すぐに始めたい!痩せる為に食べると良いもの。

腸内フローラと健康・美容の関係が注目されていますね。私たちの腸内には、多種多様な細菌が生息しており、それらはなんと、数百種600兆個以上にもなります。特に小腸から大腸にかけて、これらの様々な細菌が種類ごとにグループを形成してまとまり、腸の壁面にすんでいます。顕微鏡で腸の中を覗くと、それらはまるで植物が群生している「お花畑([英] flora)」のようにみえることから、『腸内フローラ』と呼ばれるようになりました。腸内細菌の種類や数は食事や生活習慣・人種・年齢などにより異なるため、『腸内フローラ』も人それぞれ違いますが、その構成を食べる物によって変えることができます。

 

◆「腸内細菌」の3つの分類

1.体に良い働きをする【善玉菌】

代表的なものは[乳酸菌]と呼ばれるフェーカリス菌やアシドフィルス菌、ビフィズス菌など。
悪玉菌の侵入や増殖を防いだり、腸の運動を促したりすることによって、お腹の調子を整えます。

2.体に悪い働きをする【悪玉菌】

ウェルシュ菌や病原性大腸菌、黄色ブドウ球菌などが、腸内で有害物質をつくり出します。
悪玉菌が増えると、便秘や下痢などお腹の調子が悪くなることもあります。

3.どちらにも属さない【日和見菌】

腸内の善玉菌・悪玉菌の、<優勢な方>に同調(味方)して作用します。

 

◆理想的な『腸内フローラ』の状態とは

『腸内フローラ』の理想的な状態とされるのは、[善玉菌2割:悪玉菌1割:日和見菌7割]です。
このバランスに腸内環境を保つことがとても大切です。健康なヒトの腸内では、善玉菌が悪玉菌の定着・増殖を抑えています。また、善玉菌には、有害物質を体外に排出するのを助けたり、免疫細胞を活性化したりするなどの作用もあります。しかし、この『腸内フローラ』のバランスは、体調・食生活・年齢・ストレス・薬(抗生物質など)の服用…といった、様々な要因によって日々変化します。

しかし、何らかの原因で、腸内の悪玉菌が優勢になると、悪玉菌がつくりだす有害物質も増えます。この有害物質は、便秘や下痢などお腹の調子を悪くするだけでなく、腸から吸収されて全身をめぐり、様々な生活習慣病や肌荒れ、肩こり、老化などにも関係するといわれています。

健康維持には、いつも腸内環境を正常にしておくことが重要です。つまり、善玉菌が優勢な『腸内フローラ』に整えることが大切です。そこで日頃から補っておきたいのが、善玉菌の代表[乳酸菌]。乳酸菌は腸内で乳酸・酢酸をつくることで、悪玉菌の定着・増殖を防ぎ、おなかの不調を予防します。また、乳酸・酢酸には腸の運動を正常にし、下痢や便秘などを改善する、整腸作用があります。乳酸菌を摂ることで善玉菌が優勢な『腸内フローラ』を保ちましょう!

 

◆かくれ肥満になりやすい人の特徴4つ

リンゴと洋ナシに例えられますが、下半身がプヨプヨと大きくなる洋ナシ型と、お腹周りに固太りしてしまうリンゴ型があります。洋ナシ型の肥満の主な原因は皮下脂肪です。皮下脂肪はないに越したことはありませんが、とくに身体に悪い影響を与えるものではありません。一方、リンゴ型の肥満の原因となる内臓脂肪は、生活習慣病の一因となるなど身体への悪影響が懸念されます。内臓脂肪は、その名の通り内臓周辺につく脂肪のため、目に見えて身体がプヨプヨとたるむことはなく、一見痩せて見えるのに実は内臓脂肪が多い「かくれ肥満」状態になってしまうのです。

1 2 3