これぞ究極の愛の形!?世界の恋愛映画を名言で巡る10選

往年の恋愛映画はお好きですか?名作も衝撃作も、今でもいろいろな愛の形を教えてくれます!世界各国の恋愛映画の中でも、特に衝撃的な恋愛体験を映し出した作品を集め、原作や関連作、リメイク版などとも比較しながらまとめていきます。各作品に登場する「名言」を繙きながら、世界を巡ってみたいと思います!

《1》ロミオとジュリエット

ウィリアム・シェイクスピアの戯曲「ロミオとジュリエット」は今までに7回映画化されています。その中でも名作と名高い1968年版と、時代設定を現代に変えた1996年版をご紹介します!

ロミオとジュリエット(1968)〈イタリア・イギリス〉


www.amazon.co.jp

イタリア映画界の巨匠フランコ・ゼフィレッリ監督によるシェイクスピア悲劇の芸術作品で、イギリスとイタリアの合作映画です。主演はイギリス出身のレナード・ホワイティングとオリビア・ハッセーで、それまでの「ロミオとジュリエット」映画化作品の中では一番役柄との実年齢が近い俳優を起用し、よりこの悲劇的恋愛を忠実に再現しています。
音楽担当は「ゴッドファーザー」の音楽で著名なイタリアの音楽家ニーノ・ロータで、映画のロケもイタリアで行われました。

ロミオ+ジュリエット(1996)〈アメリカ〉


www.amazon.co.jp

オーストラリア出身で「ムーラン・ルージュ」でも有名なバズ・ラーマン監督による現代版「ロミオとジュリエット」です。主演はレオナルド・ディカプリオとクレア・デインズで、モンターギュ・キャピュレット両家の争いをマフィアの抗争に置き換えて作られています。
物語の舞台はブラジルの架空の都市ヴェローナ・ビーチで、衣装はアロハシャツ、戦う武器は剣ではなく銃!激しい銃撃戦の起こる「ロミオとジュリエット」はかなり新鮮です。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17