暑くて食欲が無い、、、そんな時の簡単麺レシピ!

暑い日が続くと、身体の疲れと共に日に日に食欲も落ちていきますよね。でも何か食べないと体力も追いついていかないのでさっぱりした料理で体力つくものを食べたくなると思います。そんな時こそ、日本のソウルフードの ” うどん ” に頼ってみてはいかがでしょうか。ツルッとしたのどごし、ズズッと吸い込む時の音と食べ易さが夏の疲れた身体には調度良いのかもしれません。好みのトッピングや美味しいアレンジレシピをちょっと追加するだけで栄養素も充分に確保でき、あっという間に作れてしまうのも嬉しいですよね。今回はそんなさっぱりとしたうどんの工夫した食べ方をご紹介します。明日にもチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

 

知らなかったうどんの栄養素

うどんの大部分はデンブンです。つまりが炭水化物と言われる力の源となります。炭水化物は ” 糖質 ” と ” 食物繊維 ” の合算値で表されます。うどんは麺類の中では食物繊維比率が低く、消化可能な糖質の比率が高いです。炭水化物は胃の中での停滞時間が少なくなるため、とても消化され易く良質な栄養源と言えます。日本の成人男性・女性の1日の平均必要摂取カロリー(エネルギー量)が〔20〜40代女性/1,950〜2,000kcal〕、〔20〜40代男性/2,650kcal〕とされています。うどん1玉(230g)が242kcalですのでかなりヘルシーな食材です。それぞれ具材やトッピングを工夫して必要なエネルギーバランスを考慮したアレンジを加えると体力も維持しながらダイエット効果も期待出来そうです。

 

台湾混ぜそば風冷やしうどん

出典 | cookpad 

<材料/2人分>

うどん 2玉

———–台湾ミンチ———–

豚ひき肉 200g

刻みニンニク 小1

豆板醤 小1

砂糖 小1

醤油 大1

みりん 大1

———–汁———–

サラダ油 大2

長ネギ 少々

刻みニンニク 小1

めんつゆ 大1

———–トッピング———–

ニラ 1/3束(あると良し)

海苔 2枚

長ネギ 1/3本

粉末削り節 大2

卵黄 2個

 

何かと話題の台湾混ぜそば風の味付けはニンニクのパンチが効いていて男性には大人気の味です。ニンニクの量を調整すればお仕事にも影響は少ないかと思います。ネギとニラ、甘辛のミンチと卵黄が混ざる事でピリ辛ながらに纏まりがありクセのあるお味に仕上がります。お好みでラー油を掛けて食べるとまたベストです。しっかりと混ぜほぐし全体を絡めながら食べましょう。食べ進める中でもしもお腹の調子も上がってきたら最後の方に白飯を入れて混ぜて食べるも台湾混ぜそばのスタンダードな食べ方ですので是非ご賞味あれ!

 

納豆キムチぶっかけうどん

出典 | cookpad 

<材料/2人分>

うどん 2玉

オクラ 1袋

1 2 3