保温性・耐久性抜群!STAUB鍋なら米も煮物も全部ウマイ!


http://spn.ozmall.co.jp/oznews/04455/

【STAUBとは?】

STAUB(ストウブ)社はフランスのアンザスで創業し、フランスの伝統技術を用いて鋳物ホーロー鍋を作っている会社です。STAUBの鍋は、そのデザインもさることながら、抜群の耐久性・保温性により世界中の料理や食の専門家たちから愛され続けている製品です。1965年からミシュランの三つ星を獲得し続けている伝説のシェフであるポール・ボキューズ氏も、自身のレストランでSTAUBの鍋を使い続けています。最近では一般家庭でも親しまれています。STAUB鍋で作った料理の味は普通の鍋のものとは段違いに美味しいため、一度その魅力にふれた人は二台、三台と持っているんです。

【STAUBのスゴイところとは?】


https://s.ameblo.jp/jajasheshe/image-11757592975-12824654203.html

•抜群の耐久性と保温性

鋳物鍋は耐久性と保温性が優れていますが、その鋳物鍋にホーロー加工を施すことでさらに進化させたのが、このSTAUB製品なんです。一度温度が上がると冷めにくいので、弱火で調理をすることができ節電にもつながります。

•熱伝導性の良さ

食材によく熱が伝わるだけでなく、均一に伝わるためムラなく調理できます。

•保冷性にも優れている

冷たい料理や冷凍したものを入れたままテーブルに置くこともできます。

•ガスの直火、オーブン、IHに対応

STAUBの鋳物ホーロー鍋は、ガスの直火やオーブンはもちろんのこと、IH(100V、200V)にも対応しています。

•無水料理ができる!

例えばカレーを作るとき、水を使わずに野菜の水分だけで作ることができるんです!その秘密はフタにあります。

http://lott.jp/kitchen/staub
フタの表面には突起がついており、食材から出た水分が蒸気となって鍋の内部で対流します。突起に付着した蒸気が水分となって食材にまんべんなく降りかかる(これをアロマレインといいます)ため、野菜の水分を逃がすことがありません。食材の味が際立ち、野菜はヘルシーに、肉はジューシーに仕上がります。

【STAUB鍋の種類って?】

カラーバリエーション豊富で、出しっぱなしにしておける可愛いデザインです。

http://vs9hhvco70fdk4edc.seesaa.net/s/
STAUBの鍋には大きく分けてラウンドとオーバルの2種類の形があります。

①ラウンド


http://wagacoco.com/archives/1037080929.html
一般的な鍋の形で、炒め物や煮込み料理などのオーソドックスな料理や米を炊くのに使用します。用途に合わせてサイズ選びができるようになっています。10〜28センチ(2センチきざみ)の大きさが用意されています。

②オーバル


http://ntable.exblog.jp/i2/

http://lovelyaimiya.blog.fc2.com/blog-entry-840.html
こちらは楕円形で横に長いため、トウモロコシなどの長い形をした食材や、魚を丸ごと一匹使ったアクアパッツァを作るのに向いています。11〜29センチ(2センチきざみ)の大きさが用意されています。

【STAUBでつくった料理】

①無水肉じゃが


http://guruguru.naganoblog.jp/e1511385.html

https://cookpad.com/recipe/3228665
レシピはこちら

②ミネストローネ


https://www.google.co.jp/amp/gamp.ameblo.jp/jiomomohana/entry-12167090169.html
レシピはこちら

③野菜と鶏肉の白ワイン煮込み


http://matricaria.jp/blog/2008/11/24/staubの野菜レシピ/
レシピはこちら

④丸ごと鯛のアクアパッツァ


http://paogohan.blog42.fc2.com/blog-entry-1137.html
レシピはこちら

⑤おでん


http://s.recipe-blog.jp/profile/87741/blog/15660806
レシピはこちら