潮干がりを楽しもう!必要なものリスト&持ち物

4月から5月のお出かけシーズンに大人気のレジャーと言えば「潮干狩り」ですよね。しかし、持ち物を「忘れた!」なんてことになったら潮干狩りの楽しさも半減してしまいます。そこで今回は、潮干狩りを楽しむために「絶対にいるもの」のリストを紹介していきます♪

熊手が無いと始まらない


なんといっても熊手がなければ潮干狩りは始まりません。
しかし熊手には先が尖ったものや丸いもの、素材なども様々でどれを選んだらよいのか悩んでしまいますよね。

潮干狩りで使う熊手は、砂を掘りやすい先が尖ったものがおすすめです。先が尖った熊手は砂を掘るには最適です。コツは優しく砂を掘り、熊手が貝に軽く当たったら、熊手ではなく手で掘ると貝を傷つけずに獲ることができます。

下記のような商品がおすすめですよ。


お子様には怪我防止のため先の丸いものがおすすめですよ。かわいいプラスチック製の熊手 が100円均一でも販売されています。

貝を入れる網袋は100円均一で


貝を入れる網袋は潮干狩りスポットの近くで販売されていますが、熊手と同じく100均一でも販売されています。貝の大きさをイメージしながら、あらかじめ複数枚購入しておくとお得ですよ。

口が小さすぎないもの、網目が細かすぎないものがおすすめです。口が小さいとせっかく獲った貝を落としてしまいます。潮干狩りスポット付近で購入できる網袋はこのタイプが多
いですね。

貝は砂を多く含んでいます。ですのであまりにも網目が細かいものはすぐ砂で詰まってしまいます。砂が詰まると水分を多く含み、重たくなってしまうので貝が落ちない大きさの網袋がおすすめです。

こういった口が大きく網目が大きめのものが使い勝手がよいですね。


クーラーボックス


貝を持ち帰るときに必要となるのがクーラーボックスです。バケツでも代用できないことはないのですが、やはり水をこぼしてしまう可能性が高いです。車が水浸しになるのは避けたいですよね。

しっかりと蓋ができるタイプのクーラーボックスを準備しておいた方が安心です。今は車輪付きのクーラーボックスなどもあるので、潮干狩り以外の用途も考えながら準備しておくことがおすすめです。

また保冷材を使用することにより貝の傷みを防ぐことができますよ。クーラーボックスの大きさはこれくらい欲しいですね。


着替えと上着


潮干狩りでは服が汚れてしまいます。特にお子様は全身で潮干狩りを楽しむので、100%砂まみれになってしまいます。
着替えは一式必ず用意しておきましょう。水にぬれていると体が急に冷えることもあるので、軽く羽織れる上着を一枚用意しておくことも大事です。
ペットボトルに水をあらかじめ入れて準備しておくと、足や手についた砂を簡単に流すことができ便利ですね。空になったペットボトルは海水を入れ持ち帰れば貝の砂抜きにも使えます。

1 2