日本人でよかった!ガチで美味い高級日本酒5選

値段は高いけれども本当に美味い……そんな日本酒を今回はご紹介します。

自分で飲んで美味しいと感じた個人ランキングでしかありませんが、美味しい日本酒が飲みたい!と言う方はぜひ試してみてください。

1.十四代 大吟醸 酒未来

純米大吟醸はいろいろと飲んできましたが、これを飲んで純米大吟醸に対する認識が変わりました。

これ、本当に美味しいです。

今までの純米大吟醸がなんだったんだって言うくらい。

ただ値段はすごいですよ。

日本酒バーでも1杯あたりなんと3,500円以上!

何かの記念日などに買いたい一本です。

十四代 純米大吟醸酒 未来 1800ml

2.新政 No.6 Xタイプ

日本酒でありながらフルーティーで少しだけ炭酸のシュワッと感を味わえる日本酒です。

この日本酒は全てのお酒好きに絶対美味しいと感じてもらえると自信を持ってお勧めします!

新政 No.6 Xタイプ 【純米大吟醸 生原酒】 煌きラベル 740ml 新政酒造 秋田県

 

 

3.蓬莱泉 空

そんなに知られていないお酒なのですが、フルーティーで透き通るような味の純米大吟醸です。

個人的には冷やで飲むのが大好きで、冷たいのど越しでぐいぐい飲んじゃいます。

売り切れるのが早く、プレミア価格が付くこともある隠れた人気の銘酒です。

蓬莱泉 純米大吟醸 空 720ml

4.黒龍 石田屋

黒龍酒造のお酒は高いですが、値段相応の無難な味という印象がありました。

しかし、この石田屋だけは別格の味です。

とても飲みやすいお酒なのですが、他の純米大吟醸がうすいように感じてしまうほどに深い味わいがあります。

石田屋はいくらなんでも高過ぎると言う方は、黒龍酒造の「しずく」がおすすめです。

黒龍 石田屋 720ml 黒龍酒造 2016年冬季 瓶詰め

5.龍力 米のささやき「秋津」

繊細な香りが特徴の純米大吟醸で、これを飲んでしまうと他の純米大吟醸がチープに思えてしまうほど完成度が高いお酒です。

先ほど紹介した「十四代 大吟醸 酒未来」と比べると、私は「十四代」を選んでしまいますが、人によっては「秋津」を選んでも不思議ではないくらい甲乙つけがたいです。

龍力 純米大吟醸 米のささやき「秋津」 720ml

特別編 十四代 龍泉

最後に日本で最も高い日本酒をご紹介します。

それが「十四代 龍泉」です。

そのお値段、なんと720mlで30万円以上!

おちょこ一口でも1万円はかかりそうな超超高級酒です。

さすがにこれは私も飲んだことが無いので、死ぬまでに一度は飲んでみたいお酒です。