スター・ウォーズを完璧に楽しむ!観る順番や名言、あらすじまとめ

映画『スター・ウォーズ』シリーズ最新作『エピソード7/フォースの覚醒』がいよいよ2015年12月18日に公開します!今からでも遅くない!シリーズ作品を全部観ていない方にぜひ観てほしい!シリーズ・ビギナーに向け、全エピソードをまとめてみました。見るべき順番を「時系列順」と「制作順」で併記し、各エピソードの名言も添えています。また、スピンオフ作品と今後のエピソード8・9の情報も加えてお伝えします!

はじめに:スター・ウォーズを観る順番

スター・ウォーズシリーズは、エピソードがたくさんありますが、単に制作された順番に観ると、作品内の時系列はバラバラになってしまいます。

この記事では、各作品のあらすじや名言などの紹介をしてきますが、制作年は無視して、作品内の時系列順で並べています。

【下記の順番で観るのがオススメ!】
(1)『エピソード1/ファントム・メナス』
(2)『エピソード2/クローンの攻撃』
(2.5)『クローン・ウォーズ』
(3)『エピソード3/シスの復讐』
(3.5)『ローグ・ワン』
(4)『エピソード4/新たなる希望』
(5)『エピソード5/帝国の逆襲』
(6)『エピソード6/ジェダイの帰還』
(7)『エピソード7/フォースの覚醒』

それでは、順番に作品の魅力を紹介していきます♪

1)『エピソード1/ファントム・メナス』(1999)

《遠い昔、はるかかなたの銀河系で…ここから始まる壮大なスペース・ファンタジー》


http://www.amazon.co.jp/dp/B00005NNBV?tag=iremono05-22

時系列順では1番目、制作順は4番目となる“新3部作”の第1作目で、制作順では先の、“旧3部作”エピソード4~6の主人公ルーク・スカイウォーカーの父・アナキンと、彼の師となる二人のジェダイ騎士との出会いをメインに描いています。
製作総指揮・監督・脚本はジョージ・ルーカス、クワイ=ガン・シンをリーアム・ニーソン、オビ=ワン・ケノービをユアン・マクレガー、パドメ・アミダラをナタリー・ポートマン、アナキン・スカイウォーカーをジェイク・ロイドが演じています。

〈ジェダイとフォース〉

万物を司る力=フォースを修行で自在に操ることができるようになった者を“ジェダイ”と呼び、民主主義の銀河共和国の長い平和を保ち続けてきたのが「ジェダイ騎士団」です。ジェダイの命とも言える武器“ライトセーバー”を持って、争いや交渉を解決してきました。

〈ナブー侵攻〉

平和だった惑星ナブーを通商連合が武力侵攻した事件から、エピソード1は始まります。ナブーの女王アミダラと二人のジェダイ、クワイ=ガン・シンとオビ=ワン・ケノービが、ナブーから逃れて立ち寄った惑星タトゥイーンで出会うのが、少年アナキンです。

勇気を。振り返らないで。

Now, be brave…and don’t look back.

/シミ・スカイウォーカー

1 2 3 4 5 6 7