ドキドキハラハラが止まらない、人気の海外ドラマ6選!

梅雨も過ぎると一気に夏本番となり、連日じっとりした暑さで身体も気持ちもどこかどんよりした気分になりがちの方も多いはず。

そんな時はハラハラする展開がやめられない人気の ” 海外ドラマ ” を観て心も身体もリフレッシュする事をオススメします!

 

・SHERLOOK(シャーロック)

出典 | In plain English 

アーサー・コナン・ドイル著の名作推理小説「シャーロック・ホームズ」を現代版としてアレンジしたサスペンスドラマ作品。ホームズを演じるのはベネディクト・カンバーバッチ、ワトソン役に映画『ホビット』などで有名になったマテーティン・フリーマン。原作の推理小説の方を既にご存知の方もいらっしゃると思いますが、小さな小さなヒントから謎解きがゆっくり始まる地味目なストーリーのイメージですよね。ドラマ版でもそういった原作の古典的な部分は残しつつ、現代のスマホやパソコン、ネット等を駆使し推理がドラマティックに深く深く進んでいく様に時代のリアリティさが増していて原作に無い新たな面白みの部分があります。ビジュアル的にもシャーロックの観察の仕方や推理場面での演出も現代的で解り易く楽しみながら観られます。部分的に非現実的なシャーロックの変人的行動や時にシリアスに難事件を解決していくキリッとした場面の進行にハラハラドキドキが止まりません。原作を今迄読んだ事が無い方でもこのドラマの独特のカメラワークとアクション映画のようなハラハラ感に入り込めるハマり易いドラマだと思います。

 

・PrisonBreak(プリズンブレイク)

出典 | Digital Spy 

刑務所内部が主要舞台の脱獄サスペンスドラマ。建築設計士のマイケルは、アメリカ副大統領の兄弟殺害容疑で死刑判決を受け刑務所に投獄された兄の無実を信じ、事実を証明する手掛かりを探す。死刑執行日が迫る中自ら犯罪を犯し兄が投獄された刑務所に収監され、兄との脱獄を計画しつつ、この冤罪事件の真相を探っていく。シーズン1では刑務所から脱獄するまでが主なドラマの進行で、思い通りに事が進まない歯痒さと限られた時間の競り合いが観ている人のハラハラ感を誘い解り易く観易いドラマになっています。途中途中の主人公の苦悩にも感情移入しちゃったり、でも基本的にはクールに解決していく様が見どころでもありどんどん次の話が気になります。海外ドラマ未経験の方もこれを1話目から間違いなく魅き込まれてしまう魅力的なドラマです。

 

・revenge(リベンジ)

出典 | もむーびー2号館 

高級住宅地で暮らしていた少女アマンダの人生は、愛する父親が無実の罪で投獄され刑務所内で謎の死を遂げ一変します。その父親を陥れたのは地元の実力者でアマンダの父親と不倫関係にあったグレイソン家でした。父親を亡くしたアマンダはグレイソン家に復讐する事を誓い、10年後、名前をエミリー・ソーンに変え地元に戻ってきます。父親の無実の真偽やグレイソン家との見えない関係性などあの手この手で情報収集し復讐を実行します。対してグレイソン家もなかなか手強い相手、様々な汚い手口で反撃に出てきます。ドラマ後半に進むと関わる内容が少しずつはっきり分かるようになりますがターゲットであるグレイソン家の息子ダニエルへ気持ちが少しずつ本物になりつつあるアマンダもただ淡々と復讐に徹するクールな女性から時折普通の女性らしい一面が見え始め、自分自身の葛藤もあり目的を見失いかける人間ドラマも見どころです。

1 2 3