え?これもNG!?使うと恥ずかしい英語NG表現7つ

中学生英語を平然と使っている日本人がいますが、実は当たり前のように使っている表現の中には「使うと恥ずかしい英単語」が含まれています。

知らぬ間に恥を書いてしまうことが無いように、本記事では「知らないで使うと恥ずかしい英単語」を7つご紹介します。

1. Nice.(たいしたことないですね)

「Nice」は日本語にもなってるくらいメジャーな相手を褒める言葉のはずですが、言い方によっては「たいしたことない」程度の意味になってしまうことがあります。

本気で「ナイス!」と思うのであれば、「Great!」「Fantastic!」「Excellent!」などの大げさなくらいの表現を使いましょう。

That is outstanding!
すばらしいですね!

2. So-so(まあまあ)

日本人の感覚だと「調子どうですか?」と聞かれたら「まあまあです」と答えるのは普通のことです。

では英語で同様の質問「How are you?」や「How is business?」と聞かれた時はどうでしょうか。

日本人的には調子よくても「So-So(まあまあ)」と答えたくなりますが、ネイティブではそんな回答は皆無です。

英語では謙遜は美徳ではなく、自信のない現れとして捉えられてしまいます。

とにかく前向きな表現を好み、ここは「Great!」と答えておくべきところです。

(例)
A:How are you today?
B:Great! How are you?
とても元気です。お元気ですか?