人生を変えるスピーチ!絶対に見ないと後悔するTED動画10選

世界には優秀な人がたくさんいます。

私たちは個人で経験し学ぶことには限界があるため、過去の偉人や現代に生きるすごい人たちの話を聞いて真似することが必要なのではないでしょうか。

TEDはそのような優秀な人たちの生の声を聴くことができます。

本記事ではおススメのTED動画を10本ご紹介します。

英語の学習も兼ねてぜひ見てみてください。

TEDとは

TEDとは、世界的に知られているカンファレンスです。

有名人や実業家、時には学生など、時代を牽引するような優秀な人たちがプレゼンテーションを行う世界最高峰のステージです。

2006年から全てのスピーチの動画が配信されているのですが、それにも関わらず生のプレゼンテーションを聞こうと4000ドル(40万円以上)の費用を払ってまで見に行く人が後を絶ちません。

ムービーの画面右下のコメントマークをクリックする言語選択ができ、字幕を表示することができます。

1. Wii リモコン Hack by ジョニー・リー

ジョニー・リーは40ドルで購入できるWiiコントローラーをHackした産物を見せながらプレゼンします。

もちろんハッキングをすべきという動画ではありません。

現代はインターネットが普及し、自分の実験結果や考え、意見などを簡単に世界中に発信できます。

個人個人が自由な発想でさまざまなものを生み出し、発信することで世界はもっと面白くなると伝えたいのだと思います。

2.「成功者だけが知る、8つの秘密!」by リチャード・セント・ジョン

ジョンは、高校生に「成功するのに大切なことは何か」と尋ねられ、その質問に回答するために成功者500人にインタビューし、その結果をコンパクトにまとめたのが本動画です。

ジョンがまとめた8つの要素は常に語られていることですが、その基本的なことの積み重ねが何より重要なのだということが分かります。

3. 30日間チャレンジ by マット・カッツ

マット・カッツはGoogleのスパム対策チームのリーダーで、自分を変えるために30日チャレンジと言う挑戦を行いました。

30日チャレンジは、30日間習慣にしたいことを継続する挑戦で、マットは自転車通勤や小説書きに挑戦しています。

長年やりたいと思っていてもできなかったことを、30日間でいいので続けてみると、必ず人生は変わります。

4. 革新的なことをしたなら「ナウイスト」になろう by 伊藤穰一

伊藤穰一さんはMITメディアラボの所長です。

東日本大震災をきっかけに放射能を計測して情報を発信する組織を市民主体で作りあげた経験から、インターネット時代の革新の仕組みと成功するための指針をプレゼンします。

必要なのは細かい計画や莫大な資金ではなく、成し遂げたい目標へのイメージと今何をすべきかに集中することだと断言します。

伊藤穰一さんの経験からくる理論の確かさや話し方からくる説得力が凄まじく、必ず見て欲しいプレゼンです。

5. はっきり主張できるようになるには by アダム・ガリンスキー

言いたかったことを言えなかった後悔、言うべきでないことを言ってしまった後悔、誰しも経験があるのではないでしょうか。

ではどうすればよいのか。

アダム・ガリンスキーはその疑問に答えます。

さらにアダムは、人々が発信できる範囲がその人々の力の大きさであると語ります。

アダムはその力をいかにして大きくするか、その方法論にまで触れています。

6.「社会運動はどうやって起こすか」by デレク・シヴァ―ズ

デレク・シヴァ―ズはCDストア「CD baby」を創立したアメリカの実業家で、たくさんの人を巻き込んだ社会運動を生み出すための条件について面白い視点からプレゼンテーションしています。

理論に加えて実験動画も用意してあり、とても分かりやすいです。

時々挟むジョークも人を惹き付けます。

3分の短い動画ですが、TEDを代表するすばらしいプレゼンです。

7. “I can”と子供たちに教える by キラン ビア セイシ

キラン・セイシは自信を持つことが大切だと語ります。

自信は感染するもので、キラン・セイシも18歳の時に感染したそうです。

“I can”と自信を持つと成績が上がるという報告もあり、若いうちにポジティブなセルフイメージを持つことは大変重要なことのようです。

どうすればこどもが”I can”と思えるのか。

この動画にその答えがあります。

8. Hope invites by 植松努

全てのTED動画の中で最もおススメの動画です。

植松努さんはリサイクル用マグネットを製造する中小企業を経営しつつ、ロケットの開発を行っています。

作業着で登壇し、他のスピーカーのようにかっこいいプレゼンではないのですが、真っ直ぐな語り口に引き込まれます。

誰がなんと言おうと自分の夢を追い続ける大切さを訴えます。

とにかく感動するプレゼンで、絶対に見て欲しいです。

9.「核融合炉を作ったんだ」 by テイラー・ウィルソン

テイラー・ウィルソンは17歳でネバダ大学に在籍している天才少年です。

「星を作りたいと思った」

という彼は、12歳から自宅で核融合炉の製作を計画し、今に繋がっています。

プレゼンではただの自慢話をしているだけなのですが、このように秀でた才能があり、大きな野望を持つ若者がどのように育ったのか、またそのような人物が育つ素地がアメリカにはあることが分かります。

10. 時間と言う財産 by 長岡秀貴

長岡秀貴さんは長野県上田市のNPO法人侍学園の代表を務める方です。

長岡秀貴さんは時間についてプレゼンしています。

何かをする時に、お金、人脈、時間がないと言う人がいても、そんなものは解消できる問題だと語ります。

常人には真似できない徹底した時間の使い方を述べていますが、自分が現在どんな時間の使い方をしているのか意識できれば、他人より多くのことが成し遂げられるだろうと訴えています。

まとめ

プレゼンの内容は私たちが日常で実践できるものから、まず不可能なレベルの超人の話まで幅広く、世界で活躍する人々の視野や規模の広さを感じさせてくれます。

単なる自己啓発動画として見て終わりでは無く、自分の意識の変革や成長に役立てて欲しいと思います。