直ぐに観たくなる夏映画を厳選してご紹介!

皆さんには夏の思い出の映画はありますか?

小さい頃から決まって夏に観ている映画や仲の良い友人や恋人と見に行った思い出の作品などなど、、、夏の映画は人それぞれに何か特別な意味や思い出がある方が多くいるのではないでしょうか。今回は大切な人と観て欲しい笑いあり涙ありの3作品を厳選して掘り下げていきます!

 

マンマ・ミーア!

綺麗なエーゲ海の海を舞台に繰り広げられるあたたかな家族の物語

出典 | 365日映画 

エーゲ海の浮かぶリゾート島で結婚を控えた主人公ソフィには父親とバージンロードを歩くという夢がありました。今まで父親に会ったことのないソフィは母親のドナにも内緒で、母親の昔の日記を手掛かりに父親を捜します。候補の男性3人にドナの名義で結婚式の招待状を送ります。ソフィの居る島へ3人の男性が一挙に訪ねてきます。ソフィは事情を説明し3人の存在を式直前まで隠そうとしますがドナは娘ソフィの行動を怪しみ3人と見つけてしまいます。3人は仕方なくヨットでセーリングに出かけたところにソフィがやってきます。本当の父親が誰なのか突き止めようと試みますが必死になる余り混乱するソフィに追い打ちをかけるような不運が重なります。そんなソフィを慰めてくれたのはドナでした。母親の大きな愛情に感謝の気持ちでいっぱいになったソフィはエスコートを父親ではなく母親のドナに頼みます。ドナも大喜びで結婚式を迎えます。結婚の誓い直前になってドナに父親候補の一人がプロポーズをし、ソフィの結婚式は延期になり急遽ドナの結婚式が行われました。最終的にも誰が父親なのかはっきりとわかりませんでしたが、ソフィの中で父親を明確にすることにあまり意味を持たなくなりました。自分自身には3人の父親が居て愛する母親からもそれ以上の愛を感じる事でそれらはもうどうでもよいことのようになりました。結婚に向かう自分自身の気持ちとそれを送り出す家族の深い愛情を改めて考えさせられる心温まる物語です。

 

 

 

ウォーターボーイズ

男のシンクロ!?に燃える男子高校生の熱意と青春物語

出典 | NAVERまとめ 

主人公の鈴木が所属する唯野高校水泳部は部員がたった一人という廃部寸前の危機に陥っていました。ある日のこと、新しく赴任してきた美人教師の佐久間先生がたった一人の水泳部の顧問に就任する事になりました。佐久間先生目的で入部志願する生徒が殺到しますが佐久間先生の目標は男子生徒によるシンクロナイズド・スイミング部を作ることでした。それを聞いた新規部員達は激減し、残ったのは鈴木を含む5人となってしまいます。そして佐久間先生の独断で文化祭への参加を申請し文化祭に向けて部員達は練習を始めます。そうやって5人のシンクロ練習が始まったのも束の間、顧問の佐久間先生が妊娠により急遽産休で長期間の休みに入り指導者を失います。5人はまたもや絶望的な危機に立たされていました。そんな中、鈴木はたまたま誘われてデートに行った鴨川シーワールドで見たイルカショーにすっかり魅了されついにはイルカの調教師である磯村にシンクロの指導を頼み込みます。その磯村の奇天烈な指導のもと、少しずつ成長を遂げていきます。5人は揃って海に練習に出掛けたところそれを見ていた近所の人達に溺れているように勘違いされた事がきっかけとなりその一部がTVニュースで取り上げられ一挙に ” 男子のシンクロ ” が広まります。たちまち有名になった5人の水泳部のもとに一度は辞めてしまった部員達も再び集まり猛特訓が始まります。その後学校や地元の方々の協力な支えもありいよいよ文化祭公演に向けて皆んなの期待が高まります。そして、今まで静子にも具体的に話をしていなかった鈴木も文化祭前夜に全てを伝えようと静子を呼びますが学校から煙が上がったいる事に気付きます。火の不始末により火事になった学校を鎮火する為に使用された水はプールのもので翌日の本番公演にまで水を貯めるのは間に合わない絶望的な状態に陥ります。ですがここでもまた近くの女子校の協力があり急遽別の高校での公演となります。鈴木はその女子校にいる静子に見せるシンクロをする自分が恥ずかしくて演技に入れずプール裏で隠れていたところ、磯村の激励で気分も晴れ水中に戻ります。エンディングに向けて会場のボルテージも上がり見事公演は無事に大成功を収めます。苦難を乗り越えて成功するというわかりやすいストーリーですが高校生という設定がある事で最後まで明るくポップに楽しめます。単純なストーリーに加えて男子のシンクロという目を惹く演出がある為余計に頭を使って観る必要も無いので夏に流しながら観る映画としても充分に楽しめる映画です。

1 2 3