海外勤務3年の俺が今でも使う!英語の便利ツール3選

英語圏で海外勤務をしていると当たり前ですが日常のコミュニケーションは英語です。

でも自分はネイティブではないので、とっさに単語が思い出せなかったり英文の妥当性を確認したい時があります。

そんな時に英会話の補助ツールは大活躍します。

本記事では今でも使っているパソコンの英語補助ツールと使い方をご紹介します。

英語検索エンジン

英語検索エンジンを使うと、単語を検索バーに入力すればすぐに意味が表示されるようになります。和英、英和ともに一瞬で検索できるので便利です。

設定方法

検索エンジンは何でも良いのですが、使いやすいアルクの辞書を追加してみましょう。

ブラウザはGoogle Chromeで説明します。

Chromeの右上のアイコンをクリックし、設定を選択します。

設定ページ内の「検索エンジン管理」をクリックします。

検索エンジンの管理ウィンドウがポップアップするので、下側のフォームに検索エンジン情報を入力します。

検索エンジン情報

・検索エンジンを追加 : ALC
・キーワード : a
・URL : http://eow.alc.co.jp/%s/UTF-8/

入力すると「その他の検索エンジン」に入力したサイトの情報が表示されます。

完了を押し、設定終了です。

使いたい時はChromeの検索バーに半角でaと入力するとALC検索に切り替わります。

キーワードの単語を好きなものに設定しても動作します。

一連の流れを動画にしてみました。

同様に、Google英語版やStock Overflow(エンジニア用)などの検索エンジンを登録しておくと便利です。

Googleフレーズ検索と*検索

英文を書く(話す)時に、「このフレーズって本当に使われているの?」と不安になるときがあります。そんな時はGoogleフレーズ検索と*検索を使ってみましょう。

フレーズ検索は、Googleの検索窓でフレーズを””(ダブルクォート)で囲うことで検索します。

上記のように検索結果が表示されれば使われているフレーズですし、以下のように一致する検索結果が表示されなければ使われていないフレーズであることが分かります。

次に*検索について説明します。

*検索は、例えば”a restaurant”か”an restaurant”なのか、あるいはどんな冠詞が使われるべきなのか調べる時に使えます。

“I want to go to *restaurant”と検索してみましょう。

結果を見ると、”I want to go to the restaurant”や”I want to go to this restaurant.”が見つかったことが分かります。

つまり*の部分に何か入るフレーズを検索できるというワケです。

*の部分を複数単語に置き換えることも可能です。

ホップアップ辞書

英語の文書を読んでいる時に単語を選択するだけで翻訳してくれるのがホップアップ辞書です。いちいち辞書ツールに打ち込んで翻訳する必要がないので非常にスピーディです。

Google Chromeの拡張機能で実装できます。

まずはWeblioポップアップ英和辞典をChromeにインストールします。

Chromeの右上に「W」のマークが表示されるので、クリックすれば詳細設定が可能です。おすすめは選択状態でEキーを押すと翻訳してくれる設定です。

操作の流れとしては、

1. 翻訳したい単語を選択する
2. キーボードのEキーを押す

翻訳の様子を動画にしました↓

ツールの紹介は以上です。

ネイティブほどには自由自在に英語は使えなくても、ツールを活用すれば素早い英語の理解や文章作成ができるようになりますよ。