なぜ無料!?Office、Photoshop、Illustratorに負けないフリーソフト10選

Photoshop や Pro Tools、Maya のような有料のツールを揃えようとするとかなりの出費になるものです。

今回はそれら高額のツールの代わりとなる無料ツールをご紹介します。

1. Google Drive

Google Drive はWebベースで利用できるOffice代わりになるアプリ群です。

Gmail と統合でき、無料、高速、柔軟でWebブラウザがあればどのパソコンからでも利用できるのが魅力です。

プラグインやアドオンも豊富で、Google Drive を会社内外での文書や連絡のやり取りに使っているところも増えてきました。

Google Drive に詳しくなれる「G Suite Training」の記事もご覧ください。

2. Inkscape

Inkscape は Adobe の Illustrator の代わりになる無料ソフトです。

Inkscape は Illustrator でできることは全て実現できます。

慣れるまでは Illustrator と同じように使うことはできないでしょうが、Inkscape には大規模なユーザーコミュニティがあり、チュートリアルブログにはたくさんのガイドがあるので操作で不安になる必要はありません。

3. Blender

Blenderは3Dモデリング、3Dプリント、3Dアニメーションを作るのに使える無料ソフトです。

プロの現場では Maya などの有料ソフトが使われていますが、これから始めるような人には Blender がおすすめです。

使い方については3Dモデリングガイド記事や、Wikibooksが役に立ちます。

4. LMMS

LMMSは、Appleの Grageband や Pro Tools の代わりに使える無料の音楽作成・編集ソフトです。

プロとして仕事をするのなら不足する面もありますが、趣味でする分には十分な機能を有しています。

作曲、ミックス、シーケンス、編集、効果音、ループ、ビルトインの楽器までこなすすばらしいソフトです。

5. Libre Office

マイクロソフトのワードやエクセルなどの Office ツールは、今や世界中の会社で基本的な事務ソフトとして使われています。

しかし家で作業しようと思うと、自分のパソコンにも Office をインストールする必要があり、費用がかかってしまいます。

Libre Office はマイクロソフトの Office で作った文書を開いたり、編集したり、保存できる無料のソフトです。

一昔前はレイアウトが崩れたりすることもありましたが、ここ数年でかなり進化し、実用的になりました。

6. GIMP

GIMPは無料の写真・画像編集ソフトで、Photoshopの代わりと言えば GIMP と言うくらい広く使われているツールです。

慣れるまでは上手く使えないかもしれませんが、機能的には Photoshopとほとんど同じことができます。

1 2