インテリアで色の与える印象を大解剖!

 

清涼感みなぎる「水色」

ブルーよりも明るい水色は、水や空気を思わせる清涼感に溢れたカラー。インテリアに取り入れれば、フレッシュで開放感を感じる空間を作ることができます。白との相性が良いのでマリンテイストのお部屋作りには、欠かせません。ヨーロッパの方で海に面する国では特に濃いブルーがよく取り入れられ日常生活、街にも ” セルリアンブルー ” がふんだんにあります。バランスを整えてればガラッと印象を変える事ができます。

 

リラックスした印象には「緑色」が相性良し

大自然を思わせる緑色は、リラックスしたいお部屋に最適のカラー。茶色との相性も抜群に良いので家具やファブリックは勿論、観葉植物でフレッシュなグリーンを取り入れたら、目にも優しい居心地のいいインテリアを実現することができます。

エネルギッシュな「赤」は派手さと艶やかさ

エネルギッシュな赤は力強さに溢れ、情熱的でエネルギッシュな印象を与える色です。広い面積で使うと派手になりがちなため、ポイント使いがお薦めです。同じ赤でも落ち着いたトーンを選べば、エレガントな大人の雰囲気を演出することができます。クラシックなダークトーンとも相性が良いのでより大人な雰囲気にしたい時に役立ちます。和でも紅色と称して使われるぐらい和洋空間問わず取り入れられる色でもあるので色のトーンと全体での割合に注意すればアクセントになり魅力的な印象になります。