海外勤務3年の俺が今でも使う!英語の便利ツール3選

英語圏で海外勤務をしていると当たり前ですが日常のコミュニケーションは英語です。

でも自分はネイティブではないので、とっさに単語が思い出せなかったり英文の妥当性を確認したい時があります。

そんな時に英会話の補助ツールは大活躍します。

本記事では今でも使っているパソコンの英語補助ツールと使い方をご紹介します。

英語検索エンジン

英語検索エンジンを使うと、単語を検索バーに入力すればすぐに意味が表示されるようになります。和英、英和ともに一瞬で検索できるので便利です。

設定方法

検索エンジンは何でも良いのですが、使いやすいアルクの辞書を追加してみましょう。

ブラウザはGoogle Chromeで説明します。

Chromeの右上のアイコンをクリックし、設定を選択します。

設定ページ内の「検索エンジン管理」をクリックします。

検索エンジンの管理ウィンドウがポップアップするので、下側のフォームに検索エンジン情報を入力します。

検索エンジン情報

・検索エンジンを追加 : ALC
・キーワード : a
・URL : http://eow.alc.co.jp/%s/UTF-8/

入力すると「その他の検索エンジン」に入力したサイトの情報が表示されます。

完了を押し、設定終了です。

使いたい時はChromeの検索バーに半角でaと入力するとALC検索に切り替わります。

キーワードの単語を好きなものに設定しても動作します。

一連の流れを動画にしてみました。