インテリアで色の与える印象を大解剖!

 

シンプル「白」による効果

インテリアにおいて最も定番のカラーと言えば、やはり ” 白 ” ですよね!ほとんどのお家やその他の空間もこの色が基本にあります。清潔感に溢れお部屋を広く見せる効果があることから、壁紙などの内装に広く使われています。シンプルかつおしゃれに見える ” 白 ” は光が映える明るいお部屋を作りたい時に、お薦めのカラーです。テーブルや床で出てくる木部の色もナチュラルに近い色と合わせるとバランス良く優しい印象になります。

シックで大人な雰囲気の「黒」はインテリアの基本

黒はシックでモダンな印象を作り出すカラーです。スタイリッシュな雰囲気を出したい時に、家具やファブリックでポイント使いすると効果的です。その他インテリアの小物としても ” オールブラック ” が最近の流行でもあり存在があるだけで印象がグッと引き締まります。壁紙などの広い面積に使うと圧迫感を感じる色なので、注意しましょう。ただし、壁の一面だけや天井などで空間の一面使いをすると壁や天井といった囲われた印象が抜け感に変わるため部屋を広く効果的に見せる事も使い方次第でガラッと変える事が出来ます。

ナチュラルで落ち着きを感じる「ブラウン」の魅力

土や樹木を思わせるブラウンは、元々の人間の生活に近い存在でした。その為、心理的に落ち着きを与えてくれる色でもあり、どんな色とでも相性が合うため上手に馴染み、落ち着いた雰囲気を出してくれるカラーです。木材は木目の質感を生かした家具やレザーのソファなどを取り入れれば、ナチュラルで大人っぽいスタイリングに仕上がります。昨今は一般的に認識の高い茶色よりもナチュラルな色目寄りな ” アッシュブラウン ” が優しく落ち着きを持たせビビットな色の小物とも相性が良いです。

「グレー」モダンでクールは「グレー」の上品さ

グレーは沈静色とも呼ばれ、上品でスタイリッシュな雰囲気づくりにピッタリ。自己主張が控えめなカラーのため、寂しい印象になりがちと思われていますが実際には落ち着きのある色と合わせるバランスによって上手く馴染みます。他のカラーをアクセントに加えたり、トーンを合わせて系統を纏めれば大人な雰囲気で上品さを増してくれます。グレーにもダークグレーからライトグレーと色のトーンに幅があるので、一緒に取り入れる色とバランスを合わせれば上手く纏まります。

1 2 3 4