズというバンドの「Aeroplane」という曲を聴いて、ベースの魅力に目覚めてしまいました。

ちなみにこの曲です↓

みなさんにもベース音楽の素晴らしさを伝えたいので、本記事ではベースが素晴らしい8曲をご紹介します!

1. スリラー by マイケル・ジャクソン

ちょっと古いですが、一定年齢以上の人ならみんな知っている有名な曲です。

80年代特有のベース音が少し歪んだ感じが懐かしいです。

この曲ではベースが最も目立っているので、100%ベースの音を聞き取ることができるでしょう。

2. ペニーレイン by ザ・ビートルズ

ベースアレンジと言えばポール・マッカートニーの名は外せません。

ポールは声とベースを同時に歌わせる技術というか、アレンジ力がすごすぎます。

曲の中でポンポン聞こえるのはポールのワザです。

ベースを曲にこんな風に組み込んだのはポールが初めてではないでしょうか。

3. 能動的三分間 by 東京事変

亀田誠治さんがベーシストの東京事変は、歌を尊重したベースラインの曲が多いです。

でも曲に深みを持たせるかのように時おり主張するベースが最高にバランスよく仕上がっています。

1 2 3