日本にもあるよ!列車で行くちょっと贅沢な旅。

列車の旅はヨーロッパの周遊旅行などで利用される方も多いかと思います。国々が陸続きの欧米では鉄道が物資の輸送の大きな手段だったため、列車の本数や行き先が豊富です。車や飛行機では観られないような美しい田園風景を通ったり、息をのむ程の急な崖道を走ったり、美しい雪景色の間をゆっくりと観覧出来たりと列車の旅には他には無いロマンがありますよね。西洋の昔の映画にも出てきますが豪華列車での旅は富裕層に至極の時間を提供し多くの方に利用されていました。ただの移送の時間を素敵な景色を長めながらゆっくりとご飯を食べたり、二度と見られない程多くの星空を眺めたり、そういったゆったりと旅を楽しむ夢も列車での旅行では叶います。

このような列車の旅はヨーロッパなどの国でしか楽しめないのかと思っている方も多いのでは無いでしょうか。実は日本にも列車の旅が楽しめる機会があるんです。今回は一度は乗ってみたい日本の魅力的な豪華列車の旅へとご案内します!

 

ブラックゴールドに光る格式高きシルエット 〜ななつ星〜(九州)

出典 | Canon 

九州内を走るクルーズトレイン ” ななつ星 ” は専用のディーゼルエンジン搭載の機関車で走るエコな列車でもあります。なんと言ってもブラックのシルエットにゴールドに光るエンブレムは高級感のある豪華列車と言っても過言ではありません。乗る前から期待が高まります。この列車にはテーマがあり、『大人の空間』ですので、列車に乗るためにも最低限のドレスコードがあります。福岡の博多駅から乗車しますがその前に専用のラウンジも設けられそちらでおもてなしもあります。いざ乗車すると列車の中とは思えないぐらいにふんだんに使われた檜の仕上げや豪華な内装に驚かされます。まさに『大人の空間』を体現しているこの ” ななつ星 ” は九州をぐるりと一週するコースで進んでいきます。各地の美味しい物と景色を楽しみながら優雅にくつろぐゆったり旅です。時間にもお金にも余裕のある年配の方々を中心に人気の豪華列車の旅です。

 

古代ロマンの地を駆け抜ける旅 〜青の交響曲〜(関西)

出典 | 青の交響曲 

濃紺のボディに煌めくゴールドがクールで隠微な豪華さを印象づけています。宿泊車両はありませんが豪華な内装とデラックスな設備が車内で過ごす時間を優雅に演出します。ゆったり腰掛けられる大きめの高級感あるソファや大きめのテーブルの設えは大人のゆとりを感じさせてくれます。そこでは友人や家族とゲームをしたり食事を楽しんだり、これから始まる旅の計画を立てたりとリラックスして過ごすことが出来ます。専属のアテンダントが人員配置されているのでなにかお困りの事があればすぐに対応してくれます。雰囲気たっぷりのバーカウンターでアルコールを飲むことだって出来ちゃうんです。このラグジュアリーな電車の旅は大阪阿部野橋から出発し、日本一の桜の名所とも言われる吉野へと向かいます。かつて歴史の舞台となったこの土地は世界遺産にも登録される程美しい参道もあり、四季折々の素晴らしい景観を楽しむ事が出来ます。近代的な豪華列車で歴史と古代ロマンに触れられる旅は何にも代えがたい至福の一時を与えてくれます。

1 2